ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ベンザリン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





催眠鎮静薬
一般名 ニトラゼパムnitrazepam (NZP)


[カルスミン][チスボン][ニトラゼパム][ネムナミン][ネルメート][ネルロレン][ノイクロニック][ノイマックス][ヒルスカミン][ベンザリン]





1.焦点性ケイレン発作
2.自律神経発作
3.精神運動発作
4.点頭テンカン
5.不眠症
6.麻酔前投与。
7.ミオクロヌス発作
8.矢立発作




1.急性狭隅角緑内障
2.重症筋無力症








な者
1.肝障害がある者。
2.気管支喘息
3.高齢者
4.呼吸機能が低下しているとき(脳血管障害などで)。
5.心障害がある者。
6.腎障害がある者。

7.衰弱者
8.脳の器質障害がある者。

9.脳の老化(抗テンカン薬と併用すると)。



1.飲酒
2.MAO阻害薬
3.抗ウツ薬





○治療有効濃度範囲:
トラフ値・・・・80〜200ng/ml
○中毒症状
[眠気]
[運動失調]
[食欲不振]
[倦怠感]
[昏睡]




妊婦へ
の影響
授乳を中止する。
小児へ
の影響
気道分泌過多や嚥下障害を起こしたときは、服用中止。


ベンザリン
ニトラゼパム(NZP)
副作用(五十音順)

1.黄疸
2.嘔吐
3.覚醒遅延の傾向(麻酔前の使用で)
4.過敏症
5.禁断症状(急に止めたとき)。
6.傾眠(抗てんかん薬として使用の時)。
7.血圧低下(麻酔前投与の時)。
8.下痢
9.倦怠感
10.見当識障害
11.口渇
12.興奮
13.呼吸を抑制する。
14.錯乱
15.食欲低下
16.徐脈
17.頭重感
18.頭痛
19.精神障害者を刺激興奮させる。
20.大発作が増加(テンカン患者で)
21.多幸感
22.炭酸ガスナルコーシス(呼吸機能が低下して)。
23.吐き気
24.発熱
25.頻尿
26.不安
27.不快感
28.不機嫌
29.ふらつき
30.便秘
31.歩行失調(うまく歩けない)。
32.めまい
33.薬物依存(大量連用で生じる)。

34.夜尿
尿道下裂
向精神薬悪性症候群




副作用・・・(平成20年10/1〜平成21年2/28日)
  • チアノーゼ1
    薬物濃度増加1
    肝機能異常1
    筋緊張低下1
    傾眠1





関連情報 薬効分類






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査