ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



バイミカード



TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床


副作用
高血圧
α1遮断剤
β遮断剤
ACE阻害剤
ARB
カルシウム拮抗剤
利尿薬
降圧利尿剤



Ca 拮抗剤
一般名 ニソルジピン


「バイミカード」



★心臓の筋肉の収縮を抑え、冠動脈を拡張して、心臓の負担を減らします。また血管を拡張して血圧を下げます。





★持続性Ca++拮抗剤系の高血圧症・狭心症。
「高血圧症」
「腎実質性高血圧症」
「腎血管性高血圧症」
「狭心症」
「異型狭心症」





使ってはダメな者
本剤に過敏歴ある者。
妊婦(その可能性がある者)。
心原性ショック







1.低血圧症(過度の)
2.肝機能障害がある(重篤な)者。
3.高齢者



1.他の降圧剤との併用で作用が増強する。
2.β-遮断剤との併用で作用が増強する。
3.ジゴキシンとの併用でジゴキシンの血中濃度が上昇する。
4.シメチジンとの併用で本剤の作用が増強する。
5.グレープフルーツとの併用で本剤の作用が増強する。
6.フェニトインとの併用で本剤の作用が低下する。
7.リファンピシンとの併用で本剤の作用が低下する。






バイミカード(ニソルジピン)
の副作用
かゆみ
肝機能検査値の異常が起きる。
胸部に痛みがでる。
クレアチニンが上昇する。
光線過敏症
女性化乳房→服用を中止する。
赤血球減少。
剥脱性皮膚炎(類似薬ニフェジピンで報告)
BUNが上昇。
ヘマトクリット値減少。
ヘモグロビン減少。
発疹。
無顆粒球症→服用を中止すること。




妊婦へ
の影響
類似化合物で催奇形作用(動物実験)が報告されているので投与できない。
授乳を避ける。
小児へ
の影響
安全性は確立されていない。
高齢者へ
の影響
低容量から投与。
服薬指導 ※医師の指示無しに服用を中止しない。
※高所作業・自動車の運転には注意が必要。
※グレープフルーツジュースを避ける。






    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved