ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



アスペルギルス症



情報TOP




アスペルギルス症 
aspergillosis
肺真菌症
の一種


肺に病原性のある真菌は以下のものがあるが、アスペルギルス症が最も多い


本来病原性が弱く血液疾患、膠原病などの重症例で全身の抵抗力が弱った時や、肺結核の遺残空洞、bulllaなどの様に局所の抵抗力の弱った部位に感染を起こす



肺真菌症』には以下のものがあります
アスペルギルス
  • (身の回りに日常的に存在するカビです)


カンジダ

クリプトコッカス


放線菌(actinomyces)


ムコール



アスペルギルス症の病態
3タイプあり、移行合併する。

菌球(fungus ball、aspergilloma)形成型


組織侵襲型アスペルギルス肺炎


アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)




カビ
アスペルギルス症を引き起こすカビ

米ウィスコンシン大学のグループは、真菌感染症の一種、アスペルギルス症を引き起こすカビ「アスペルギルス・フミガーツス」が体内で毒素を作るときに働き遺伝子を発見。

『LaeA』という遺伝子で、この遺伝子が活動すると22個の様々な別の遺伝子が連鎖的に働き始めて毒素を作る。

アスペルギルス・フミガーツスは土壌や家屋などに繁殖するカビだが、免疫力が低下した患者の肺などに感染して致命的な影響を与える




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬