ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



足なえ病



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



足なえ病
消滅したはずの神経難病「足なえ病」
  • 南紀で・・・・高率発生
    「紀伊半島南部とグァム島、ニューギニア島だけで見つかり、1980年ごろには食生活の近代化などにより、消滅したはずの重い神経難病が90年代に三重、和歌山県の一部で再発し、現在も高率で発生していることが、三重大学医学部の葛原茂樹教授(神経内科)らの調査で18日までに確認された。60〜70年代に米国とともに大規模な調査が実施されたが、環境要因の影響が強いと指摘されただけで原因不明のままだった。
    この病気は、日本では三重県中部と和歌山県南部の限られた2地域だけに見られ『足なえ病』などとも呼ばれた。まだ治療法はない。

  • 病気は
    1. 筋肉が萎縮、麻痺して死に至る筋萎縮側索硬化症(ALS)が主だが、電子顕微鏡で見た脳の組織が通常のALSと異なる転が特徴。
    2. パーキンソン病アルツハイマー病のような痴呆が混じった、『パーキンソン痴呆(PD)』と呼ばれる独特の症状が表れる患者もいる。
    三重大学では、93年夏から1年間に訪れた3人のALS患者が、いずれも三重県中部の高率発生地域だった住民と判明。葛原教授らが改めて同地域を調査したところ、これまでにALS4人、PD7人の発生がほぼ確認され、この神経難病が引き続いて起こっていることが分かった。
    通常ALSの年間発病率は10万人当たり0.7人なのに対し、同地域の人口から換算すると100倍の発生率となり、昔と変わらないと言う

両足に力が入らなくなった ・・・・多発性硬化症



ALS
パーキンソン
アルツハイマー
痿躄








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬