なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス

精神安定剤
(精神神経用剤)


チェック
副作用」「精神不安」「不安感催眠鎮静剤」「抗不安薬」「抗精神病薬」「抗うつ薬


定型と非定型
非定型精神病薬
定型精神病薬
  • 定型精神病薬
    高力価 ブチルフェノン誘導体 [セレネース]
    [スピロピタン]
    [トロペッロン]
    フェノチアジン誘導体 [フルメジン]
    [トリフロペラジン]
    [トリラホン]
    [ピーゼットシー]
    [ノバミン]
    ベンザミド誘導体 [エミレース]
    低力価 フェノチアジン誘導体 [ウィンタミン]
    [コントミン]
    ブチロフェノン誘導体 [プロピタン]
    中間型 フェノチアジン誘導体 [ニューレプチル]
    チエピン誘導体 [ロドピン]
    イミノジジペンジル誘導体 [クロフェクトン]
    [クレミン]
    [デフェクトン]
    ブチロフェノン系薬物 [インプロメン]
    [オーラップ]
    [ルバトレン]
    インドール系薬物 [アポプロン]
    [ホーリット]
    ベンザミド誘導体 [ドグマチール]
    [バルネチール]
    持続型 4週持続型 [ネオペリドール](筋注)
    [ハロマンス](筋注)
    [フルデカシン](筋注)

(一般名/成分名) [商品名] 参考
アモキサピン [アモキサン]
アルプラゾラム [カームダン]
[コンスタン]
[ソラナックス]

[メデポリン]
[メンビット]
ベンゾジアゼピン類
エナント酸フルフェナジン アナテンゾールデポー 持効型抗精神病薬
エチゾラム [アロファルム]
[エチカーム]
[エチセダン]
[エチゾラム]
[エテゾラン]
[エチドラール]
[カプセーフ]
[グベリース]
[サイラゼパム]
[セデコパン]
[デゾラム]
[デパス]
[デムナット]
[ノンネルブ]
[パルギン]
[メディピース]
[モーズン]
ベンゾジアゼピン類
塩酸アミトリプチン [アデプレス]
[アトリプタール]
[アミプタノール]
[アミプリン]
[塩酸アミトリプチン]
[トリプタノール]
[ノーマリン]
[ミケトリン]
[ミタプチリン]
[ラントロン]
塩酸イミプラミン [イミドール]
[クリテミン]
[トフラニール]
塩酸カルピプラミン [デフェクトン]
塩酸クロカプラミン [クロフェクトン]
[クロペラジン]
[パドラセン]
イミノjベンジル誘導体
塩酸クロミプラミン [アナフラニール]
塩酸クロルプロマジン [ウインタミン]
[塩酸クロルプロマジン]
[コントミン]
[ベゲタミン]
フェノチアジン類
塩酸スルトプリド [スタドルフ]
[バルネチール]
塩酸チオリダジン [メレリル] フェノチアジン類
塩酸ドレスピン [プロチアデン]
塩酸トラゾドン [デジレル]
[レスリン]
塩酸ノルトリプチリン [ノリトレン]
塩酸ヒドロキシジン [アタラックス]
[ジスロン]
ベンゾジアゼピン類
塩酸ピパンペロン
(塩酸フロロピパミド)
[プロピタン] ブチロフェノン誘導体
塩酸ペロスピロン水和物 ルーラン 非定型抗精神病薬
塩酸マプロチリン [クロンモリン]
[ノイオミール]
[マプレス]
[マプロミール]
[ルジオミール]
塩酸ミアンセリン [テトラミド]
塩酸メチルフェニデート [リタリン]
塩酸モサプラミン [クレミン] イミノjベンジル誘導体
塩酸モペロン [ルバトレン] ブチロフェノン誘導体
塩酸ロフェプラミン [アンプリット]
オキサゾラム [セルメート]
[セレナール]

[ソラキオナート]
[ソラキオナートG]
[トッカータ]
[ネプスン]
[プルサール]
ベンゾジアゼピン類
オキシペルチン [ホーリット] インドール系
オランザピン ジプレキサ 非定型抗精神病薬
カルピプラミン 「デフェクトン」 イミノjベンジル誘導体
クロキサゾラム [セパゾン] ベンゾジアゼピン類
クロチアゼパム [イソクリン]
[エモレックス]
[ナオリーゼ]
[ニラタック]
[ベストマーゲ]
[リーゼ]
[リフター]
[ロミニアン]
ベンゾジアゼピン類
クロルジアゼポキシド [コンスーン]
[コントール]
[バランス]
[リサチーフ]
ベンゾジアゼピン類
クロチアピン [デリトン]
クロルプロマジン [ウインタミン]
[コントミン]
[白色コントミン]
フェノチアジン誘導体
ジアゼパム [コンディション]
[ジアゼパム]
[ジアパックス]
[セエルカム]
[セルシン]

[セレナミン]
[セレンジン]
[ソナコン]
[ダイアップ]
[バールキット]
[ポリゾン]
[リリーゼン]
[リリバー]
ベンゾジアゼピン類
スピペロン [スピロピタン]
スルピリド [アビリット]
[クールスパン]
[シーグル]
[スカノーゼン]
[スルピリド]
[セルネビン]
[ドグマチール]
[ベタマックT]
[ミラドール]
ベンザミド誘導体
ゾテピン [セトウス]
[ゾピテ]
[メジャピン]
[ロシゾピロン]
[ロドピン]
チエピン誘導体
炭酸リチウム [リーマス]
[リチオマール]
チオチキセン [ナーベン]
チミペロン [セルマニル]
[トロペロン]
デカン酸ハロペリドール [ネオペリドール]
[ハロマンス]
ブチロフェノン類
持効型抗精神病薬
デカン酸フルフェナジン [フルデカシン] フェノチアジン類
持効型抗精神病薬
ネモナプリド [エミレース] ベンザミド誘導体
パモ酸ヒドロキシジン [アタラックス-P]
[タランキジャスト]
[ハタナジン]
[ボブスール]
[ワラジックス]
ベンゾジアゼピン類
ハロペリドール [エセックチン]
[ケセラン]
[コスミナール]
[スイロリン]
[セポンスク]
[セレネース]
[ハロジャスト]
[ハロステン]
[ハロペリドール]
[ハロミドール]
[ブロトポン]
[ペルネス]
[ヨウペリドール]
[リントン]
[レモナミン]
ブチロフェノン類
ピモジド [オーラップ] ブチロフェノン類
フマル酸クエチアピン セロクエル 非定型抗精神病薬
フルジアゼパム [エリスバン] ベンゾジアゼピン類
プロペリシアジン [アパミン]
[イリヤキン]
[ニューレプチル
]
[プロペチル]
フェノチアジン類
ブロマゼパム [カマリネス]
[セレミット]
[トランキラックス]
[ネボロロン]
[ノブリウム]
[パムネース]
[メダゼパム]
[レスミット]
ベンゾジアゼピン類
ブロムペリドール [インプロメン]
[プリペリドール]
[プリンドリル]
[ブロムペリドール]
[メルカイック]
[ルナプリン]
[ロペール]
ブチロフェノン
ペモリン [ベタナミン]
ペラジン [プシトミン]
ペルフェナジン [トリオミン]
[トリラホン]
[ネイカ]
[パーフェナジン]
[ピーゼットシー]
フェノチアジン類
マレイン酸セチプチリン [テシプール]
[ビソプール]
マレイン酸トリフロペラジン [トリフラペラジン]
マレイン酸トリニプラミン [スルモニチ−ル]
マレイン酸フルフェナジン [フルメジン]
マレイン酸プロクロルペラジン [ノバミン]
[パソトミン]
マレイン酸レボメプロマジン [ソフミン]
[ヒルナミン]
[プロクラジン]
[レバル]
[レボトミン]
[レボホルテ]
フェノチアジン類
メダゼパム [カマリネス]
[セレミット]
[トランキラックス]
[ネボロロン]
[ノブリウム]

[パムネース]
[メダゼパム]
[レスミット]
ベンゾジアゼピン類
リスペリドン [リスパダール] 非定型抗精神病薬
ロフラゼプ酸エチル [メイラックス] ベンゾジアゼピン類
ロラゼパム [アズロゲン]
[ユーパン]
[ロコスゲン]
[ロラゼパム]
[ワイパックス]
ベンゾジアゼピン類

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
盗聴



抗精神病薬
  • A群(高力価)
    1. 急性期の第1選択
    2. 急性錐体外路症状が起きやすい
    3. 鎮静・循環系の副作用が少ない
    4. 服薬1〜3日目・・・ジストニア発作に注意。
    5. 患者がアカシジアから「イライラ」「易努」「徘徊」「多動」などを起こすことがある
      • ブチロフェノン誘導体 ハロペリドール [エセックチン]
        [ケセラン]
        [コスミナール]
        [スイロリン]
        [セポンスク]
        [セレネース]
        [ハロジャスト]
        [ハロステン]
        [ハロペリドール]
        [ハロミドール]
        [ブロトポン]
        [ペルネス]
        [ヨウペリドール]
        [リントン]
        [レモナミン]
        スピペロン [スピロピタン]
        チミペロン [セルマニル]
        [トロペロン]
        フェノチアジン誘導体 マレイン酸フルフェナジン [フルメジン]
        マレイン酸トリフロパラジン [トリフラペラジン]
        ペルフェナジン [トリオミン]
        [トリラホン]
        [ネイカ]
        [パーフェナジン]
        [ピーゼットシー]
        プロクロルペラジン [ノバミン]
        ベンザミド誘導体 ネモナプリド [エミレース]
        非定型抗精神病薬 リスペリドン [リスパダール]
  • B群(低力価)
    1. 急性錐体外路症状を避ける時
    2. 鎮静・催眠作用を強くする時
      • フェノチアジン誘導体 クロルプロマジン [ウインタミン]
        [コントミン]
        [白色コントミン]
        レボメプロマジン [ヒルナミン]
        [レボトミン]
        チオリダジン [メレリル]
        ブチロフェノン誘導体 塩酸フロロピパミド [プロピタン]
        非定型抗精神病薬 フマル酸クエチアピン [セロクエル]
  • C群(ABの中間)
    1. 回復時の維持療法
    2. 高齢者
      • フェノチアジン誘導体 プロペリシアジン [アパミン]
        [イリヤキン]
        [ニューレプチル]
        [プロペチル]
        チエピン誘導体 ゾテピン [セトウス]
        [ゾピテ]
        [メジャピン]
        [ロシゾピロン]
        [ロドピン]
        イミノジベンジル誘導体 カルピプラミン 「デフェクトン」
        塩酸クロカプラミン [クロフェクトン]
        [クロペラジン]
        [パドラセン]
        塩酸モサプラミン [クレミン]
        ブチロフェノン誘導体 塩酸モペロン [ルバトレン]
        ブロムペリドール [インプロメン]
        [プリペリドール]
        [プリンドリル]
        [ブロムペリドール]
        [メルカイック]
        [ルナプロン]
        [ロペール]
        ピモジド [オーラップ]
        インドール系 オキシペルチン [ホーリット]
        レセルピン アポブロン
        ベンザミド誘導体 スルピリド [アビリット]
        [クールスパン]
        [シーグル]
        [スカノーゼン]
        [スルピリド]
        [セルネビン]
        [ドグマチール]
        [ベタマックT]
        [ミラドール]
        塩酸スルトプリド [スタドルフ]
        [バルネチール]
        非定型抗精神病薬 塩酸ペロスピロン水和物 [ルーラン]
        オランザピン [ジプレキサ]
  • D群(持効型)
    • 2週間持効 エナント酸フルフェナジン アナテンゾールデポー
      4週間持効 デカン酸ハロペリドール [ネオペリドール]
      [ハロマンス]
      デカン酸フルフェナジン [フルデカシン]


幼児に向精神薬・・・専門医の3割以上が処方していた
  • 2011年、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)といった発達障害がある小学校入学前の幼児に、精神安定剤や睡眠薬などの「向精神薬」を処方している専門医が3割に上ることが厚生労働省の研究斑の調査で分かった。
  • 小学校低学年(1〜2年)まで含めると専門医の半数を超えた。
  • 調査した国立精神・神経医療研究センター病院・小児神経科の中川栄二医長は“神経伝達物質やホルモンの分泌に直接作用する薬もあるので、幼いことから飲み続けた場合の精神や身体の成長への影響が検証されていない。知識の乏しい医師が処方する例もある”と懸念する。
  • 2010年、全国の小児神経専門医と日本児童青年精神医学会認定医計1155人を対象にアンケートを実施。回答した618人のうち、
    1. 小学校入学前の子どもに処方・・・175人(28%)
    2. 小学校低学年まで含めると・・・・・・339人(55%)
    3. 高校生までいれると・・・・・・・・・・・・451人(73%)
  • となった。
  • 治療の対象としている子どもの症状(複数回答)は?
    1. 興奮・・・・・・・・88%
    2. 睡眠障害・・・78%
    3. 衝動性・・・・・77%
    4. 多動・・・・・・・73%
    5. 自傷他害・・・67%
  • 使用している向精神薬(複数回答)は?
    1. 衝動的な行動や興奮を静める薬「リスペリドン」・・・・(88%)
    2. 注意力や集中力を高めるADHDの治療薬「メチルフェニデート」(67%)
    だった。

肥満 米ジョンズ・ホプキンズ大学のグループは、抗精神病薬の副作用として糖尿病や心臓病につながるような重症の肥満が起きる仕組みを解明した。
マウス実験で脳内で食欲を抑える酵素『AMPK』の活性が高まることがわかった。
マウスに統合失調症などの治療に使う抗精神病薬を投与、AMPKの活性を測定したところ、投与前の4倍に上昇していた。
食欲を抑えるホルモン『レプチン』を投与するとAMPK値のレベルは低下した。
危険性 2007年、FDA(米食品医薬品局)は睡眠障害治療薬を服用後に重度のアレルギー反応や無意識行動が起こる危険性があるとして、メーカー各社に、ボトルに記載する安全性の警告を記載するとともに、医師などに通谷するよう通知した。
対象となるのは、
「アンビエン」(仏サノフィ・アベンティス)
「ルネスタ」(米セプラコール)
「ロゼレム」(武田薬品工業)
など13種類の鎮静催眠薬。
1回の摂取だけで重症のアレルギー反応・顔面浮腫などが起きる危険性がある。同種の薬を服用したあと、意識がないまま食事や料理、電話したり、車を運転して事故を起こしたりする事例が報告されていた。

TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス