静脈瘤
深部静脈血栓症
食道静脈瘤
Budd-Chiari症候群
浮腫
肺塞栓
肺梗塞

レーザー
血栓






下肢静脈瘤
バリックス
  • =「下肢静脈瘤」
    静脈は、おもに筋肉の圧迫や胸腔内の陰圧を用いて、血液を心臓に環流している。しかし、動脈と違って血流が緩慢で、停滞を起こしやすく、血流量の増加による静脈内圧の上昇、弁の障害、静脈壁の損傷や血栓などにより逆流や乱流を生じ、静脈瘤が出来る。

  • <1>下肢静脈や骨盤内静脈では血栓形成によって生じ、血栓が剥がれて肺まで到達すると、肺血管の血流を妨げ「肺塞栓症」となる。

  • <2>肝硬変などにより門脈圧の亢進を生じると、側副血行として「食道静脈瘤」 や「痔核」を生じる。





バリックスの治療
  1. ストリッピング・・・血管を引き抜く
  2. パルスヤグレーザー手術
    • レーザーの熱(80℃)で焼く(先端の太さ:0.6mm)
    • ・ 保険適用外 30万円
      ・1秒間に1mmのペースで焼いていく

      ・術後10分で歩ける

バリックスの予防
  • (足の指)
    1. イスに浅くかけ、足を真すぐ伸ばし、足裏を床につける
    2. 足の指先をグーッと持ち上げ、一気に降ろす
    (足全体)
    1. イスに、さらに浅くかけ、足を真っ直ぐに伸ばす。
    2. 腕で体をささえ
    3. 足をのばして バタ足をする







硬化療法
・・・・再発すれば
  • 59歳の女性。数年前に脚(下肢)の静脈瘤の硬化療法を受けました。経過はいいのですが、再発する可能性が大きいと言われました。同じように硬化療法を受けた人からは、将来固まった血が流れ出し血管を詰まらせる恐れがあるとも効きました。実際はどうなのでしょうか?

・どんな病気ですか?
  • 心臓へ戻る血液が逆流しないように、脚の静脈には数cmおきに弁がついています。皮膚近くを走る静脈の弁が壊れ、脚のひざから下に血液がとどまり、血管がコブのように浮き出る病気です。
  • 女性に多く、痛みやかゆみ・だるさなどの症状が出て、長期にわたる潰瘍になることもあります。

・なぜ弁が壊れるのですか?
  • 長時間立ったままの仕事を続けるなど、脚の血液が心臓に戻りにくい状況が続くと弁に負担がかかります。長年積み重なると、まず足のつけ近くの弁が機能しなくなり、次にその下にある弁に負担がかかる。そんな風にして弁の胡椒が脚先に進み、少しずつ症状が現れます。妊娠がキッカケになることもあります。分泌されるホルモンが血管の組織を軟らかくしたり、子宮の重さや出産時の圧力が関係したり、脚の血液の流れに影響するためです。

・硬化療法とは?
  • ここ10年ほどの間に普及しました。濃い食塩水や界面活性剤などの硬化剤を静脈に注射し、血管の内側の内皮細胞を殺して細胞同士をくっつけて静脈瘤部分の血液の流れを止めます。皮膚を1cmほど切開し、固めたい部分の静脈の上端を糸で縛っておいてから注射するのが確実で、最近の主流です。縛るだけでも改善するので、私たちの病院では1ヶ月ほど様子を見てから硬化剤を使うようにしています。入院は必要ありません。

・相談の方は、流れ出た血の塊で血管がつまらないが心配していますが?
  • 内皮細胞が死ぬと、血栓(血の塊)が出来ますが、皮膚に近い静脈なら詰まっても問題ありません。血栓が胚などの血管を詰まらせる可能性はかなり低いのです。硬化療法を受けた人で皮膚に小さなキズ跡があれば、血管を縛っているはずなので、血栓が他の血管を詰まらせることはなく、より安心です。注意が必要なのは、脚の深い部分の静脈が詰まる深部静脈血栓症の場合です。

・患部は摘出出来ないのですか?
  • 壊れた弁を静脈ごと取り去る手術もあります。血管にワイヤを通して先端を固定し、内側に巻き込むようにして。抜き取ります。硬化療法が難しい太めの血管にも使える方法ですが、周囲をキズつけやすく、1、2日は入院が必要です。深部静脈に血栓が無ければ、表面近くの静脈は取っても差し支えありません。

・硬化療法後の再発は?
  • 縛った場所以外から血液が流れ込み、数ヶ月で固めたところがはがれることもあります。再発したら、血管の他の場所を縛ったり、もう一度硬化療法をしたりすることで対処できます。弁への負担は年々積み重なり、手術をしても、10数年後に別の場所に症状が現れることもあります。命に別状のない良性の病気なので、「一緒に暮らす」というくらいの気持ちでいてほしいと思います。




下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療法」で高度先進医療の認定を受けている病院
  • ・高知大学医学部附属病院

レーザーカテーテル
  • 2013年、DVxは足の細い血管を治療するためのレーザーカテーテルの臨床試験を始める。先端からレーザー光線を照射し、血管につまった血栓を微細に分解できる。
  • レーザーカテーテルは光ファイバーを内蔵しており、足の付け根の血管などからカテーテルを挿入し、その先端から紫外線レーザーを照射し血栓を細かく分解する。

マッサージ機
  • 2010年、東京電機大学の三井和幸教授と寺坂澄孝助手らは、乾電池1本で脚や腕を数時間もみほぐすことができるマッサージ機を開発した。モーターがいらない独自の液体ポンプを使う。軽量で小さく、衣服の下に身につけられる。
    市リコーのオイルを改良した電気が流れない絶縁性流体を使う。
    電気流体力学(EHD)は液体に電圧が加わると移動する現象で、三井教授らが研究を進めている。
    絶縁性流体を入れたポンプに電極を差し込み、電気を加えると圧力が上下するようにある。




バリックスの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 牛黄清心丸赤ブドウ葉エキス
  3. 牛黄清心丸+陳久散
  4. 続命湯
  5. 疎経活血湯赤ブドウ葉エキス
  6. 桃核承気湯+陳久散







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬