ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アルファルファ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





牛肉
SLE
血液凝固因子
広告




アルファルファ
【学名】 Medicago astiva L.
【中国名】 ya mu xu マメ科野苜蓿(ヤモクシュ)
【和名】 ムラサキウマゴヤシ
【薬用部分】 全草
【味】 渋味、甘味
薬力源】 冷性
【消化後の味】 辛性
【作用する組織】 循環器系、
泌尿器系
【作用】 血液浄化作用 
利尿作用
解熱作用
止血作用

抗貧血
滋養作用
【適応症】 潰瘍
浮腫
関節炎
ビタミン・ミネラル不足
使用を控える状態 ヴァータ過剰状態
【調整法】 浸出液、
粉末(250mg〜1g)
【成分】 イソフラボノイド(女性ホルモン様作用を持つ)
アルカロイド
カロテノイド
ビタミンB1、B2、K、C、D
クマリン
ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、リン)


◎エストロゲン作用を有するイソフラボン誘導体を含有する。

◎成分:ゲニステイン
     クメステロール

     
(講談社「天然毒」p29)




(注意)
  1. 種子には、有毒のアミノ酸(カナヴァン)が含まれている。
    • 血小板白血球の機能を障害し、さらにサポニン成分も含有するため、大量使用は赤血球の溶血を招く可能性がある。
  2. 過剰では、腹満下痢を引き起こす
  3. 過剰に与えると女性ホルモン作用を起こすことがある。
    • 未交配の雌ヒツジが乳を出したり、雄ヒツジの去勢、不妊などの中毒の原因をもたらすことが知られている。
  4. 長期に用いると、全身性紅斑性狼瘡(SLE)を顕在化させ皮疹を引き起こす

(禁忌)
  • 妊婦・授乳婦には要注意。

(相互作用)
  • 光感作作用が増強する(アルファルファは太陽光に対する感受性を高める)・・・
      [アミトリプチリン]
      [シプロキサシン]
      [ノルフロキサシン]と併用に注意。
  • 免疫抑制作用が減弱する・・・
      [シクロスポリン]
      [プレドニゾロン]
  • 抗血液凝固作用が減弱する(アルファルファに含まれるビタミンKのため)・・・
      [ワルファリンカリウム]



(ヘイキューブ)
牧草の一種で乳牛向け飼料として使うヘイキューブは、アルファルファをサイコロ状に固めたもの。

加工度が低いのものをアルファヘイベールと呼んでいる。
日本はヘイキューブを大量輸入している



関連情報 牛肉」「SLE血液凝固因子






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査