ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


α-1受容体遮断剤



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告




α遮断薬
  • 血管のα1受容体を遮断することで血管拡張作用を示します。

  • 循環血液量に対して直接的な影響を与えることなく高圧効果を発現するので、降圧利尿薬β遮断薬とは異なり、腎機能障害や心不全を合併症にもつ高血圧患者にも有効な降圧薬といえます。

  • また、脂質代謝に対しても良好な影響を及ぼし、インスリン抵抗性を改善する効果も期待できることから高脂血症糖尿病を合併している高血圧の治療に適しています。

  • しかし、血管拡張作用によって脳への血液供給量が減少し、起立性低血圧(立ちくらみなど)を生じ、また、反射性頻脈を引き起こす恐れがあります。
    • ウラジピル(エブランチル)
    • テラゾシン塩酸塩水和物(ハイトラシン/バソメット)
    • ドキサゾシンメシル酸塩(カルデナリン
    • ブナゾシン塩酸塩(デタントール
    • プラゾシン塩酸塩(ミニプレス

反射性頻脈
  • 動脈のいくつかの部位には血圧変化をモニターしている圧受容器が存在し、急激な血圧の変化が生じた場合、その変化を打ち消そうとする働きがあります。
  • α遮断薬を使用した場合など、血圧が低下した際には、交感神経系が亢進して心臓の収縮力・・心拍数が増大し、その血圧低下を是正しようとする反射性機構が作動することがあります。
  • このような血圧低下に伴って生じる心拍数の上昇を、反射性頻脈といいます。





一般名 商品名
カルベジロール アーチスト
塩酸アモスラール ローガン
塩酸ブナゾシン 「デタトシン」
デタントール
「デタントールR」
塩酸プラゾシン ミニプレス
メシル酸ドキゾシン カルデナリン












TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬