ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ベラドンナ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





生薬名・異名:基原 
生薬の薬性と薬向
臓腑の引経薬
生薬と経絡
広告





アトロパ・ベラドンナ。Atoropa belladonna




ナス科植物。

◎ブルガリアでは、昔からルド・ビレ(気違い草)、スタロ・ビレ(昔草)と呼ばれている。ベラドンナは高所、森の日陰、木材を伐採した跡、灌木地などブルガリアならどこでも見られる。

◎ベラドンナは昔イタリアの婦人たちが瞳のパッチリとした美人になるために利用 したと言われる。 bella“美しい”donna“婦人”

アルカロイドの一種。(コリン作用を遮断してしまう)
l・d-ヒヨスシアミン
アトロピン
スコポラミン


◎ひとみ(瞳孔)を大きくする。
理由:
瞳孔の大きさは、虹彩と呼ばれる部分にある[括約筋]と[散大筋]とい う2種類の筋肉で調節されている。

1)筋肉を縮める括約筋:アセチルコリンを伝達物質とする副交感神経に支配 されている。

2)神経の末端から放出されたアセチルコリンが括約筋を収縮させて縮まる。 アトロピンは、括約筋のアセチルコリン受容体に作用して、その働きを妨 害し瞳孔を大きくする。








◎『ブルガリア療法』=『ラエフ療法』
1928年、カザンラッック近くのシプカ村出身の民間療法者であるイワン・ラエフが、予備テストを行った後、嗜眠病(パーキンソン病)の治療に、ベラドンナの根を利用するよう提案した。この考えは、世界各地の病院でテストされて良好な結果を得た。

以下の疾患に使われる:
不眠
夜尿症
眼病








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査