尿がにごる

タンパク尿






アルカプトン尿症
  • =「黒尿症」


先天的代謝異常症
  • 生まれたての赤ちゃんの尿が黒くなる病気。


  • 「この病気では、ホモゲンチジン酸ジオキシゲナーゼ(HGO)という酵素の欠損によって、尿中にアルカプトン(ホモゲンチジン酸)という物質が蓄積してくる。これが酸素と反応して黒くなる。」




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査