ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



アンボイナ
(イモガイ)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









イモガイの仲間 開発中の医薬品
アンボイナ
Conus geographus
魚食種 慢性疼痛軽減
クロミナシ
Conus marmoreus
軟体動物食種 慢性疼痛軽減
シロアンボイナ
Conus tulopa
魚食種 神経変性疾患
ビクトリアジョウオウイモ
Conus victoriae
軟体動物食種 神経痛、ニューロンの回復
ヤキイモ
Conus magus
魚食種 ブリアルト(ジコノチド)







(巻き貝)
  • 巻き貝のうち500種類が様々な毒素から、約5万種のペプチドを作り出している。
  • 今後の医薬品開発の重要な資源となる。
    ちなみに全植物から見つかったアルカロイドは1万種に過ぎない。


アンボイナ=Conus geographus
  • 巻き貝のイモガイの一種。
  • 貝の仲間で最強のを持つ。
    神経毒。
    100種類のペプチドが知られている。
  • 「人間が刺されると、5分以内、遅くとも30分以内に、刺された部分の上の方(心臓に近い部分)を縛る。
    さもないと、意識はあるが、体は動かず、呼吸困難で死亡することになる。


ジコノタイド・・・モルヒネに似た作用をもつ
  • イモガイが作り出す毒素を化学的に合成したのもの。
  • イモガイに刺されるのはコブラに咬まれると同時に、フグの毒にあたるようなもの。











TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬