ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ベニコウジ
(紅麹)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




紅麹(べにこうじ)
  • お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹と異なり鮮やかな紅色をしているので紅麹と呼ばれています。
  • 古くから中国・台湾で紅酒・老酒などの原料として利用されています。
  • 国内では沖縄で「豆腐よう」と呼ばれる豆腐の発酵食品が琉球王朝時代の上流社会でわずかに生産され、病後の滋養食として珍重されていました

麹と糀
  • どちらも同じもの。
    • (麹)・・・中国から伝わった漢字。
      (糀)・・・明治時代に日本で作られた国字。


コレステロール低下作用
(モナコリンK)
  • 紅麹には、このコレステロールを低下させるモナコリンKと呼ばれる成分が含まれています。モナコリンKは、この体内でのコレステロールの合成を阻害します
    「遠藤章氏らは、この紅麹からモナコリンK(mevinollin、lovaastatin)などのコレステロール合成阻害酵素を発見しています。」
  • コレステロールは、アセチルCoAを出発物質として、20数段階の反応を経て合成されます。この中で、HMG-CoA(3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA)からメバロチン酸(mevalonate)への還元が最も遅い反応で(律速段階と呼ばれています)、この還元反応に関与する酵素をHMG-CoAレダクターゼ(reductase、還元酵素)と呼びます。
  • このHMG-CoAレダクターゼの作用を阻害すれば、コレステロールの生合成が抑制されます。そしてさらに、合成が抑制されると、肝細胞膜上のLDL受容体が増加するため、血中からのコレステロール取り込みを増加させ、血中のコレステロール、特に悪玉コレステロールと言われるLDL-コレステロールを低下させることが出来ます。
  • モナコリンKは、このHMG-CoAレダクターゼを特異的に阻害し、一般的な使用量で、コレステロール値を20%ほど低下させます。近年、高コレステロール血症に使われているスタチン系薬剤(メバロチン(三共)、リポバス(万有))などは、この紅麹のモナコリンKをもとに開発されたものです」
    「アメリカのFDA(食品医薬品局)が、紅麹には医薬品に匹敵するコレステロール低下作用があるので、サプリメント(栄養補助食品)としての製造・販売を禁止しようとしました。しかし、サプリメントのメーカー側が異議を唱え、裁判に訴えました。その結果、自然成分を使った栄養補助剤であるというメーカー側の主張が認められ、紅麹のサプリメントはOKとなりました(1999年2月の判決)」

胃ガン抑制
  • 紅麹の赤い色素であるモナスコルブリンに、胃がんを抑制する作用があることが、日本大学薬学部の研究により明らかにされました。






最近、アルツハイマーの予防にスタチン系薬剤(メバロチンやリピバスなどのコレステロール合成阻害薬)が有効であるという報告がありました。

尿
遠藤章氏らにより、血糖を下げる効果も確認されています。
「24時間絶食させたラットにデンプンを与えて負荷をかけます。2つのグループに分け、片方のグループには紅麹を食べさせてから血糖値を測定します。すると、デンプンを与えただけのグループと比べて30分後で約23〜33%、1時間後で約19〜29%、血糖が低下するというデータが出ています(PAT.NO1318012)」



γーアミノ酪酸GABA)ギャバ
紅麹にはγーアミノ酪酸という血圧を降下させる成分が含まれています。1996年には、グンゼの紅麹に含まれるγーアミノ酪酸が血圧を下げるとして、特定保険用食品の「関与する成分」として厚生労働省の外部団体である(財)日本健康・栄養食品協会で認められました



紅麹は古くから漢方薬でも利用されています。《李時珍》の《本草綱目》にはその効能を「消食活血、健脾燥胃」と記載しています。すなわち、消化を助け、血の巡りを良くして。内臓を強くし、胃を爽快にします







関連情報 コレステロール値が高い

糖尿病

アルツハイマー

胃がん

血圧を下げる







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査