情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





あざ
(ケロイド)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






色素沈着

やけど

血管腫




あざ birthmark

あざ=母斑
  1. 赤アザ
  2. 黒アザ
    • 色素性母斑色素性母斑








手術のきずあとを残さない
  • 2013年、日本大学医学部の福田昇驚jと公益財団法人実験動物中央研究所のグループは、帝王切開などの手術後に体に残ってしまう傷痕を無くす新薬の候補物質を発見した。
  • 手術後の傷痕は、皮膚死亡の免疫反応が過剰になってできる。
  • 傷を受けた細胞が遺伝子レベルで記録として残るため、俊を取っても傷痕として残る。帝王切開や心臓などの手術を受けた人は体の表面に大きな傷痕が残る場合があり、精神的な負担になっていた。
  • 見つけた物質は抗生物質から取り出した「ピロール・イミダゾール・ポリアミド」(PIポリアミド)という化合物で、動物実験で効果を確認。






ケロイドの発症に関わる遺伝子
  • 2010年、ケロイドの発症に関わる遺伝子や遺伝領域のの計4つを、東京大学医科学研究所の中村祐輔教授と理化学研究所のグループが発見した。
    成果はネイチャージェネティクス(電子版)に掲載




皮膚再生
(先天性巨大色素性母斑)
  • 2015年、関西医大、国立循環器病センターなどのチームは、生まれつき体に黒褐色のアザがある「先天性巨大色素性母斑」について、アザを切除し高圧処理した後に元の場所に移植し、その後に患者の皮膚を培養して作った表皮を皮膚全体にかぶせて、皮膚再生の臨床研究を2016年2月に始める。
  • 先天性巨大色素性母斑は、真皮の中にメラニン色素を作る母斑細胞が集中し、大人になると直径20ab以上のアザになる。






多血小板血漿(PRP)

キズに張ってなおす生分解性シート
  • 2010年、新潟大学歯学部の川瀬知之准教授は、皮膚などのキズを治すのに使える生分解性シートを開発した。絆創膏のように傷口にはると、シートに含まれる血小板などの生体成分の働きでキズの治りが早くなる。
  •  外科手術などでキズを治すには、血液を遠心分離して取りだした「多血小板血漿」(PRP)という液体が使われる。
  • PRPは血小板やタンパク質を多く含み、細胞の増殖を促してキズが治るのを早める作用がある。歯の周辺組織の再生にもPRPが使われている。
  •  川瀬準教授らは、体内で自然に分解される高分子の素材にOROを染み込ませ、凍結乾燥してPRPを含んだシートを作製した。ラットの皮膚の傷口にこのシートを貼り付けると、何も張らなかった場合に比べてキズが早く治ることを確認







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬