ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アスピリン


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



非ピリン系解熱鎮痛薬
一般名:アスピリン

バイアスピリン

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究で、低容量のアスピリンを服用すると、喘息を発症する率が22%低下することを発見した。
約2万人の男性を5年間追跡調査した。
ただ、喘息患者が飲んでも症状は改善しない。
心臓発作の確率は44%下がることはすでにわかっている。




ピリンショック
◎ピリンという名前が入っていますが、アスピリンはピリン系ではありません。

「1960年頃までの解熱剤にはアミノピリンやスルピリンなどのピリン系と呼ばれるものが多かった。アンプル入りのかぜ薬を飲んだ後のショック死が社会問題になったのを記憶している方も多いと思う。このため、市販の薬にはピリン系か非ピリン系かを表示しなければならなくなった。
今でも発熱に医師が使用する解熱剤の多くはピリン系の[スルピリン]だし、ピリン系の内服や座薬もある。ピリンとそっくりの非ステロイド抗炎症剤もよく使われる。[アスピリン]はピリンという字があるがピリン系ではない。ただ作用はほぼ同じである。
生体内が傷ついたり感染を起こすと、発熱や組織の修復、血管を広げるなど炎症に重要な役割を持つプロスタグランジンという物質が出来る。ピリンや非ステロイド抗炎症剤、アスピリンなどは、プロスタグランジンが体内で合成されるのを抑える。だから、痛みや熱も抑える、半面、傷ついた組織の修復も遅くなり、腎臓や胃の血のめぐりが悪くなる。胃腸の粘膜が荒れやすく潰瘍が出来やすくなる。
過剰反応として、白血球など血液成分が少なくなる病気が起きやすくなるのも、ピリンや非ステロイド抗炎症剤の副作用の特徴だ。過敏症によるショック以外に、感染が急激に悪化したり低体温、低血圧など中毒によるショック・感染の悪化による敗血症性のショックもある


○胃壁を刺激して潰瘍を作る
○吐き気・嘔吐
○肌荒れ
○まぶたのケイレン
○大量に服用すると、低プロトロンビン血症を起こす。
○血中のプロトロンビンの欠乏によって、血液が固まりにくくなる。
アスピリンの長期服用により、エストロゲン/プロゲステロン受容体陰性の乳ガンリスクが上昇した(厚労省



[コカコーラ]・・・解熱作用の発現が遅れる。









「米テキサス大学のサウスウエスタン医療センターは炎症を軽減する働きがあるアスピリンの作用機構の一端を解明した。
細胞質内の特定のタンパク質が細胞核内に侵入することが炎症反応の起点になるが、アスピリンは侵入を防ぐ門番をしている別のタンパク質が壊れるのを防いでいることを突き止めた。より効き目の高い新しい抗炎症薬の開発につながるという。

最初の効能:消炎鎮痛(1900年)
新しい効能:抗血小板作用(2000年末)
研究中の効能:大腸ガン予防、アルツハイマー。




2007年、米ミシガン大学の研究チームは、アスピリンによって心臓発作を効果的に予防できる確率が、女性は男性に比べて顕著に低いことを突き止めた。
女性の場合、血栓の原因となる血小板の凝集を抑制する働きが弱かった。
アスピリンは、血小板の働きを抑えて血液が固まるのを防ぐ薬剤。心疾患の治療薬としてアメリカでは約2000万人が服用している。100人の患者で調べたところ、アスピリンの治療効果が認められない患者の割合が女性は男性の4倍に達した。
米国女性の死因第1位が心疾患。




(非ピリン系)
  • アスピリンはピリンと名がついていますが、ピリン系ではありません。
  • 非ピリン系解熱鎮痛薬です。
(アスピリンが効く仕組み)
  1. 細胞を包む細胞膜は「リン脂質」という物質でつくられている
  2. 細胞が壊されると、リン脂質から「アラキドン酸」がつくられる
  3. アラキドン酸は「シクロオキシゲナーゼ」というタンパク質の働きにより、「プロスタグランジンH2」に変換される。
  4. 「プロスタグランジンH2」を原料に、さらに様々なプロスラグランジン(ex.プロスタグランジンD2など)がつくられる。
    • そのなかの「プロスタグランジンE2」・・・は発熱作用を持つ。
  5. アスピリンは、プロスタグランジンの合成に必要なシクロオキシゲナーゼの働きを止めることで、鎮痛効果を示す。
(副作用を減らす)
  • 2014年、東京大学とネクスト21は共同で、アスピリンなどの非ステロイド系鎮痛剤の副作用を低減できる可能性がある投与法を開発した。
  • 食品などに含まれる2糖類のトレハロースを、アスピリンにくっつけて凍結乾燥させた複合体を開発。ビーグル犬に約1ヶ月間飲ませ内視鏡で胃の状態を観察した。
    1. アスピリンだけの犬が5日後には胃潰瘍に近い状態になった
    2. 新複合体を飲ませた犬は約1ヶ月経過しても胃潰瘍にならなかった。
    血中ではアスピリンが通常通り入っていることを確認した。





アスピリン副作用 
  1. 腹痛1
  2. 貧血1
  3. 肛門直腸障害1
  4. 脳出血2
  5. 虚血性大腸炎1
  6. 便秘1
  7. 剥脱性皮膚炎1
  8. 両麻痺1
  9. 出血性腸憩室炎1
  10. 憩室1
  11. 出血性腸憩室1
  12. 硬膜外血腫1
  13. 胃潰瘍1
  14. 出血性胃潰瘍1
  15. 消化管穿孔1
  16. ヘノッホ・シェンライン紫斑病2
  17. 回腸潰瘍1
  18. 黄疸1
  19. 肝障害4
  20. メレナ1
  21. 汎血球減少症1
  22. 小腸潰瘍1
  23. スティーブンス・ジョンソン症候群1
  24. 全身紅斑
  25. 大腸出血2
  26. 外傷性出血1
  27. 血性胆汁1
  28. 膀胱障害1
  29. 粘膜びらん1
  30. 第三度房室ブロック
厚生労働省)(平成20年4/1〜9/31)
  1. 呼吸障害
  2. 小腸潰瘍
  3. 硬膜下血腫
  4. 中毒性表皮壊死融解症




手術前には中止する薬剤の1つ
  • 大手術の10〜14日前に休薬する。
  • 作用は血小板の寿命とともに消失する。




ガン予防効果
肺ガン大腸ガンの予防に効果
  • アスピリンに肺ガン大腸ガンの予防に効果があるとする米国での研究結果をバイエル社がまとめた。同社の実施した試験によると、肺ガンは定期的に、大腸ガンは1日に少量服用することで、服用しない人と比べて発症が約4割減少したという。
    肺ガンについては864人の患者と肺ガンではない935人を対象に試験。1年間以上週に1回以上服用したグループは、しなかったグループに比べて発病の危険性が43%減少した。
    大腸ガンでは、良性の腫瘍でも放置すると悪性になる危険がある大腸ポリープを切除した患者1021人が対象。患者を2グループに分け一方には毎日アスピリン325mgまたは81mgを投与、もう一方は偽薬を服用させ3年間観察した。
    その結果、81mgの少量服用したグループでは40%、325mgの患者グループでは19%、ガンの発症が抑えられた。アスピリンには腫瘍に多く存在し、痛みの伝達にかかわる物質「プロスタグランジン」の生成を抑える作用があり、それがガン予防効果に関係している可能性があると分析している。


大腸ポリープの再発を抑制する
  • 2014年、国立がん研究センターと京都府立医大はアスピリンに大腸ガンになる可能性の高い大腸ポリープの再発を抑制する効果があったと発表。
  • 日本人を対象にした研究。
  • 大腸ガンの予防でポリープを切除した患者311人を2グループに分け、片方に2年間毎日100mgのアスピリンを投与しし、もう片方には偽薬を投与した。
  • アスピリンを投与したグループで大腸ポリープの再発リスクが4割減少。
  • 非喫煙者に限れば6割以上減、喫煙者では効果が無かった。



大腸ガンの予防に「アスピリン」?
2014年2月に、
日本人300人を対象にした臨床研究で
大腸ポリープの再発率が4割減少したとする研究成果が発表されている。 


2015年、アスピリンが大腸ガンの発症を予防する効果の有無を確かめる臨床研究を国立がん研究センターや京都府立医大が始める。 

研究は大腸ガンになる恐れがある大腸ポリープを切除した40〜69歳が対象。 

アスピリンの一種で「バイアスピリン 」を4年間、毎日1錠(100mg)飲んでもらい、別の大腸ガン臨床研究に参加しバイアスピリンを飲んでいなかった3000人のデータと、がん発症やポリープの再発率を比べる。








関連情報 かぜ」「発熱」「ビタミンC」「肺ガン」「大腸ガン」「バイアスピリン」「アスピリン喘息






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査