ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



β-クリプトキサンチン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





ミカン

レモン

β‐カロチン

活性酸素


がん予防
広告



β-クリプトキサンチン
  • β−クリプトキサンチンはオレンジ色の色素で、カロチノイドの一種です。
    この色素はカンキツ類に特有というわけではありませんが、温州ミカンに特に多く含まれています。

活性酸素を消去)
  • この物質は、血液中に入って活性酸素を消去したりすることで発がんを抑制するのです。
  • また、血液中に蓄積することもわかってきていて、ミカンを1週間に2個食べる人は全く食べない人の2〜3倍量が血液中に入っていることが解りました。



ミカンの果実に含まれる2つの成分に、強い発ガン抑制物質が含まれていることが、日本の研究グループにより発表され、平成10年5月14日付けの新聞各紙に掲載されました。
  • 1つは「β‐クリプトキサンチン」といって、温州みかんの果肉に多く含まれる色素で、マウスを使った実験で、皮膚腫瘍の発生抑制効果を確認しました。
     実験結果によれば、β‐クリプトキサンチンを1日に1mg摂取すると、発ガン予防の効果が期待できるとのことです。これは、ニンジンなどに多く含まれ、以前から効果が確認されていたβ‐カロチンよりもはるかに強い発ガン抑制効果(約5倍)があると言われます。
    1. β‐クリプトキサンチンは温州みかんで特に含有量が多く、1個(約100g)につき1〜2mg程度含まれ、完熟させるほど含量が多くなるそうです。
    2. β‐クリプトキサンチンはオレンジ類やグレープフルーツ、あるいはレモンなどにも含まれています。
    しかしこれらに含まれているβ‐クリプトキサンチンの量は、ごくわずかです。
    これに対し、温州ミカンに含まれている量は、オレンジやグレープフルーツの約60〜100倍といわれ、特異的に多く含まれていることが、研究の結果わかりました。
     毎日ミカンを1〜2個食べるだけでガン予防の効果が期待できるそうです

 



がん予防にミカンを食べよう・・・オレンジ色が決め手
  • 1日1個で効果。
    1日1個のミカンが、がん予防に効果・・・・。こんな研究成果を、農水省果樹試験場や京都府立医科大などのグループがまとめ、13日に発表した。
    • ミカンやブレープフルーツなどのかんきつ類から、色素の1種「ベータクリプトキサンチン」と、皮に含まれる植物性化合物「オーラプテン」の2物質に、強い発がん抑制効果が認められたという。
    研究ブループは、2物質を分離して取り出す技術で特許を出願する一方、消費者には「健康食品としてのミカンを」と呼びかけている。
    研究グループは矢野昌充・農水省果樹試験場カンキツ部品質化学研究室長(静岡県清水市)、西野輔翼・京都府立医科大教授(生化学)ら。野菜や果実など植物性食品のがん予防効果は、統計などの疫学的研究では知られていたが、研究グループは、かんきつ類について、具体的にどの成分が予防に役立つのかを調べた。
    1. かんきつ類のオレンジ色のもとになる色素(カロテノイド)の1つベータクリプトキサンチンには、発がん性ウイルスを使った実験で、がん予防効果があるとされる色素のベータカロチン(β‐カロチン)と比べて、ウイルス活性化阻害効果が約5倍あった。ベータクリプトキサンチンは、国産の温州ミカンの果肉に特に多く含まれているという。
    2. さらに、夏ミカンやグレープフルーツの皮に多く含まれる化合物オーラプテンについては、マウスの背中に皮膚がんを引き起こすウイルス培溶液を塗る実験で、事前にオーラプテンを塗っておくと、がん発生率が塗らない場合の1/5ほどに低下する効果があるとの結果がでた。
    今後は品種改良で、がん抑制成分を多く含むかんきつ類を開発する計画だ。
     矢野室長は「1日1個の温州ミカンで、ベータクリプトキサンチンの適正量1ミリグラムを摂取でき、がん予防役立つ

骨密度が変化→骨粗鬆症
  • 2012年、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所と浜松医科大学は、温州ミカンをよく食べる閉経後の女性が、骨粗鬆症になりにくいことを突き止めた。
  • 温州蜜柑に多く含まれるβ-クリプトキサンチンという色素の血中濃度が高いと発症リスクが約9割下がるという、
  • 浜松市に住む調査開始時骨に問題がなかった187人を対象に4年間追跡調査した。
  • 温州ミカンを毎日4個以上食べる・・・・62人中1人
  • 温州ミカンを毎日1個以下食べる・・・・62人中9人


腸の免疫機能を高める
  • 2009年、愛媛大学と四国電力の子会社、伊方サービスは、柑橘類の果皮が含む「β-クリプトキサンチン」と「オーラプテン」の2種類の物質が腸の免疫機能を高める可能性があると発表

生活習慣病 を防ぐ
  • 2016年、農業・食品産業技術総合研究機構と浜松医科大学、浜松市が疫学調査の結果をまとめた。
  • 10年間、約1000人。
  • 温州ミカンに含まれるβークリプトキサンチン(色素の1つ)の血中濃度が高い人ほど、2型糖尿病などの発症リスクが低かった。
  • 毎日3〜4個食べる人・・・週に数個の人に比べ 低かった。



関連情報 ミカン

レモン

β‐カロチン

活性酸素


がん予防







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査