naoru.com


スィートバジル
(バジル)




ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床 3000処方 








学名 Ocimum basilicum
英名 Basil(バジル)、
sweet basil(スイートバジル)
和名 メボウキ(目箒)
分類 シソ科、1年草
原産地 アフリカ、熱帯地方
使用部位
成分 <1>精油:
  エストラゴール
  オイゲノール
  シネオール
  リネオール
  リナロール
  ピネン
  カンファー
<2>タンニン
<3>バジルカンファー
利用 調理用




バジルの効能効果
ホルモン異常

<1>胸の感染症

<2>消化障害

<3>黄疸

<4>頭痛・片頭痛

<5>鼻かぜ

<6>呼吸器系の感染症:気管支炎、百日咳

<7>頭脳明晰作用
<8>精神的疲労
  • 心から憂鬱の気を追い払う。

<9>鎮痙作用
  • 腹部をソフトにマッサージすると、
  • 「少量月経」「無月経」

<10>乳房の欝滞:湿布する

<11>ラベンダーとブレンドされる
    • 疲労した筋肉
    • 強ばった筋肉
                 
<12>口腔洗浄剤

<13>強壮作用:催淫剤・・・使いすぎると逆効果。

<14>駆虫剤






 参考
<1>メボウキ(目箒)の名称は、黒く丸い種を水侵すると表面がゼリー状にふくらみ、これで目に入ったゴミを取ったから。

<2>料理用ハーブで、トマトとの相性が良く、冷やしたトマトに生葉をのせ、好みのドレッシングをかけるだけでサラダが出来上がる。

<3>トマトにつく飛翔昆虫を寄せ付けない。

<4>南ヨーロッパでは、ハエよけとして全土で栽培されている。

<5>近縁種には、
 ブッシュバジル(Ocimum mininum)
 ワイルドバジル(Calaminthe clinopodium)






牧野博士は假蘇(=荊芥)の葉が落藜に似ているとの記載などから推察して、假蘇(かそ)には、シソ科のメボウキOcimum basilicum L.をあてている
中国中南部で産し、地上部の全草を乾燥したものを「羅勒」と呼び、産後の血行改善、胃けいれん、腎臓病などに用いる《中薬志》

「ダークオパールバジル」
「レモンバジル」
「ブッシュバジル」
「レタスリーバジル」
ホーリーバジル



関連情報 ホルモン異常

ホーリーバジル










    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved