ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



バクテリア



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



バクテリア
3つのタイプ
  • 46億年に前に発生し、途中で3タイプに枝分かれした。
  1. その1つは、バクテリアのままで存続し
  2. 2つ目は、ミトコンドリアに変化し、動物へと進化した。
  3. 3つ目は、葉緑体に変化し、植物へと進化した


突然変異
  • 3タイプに分かれで平行しで進化した来た。ところが、最近そのバクテリアが突然変異してヒトを襲うようになった、
  1. 普通の大腸菌にウイルスがくっついて、O-157というベロ毒素を持った劇症型に変化
  2. 人喰いバクテリアと呼ばれる、A型レンサ球菌の突然変異

コミュニケーション
  • バクテリアも“会話”に相当するコミュニケーション手段を持っていることが、近年、明らかになった。
  • 仲間に情報を伝える物質(シグナル分子)の濃度を感知して、周囲に仲間がどれくらいいるかを確認する「クオーラムセンシング」と呼ばれるメカニズムがその1つです。
    ジワジワと増殖するバクテリアは、クオーラム(定足数)を超えると、いっせいに毒素の制酸を開始して放出するのです。
    仲間の数が十分だと確認できたところで攻撃を仕掛ける。
    シグナル分子を分解したり、吸着除去すれば、バクテリア間のコミュニケーションをかく乱して毒性物質を作らせない、という研究が進んでいる。


ナノバクテリア・・・・正体は?
  • 生物のように自己増殖する微小な粒子「ナノバクテリア」は生物なのか?
  • 岡山大学の公文裕巳教授らは2013年、自己増殖する結晶だとする検証結果を発表した。
  • ナノバクテリアは1997年、フィンランドのクオピオ大学のグループが腎臓結石の中に増殖する新種の生命体を見つけたと発表して注目を集めた。
  • 大きさが約200ナノb(1ナノ=1/10億)と細菌より小さく、ほぼウイルス並み。
  • 生命を維持する機能を収容できないと疑う見方が多かった。その一方で、同じような極小生物を発見する報告も相次ぎ、議論が10年近く続いていた。
  • 細菌なら殻を作って身を守る現象がある。
  • ナノバクテリアには生物の設計図であるDNAは見つからない。
  • 公文教授らは混入が起きない実験設備で検証を繰り返し、生物では無いと確信。しかし自己増殖は相変わらず起きる。再検討した結果、酸化した脂質が層状になり、それが積み重なって歯や骨の成分に似たアパタイト結晶になる現象だ。
  • クオピト大学のグループが試料混入を避けるために推奨した放射線の照射が、脂質の酸化を促していたことも突き止めた。
  • アパタイト結晶の破片は新たな結晶をつくる核になり、あたかも生物のように増殖するサイクルを明らかにした。
  • 慢性炎症の患部で組織が固くなる「石灰化」も脂質の変化が引き金になっている可能性があると、公文教授は語る。








関連情報 人喰いバクテリア







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査