ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アスペルガー症候群



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





発達障害

自閉症


サヴァン症候群
広告






アスペルガー症候群
アスペルガー症候群
  1. オーストリアの精神科医Hans Aspergerが発見。
    アスパーガー症候群とも言う。
  2. 発達障害の1つ。
  3. その他の点では自閉症的である人で、1つの精神的能力ないし術が異常に発達していること。」(ドーランド医学辞典)


その場の空気が読めない
  • 自閉症と同じタイプに分類される障害だが、知能が正常範囲にあり、文法的には正確な言葉を話す事が出来る。

  • しかし、
  • 微妙な皮肉、冗談、本音と建て前の違いなどを理解できない
  • 不器用で行動や興味が限られていることもあり、対人関係に悩みを抱えやすい


こだわり行動・・・対人関係に苦労
  • 対人関係が結びにくい発達障害の1つ「アスペルガー症候群」
    知能は正常だが、自閉症と同じように、
    特定の行為に執着する「こだわり行動」がある。

  • 人の言葉の背景や雰囲気を読みとるのが苦手で、
  • 皮肉や冗談を本当のことと受け取ってしまう。

  • 例えば、
  • 知人から「いつでも悩みを相談して」と言われると、時間や状況を考えず、相談のため真夜中でも電話をかける。その結果、つきあいを避けられたり、嫌われたりしてしまうのだ

  • B君の母親によると、B君は子供の頃から、
    • ・他の子供の泣き声に敏感で、
    • ・眠りが浅くて、
    • ・育てにくい子
    だと感じていた。

  • 小学校に入ると、計算や地名などを覚える勉強などは良くできたが、文章の理解は不得意だった。

  • 興味の範囲が狭く、同級生との話題についていけない。

  • 「変な子」と言われ、小学校でのイジメは年々激しくなった。
  • 教科書を通学路の植え込みに投げ捨てられたり、石を投げられたり。教師にも理解してもらえなかった。
    中学では運動部の活動でしごかれ、卒業後のOB会でもいじめられた






過去のイジメ、無視された経験に強くこだわる
  • 今春高校を卒業したが、長年のイジメで心のキズを受け、吃音や睡眠障害などが出てきたため、自宅で静養中だ。
    B君は小学生の頃から国立小児病院(東京都世田谷区)神経科医師の宮尾益知さんの診察を受けてきた。今は紹介を受けた隣県の精神科に毎週通い、不安やこだわりをおさえるために、抗ウツ薬の投与やカウンセリングを受けている。
    宮尾さんは「彼のこだわりがうまく行かせる仕事につけば、自立も出来る。彼らを受け入れる社会の理解が必要だ」と話す。
    実際、同じ病気を持ちながら、研究職など高度な知識が必要な仕事についている人もいる


長崎市で4歳児を誘拐殺人した事件
  • 補導された中学1年生(12)の少年審判で、長崎家裁(伊東浩子裁判長)は2003年9/29、「防犯カメラを発見して動転し突き落とした」と認定し、少年を児童自立支援施設に送致することを決定した。行動の自由を制限する「強制的措置」を1年間とれるとしており、少年は同日夜、さいたま市の国立の施設に入所した。審判には少年と付添人、少年の両親も出席した。付添人は「妥当な決定」とし公告しない方針。
    犯行に至る要因として、幼児からの障害に加え、両親の厳しい態度や不仲、環境の変化で精神的負荷がかかり、他人の痛みに無関心な資質が増強されたとした。


  • 決定理由で伊東裁判長は、少年の資質について、
    1. 幼稚園の頃から注意に過剰反応し、
    2. 予想できない行動をしていたと指摘。
    3. 他人とのつながりを求める指向が希薄で、
    4. 強いこだわりを示す
    ことから「広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群」と判断した。しかし、「障害そのものが直接非行に結びつくものではない」とした。




前頭葉の神経活動が低下
ミラーニューロン
  • 2012年、アスペルガー症候群などの発達障害の中で、表情から相手の感情を読み取るコミュニケーションが難しくなる人は、脳の「前頭葉」で一部の神経活動が低下している可能性が高いという報告を京都大学の佐藤弥特定准教授らのチームがまとめた。
  • 研究チームによると、
  • この部位は前頭葉の一部である下前頭回。
  • 自分の行動と他人の行動を結びつけて理解する働きがあるとみられる「ミラーニューロン」という神経細胞があるとされる。

  • 研究ではアスペルガー症候群などがある12人と健常者13人に動画で動きのある表情を見せ、その際の脳活動の変化を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で測定。
  • 発達障害がある場合が、下前頭回の活動が低下している場合が多く、ミュラーニューロンがうまく働いていない可能性が高いという
  • また、他者の表情の分析に関わる脳の別の部位と、下前頭回の結合が弱くなっていることも確認した。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸漢方薬