ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ベイスン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





糖尿病治療薬
食後過血糖改善薬
<α-グルコシダーゼ阻害薬>
一般名 ボグリボース
商品名 「ベイスン」



→「スターシス
効能

用途
腸管で二糖類から単糖への分解する酵素(α-グルコシダーゼ)の作用を阻害し、糖質の消化・吸収を遅延させることで食後の過血糖をl改善する。





使ってはダメな者
1.感染症(重症の者)
2.ケトーシス(重症の者)
3.手術前後。
4.糖尿病性昏睡
5.本剤の過敏症





が必要
1.開腹手術の既往歴がある者
2.肝障害(重篤な者)。
3.高齢者
4.消化吸収障害を伴った慢性腸疾患の者。
5.腎障害(重篤な者)。
6.大腸潰瘍の者
7.大腸の狭窄ある者。
8.腸閉塞の既往歴がある者。
9.ヘルニア(重度の)。
10.ロエムヘルド症候群




◎糖尿病薬との併用で低血糖症状が起きる。
低血糖症状>には以下のものがあります。
1.意識障害
2.高度の空腹感
3.ケイレン
4.興奮
5.集中力低下
6.心悸亢進
7.神経過敏
8.振戦
9.頭痛
10.精神障害
11.脱力感
12.知覚異常
13.発汗
14.不安感





ベイスンボグリボース
副作用
(五十音順)
1.意識障害
2.AL-P上昇。
3.LDH上昇。
4.HDLコレステロール値が低下する。
5.嘔吐
6.カユミが出る(→投与を中止する必要があります)
7.γ-GPT上昇。
8.高度の空腹感
9.ケイレン
10.血清アミラーゼ値上昇。
11.下痢
12.高カリウム血症。
13.興奮
14.GOT上昇
15.GPT上昇
16.しびれ
17.集中力低下
18.食欲不振
19.心悸亢進
20.神経過敏
21.振戦
22.頭痛
23.精神障害
24.脱力感
25.知覚異常
26.腸閉塞様の症状。
27.軟便
28.ねむけ
29.吐き気
30.発汗
31.不安感
32.腹痛
33.腹部膨満
34.腹鳴
35.ふらつき
36.便秘
37.放屁増加
38.発疹が出る(→中止する必要があります)
39.めまい。.




厚生労働省副作用情報
  • 平成18年9/1〜12/31
    • 血中ビリルビン増加
      胆石症1
      肝機能異常2
      肝炎1
      肝障害3
      肝機能検査異常1
      意識消失1
      倦怠感1
      膵癌1
      気腹










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬