ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アントシアニン



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告



アントシアニン
アントシアニン
  1. アントシアニン色素は
    • 赤色〜青色系統の色で、その色調がpHに依存するという特徴を持っています
  2. アントシアニンには、
    • ・デルフィニジン
      ・シアニジン
      ・マルビジン
      ・ペツニジン
      ・ペオニジン
    の5種類があります



眼精疲労
OA機器のディスプレーを見続けると、
目の筋肉が緊張し続け、血行不良をおこして筋肉が硬くなり眼精疲労を起こします。



また、瞬きの回数が減少するため、目が乾いて(ドライアイ)、さらに悪化させます
弱い光の中での視力を改善し、眼精疲労を軽減。
  • 目の網膜には、ロドプシンという紫色の色素があり、これが光の刺激を受けたとき脳に信号を伝えて「見える」と感じさせます。
  • 強い光を受けたり、長時間目を酷使したり、加齢などによって、ロドプシンは分解され減少します。
    アントシアニンは、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、その作用には即効性があって、アントシアニン摂取後4時間には充分の回復が見られ、24時間後に消失します。



仮性近視
網膜には「ロドプシン」という色素があって、光を受けてすぐに分解と再合成を繰り返します。それによって、見たものを脳に伝え続けます。

長時間にわたって目を酷使すると、ロドプシンが不足ぎみになり、その結果、視覚機能が低下してきます。

アントシアニンがロドプシンの再合成を促すので、仮性近視が本物の近視にならないように予防してくれます


糖尿病性網膜症に対する作用
アントシアニンの一種、ビルベリーに最も多く含まれるデルフィニジンを投与すると、毛細血管の透過性が正常化し、また静脈への白血球の接着が低下するとともに、血管の反応ももとに戻ると報告されています。

糖尿病の合併症の網膜剥離など毛細血管のトラブルにおいてブルーベリー類は予防効果が期待されています



抗酸化作用
  • アントシアニンなどのフラボノイドの抗酸化作用は、近年注目の的。
    その働きは、ビタミンCより安定しており、強い抗酸化作用を示しています。





脳の老化予防
脳の機能低下を抑制する素材として、 があげられ、ラットなどの試験でブルーベリーの成績が際立てよかったという報告があります





関連情報 眼精疲労

糖尿病性網膜症

ブルーベリー






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査