アレルギー性紫斑病
=アナフィラクトイド紫斑 anaphylactoidpurpura
[ヘノッホ-シェーンライン紫斑病]
シェーンライン-ヘノッホ紫斑病
  • Schõnlein(ドイツの医師)
  • Henoch(ドイツの小児科医)

  • 扁桃炎などの上気道感染症に罹り、
  • 1~2週間後ジンマシン様の丘疹・紅斑などの皮疹が体の左右に見られ、紫斑となる。
  • 発熱・頭痛・倦怠感・関節痛を伴う









アレルギー性紫斑病の病態
  • この病気は突然、紫色の皮疹が典型的に足脚・腕の伸筋表面、および臀部にわたって現れることで始まる。
    紫色の病変は、小さい領域でジンマシンとして始まり、硬化して触知出来るようになる。
  • 新しい病変は集まりとして数日~数週間にわたって現れる。
    たいていの患者は発熱と、足首、ひざ、尻、手首、ひじに関節周囲の触覚過敏と腫脹を伴う多発性関節痛を起こす。
  • 多くの患者の手と足に浮腫ができる。
  • 胃腸の所見が一般的に認められる。
  • 疝痛性の腹痛と腹圧性メレナがみられる。
  • 便の潜血反応は陽性である。→下血




関連情報 紫斑病
マヨッキー紫斑
血小板減少性紫斑病
アレルギー
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
ストレス
出血性素因
ステロイド








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬