ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



アルギニン
(arginine)







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






NO(一酸化窒素)

筋肉






アルギニン
arginine

天然に存在するアミノ酸の1つ


乳児には・・・必須アミノ酸

シトルリンから生合成


摂取したアルギニンから一酸化窒素合成酵素(NOS)によりNO(一酸化窒素)が生成されます


NOシンターゼ(合成酵素)はCa++によって活性化される。

NOは二次メッセンジャーとして働き、平滑筋ではグアニル酸シクラーゼを活性化してcGMPの産生を増加させ、平滑筋を弛緩させる


NO(一酸化窒素)
はペニス海綿体平滑筋を弛緩し、海綿体血管を拡張します。その結果、ペニス海綿体胴への血液貯留が起こり、ペニスが勃起します



アルギニンは、グルタミン同様に、免疫力を上げる効果があります。


またアルギニンは体内で作られる一酸化窒素(NO)の材料にもなります。 一酸化窒素は体の中で様々な用途に使われています。
その代表が「バイアグラ」で知られた血管を拡張する働きです。

ところが一酸化窒素(NO)は動脈硬化や糖尿病など、ストレスなどで減少します。

(作用)
アルギニンは脳下垂体に作用し
  1. 成長ホルモンの分泌を促進し、
  2. 筋肉増強
  3. 血行促進
  4. 免疫機能の向上
  5. 肝機能の増強
  6. 脂肪代謝を促進する作用がある。







アルギニンが不足すると
  • ・シワの原因
    ・筋力低下の原因
    ・性障害を起こしやすくなる
    ・不妊症





精子の数を増やす
自然療法家は、
低精子数の男性に対し、以下のアルギニン含有剤を4g/日摂るように推奨します。

ヒマワリ種子なら約57gでOK。
  • ヒマワリ種子・・・乾燥基準で8.2%
    イナゴマメ(earob)
    バターグルミ(butternuts)
    シロバナルービン(white lupines)
    ピーナッツ(peanuts)
    ゴマ(sesame)
    ダイズ(soybeans)
    クレソン(watercress)
    フェヌグリーク(fenugreek)
    カラシ(mustard)
    アーモンド(almonds)
    ハッショウマメ(velvet beans)
    ブラジルナッツ(Brazil nuts)
    チャイブ(chives)
    ソラマメ(broad beans)
    ヒラマメ(lentils)





プロタミン protamine
  • 脊椎動物の精子の染色体のDNAとともに存在する比較低低分子のタンパク。
    シングルペプチド鎖からなり67%がアルギニンである。
    プロタミンは染色体を保護し維持していると考えられている。







L-アルギニン
L-Arginine
アルギニン
  • タンパク質原料の加水分解により又は糖類を原料とした発酵により得られたものを、分離して得られたものである。
    成分はL-アルギニンである。 調味料・強化剤 。





藻場の再生に
  • 2015年、魚介類の生息場所になる藻場を作る実験。
  • 10種類ほどのアミノ酸をテストしたが、アルギニンが選ばれた。
  • コンクリートに加えたアルギニンは表面にゆっくり染みだし、藻類の成長を促す。
  • 藻類は海ではアワビやサザエ、川ではアユのエサになる。
  • さらに、光合成で二酸化炭素を吸収し、水中の窒素やリンを吸収する。
  • アミノ酸コンクリートの効果は5〜15年続く。




コンブの成分
ビタミンではB1が豊富で、そのためコメとの組み合わせは理にかなったものとなっている。

  • アルギニン ・・・昆布の「ぬめり」
    • @便秘を予防
      A胃の炎症を和らげる
      B切り傷・火傷の回復を早める
      Cコレステロール低下
      D利尿効果
  • フコダイン(多糖類)
  • ラミニン
    • @血圧を低下
  • フコステロール
    • @コレステロール低下
      A血栓防止
  • ヨウ素酸ヒスタミン
    • @強心作用




関連情報 NO(一酸化窒素)

筋肉









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査