情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ベザトールSR





高脂血症薬/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








高脂血症薬
一般名 ベザフィブラート
商品名
「アニベソールSR」「ケンペラートSR」「ナトリスSR」「ブシャールSR」「ブナトールSR」「ベザスターSR」「ベザセーフSR」「ベザテートSR」「ベザテリオSR」「ベザトールSR」「ベザフィブラートSR」「ベザフィブレートSR」「ベザリップ」「ベザルミンSR」「ベザレックスSR」「ベスタリットL」「ベトロールSR」「ベファルラートSR」「ミデナールL」「モドビルSR」
作用
機序
◎アセチルCoAからメバロチン酸に至るコレステロール生合成を抑制する。
◎アセチルCoAカルボキシラーゼ活性を抑制し、トリグリセライドの生合成を抑制する。
◎LPL(リポたんぱくリパーゼ)及びHTGL(肝性トリグリセライドリパーゼ)活性を亢進し、リポたんぱくの代謝を促進する。
◎LDL受容体の活性を亢進し、LDLの代謝を促進する。
★血中脂質改善剤と言われるもので、脂肪代謝を促進したり、脂肪の合成を阻害する作用によって、高脂血症(血中に脂質量が多い状態)で、夜中に過剰となったコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。
効能

用途
高脂血症





血清クレアチニン値が2.5mg/dlを超える重篤な腎機能障害者









1.HMG-CoA還元酵素阻害薬を投与中の者。

2.肝障害がある者。
3.肝障害の既往歴がある者。

4.血清クレアチニン値が1.5mg/dlを超える重篤な腎機能障害者。

5.抗凝血剤と投与中の者。

6.胆石症の者、その既往歴がある者。



1.併用すると抗凝血剤の作用を増強する。
2.HMG-CoA還元酵素阻害薬との併用で横紋筋融解症が現れやすい。




妊婦へ
の影響
投与しない。
授乳を避ける。






ベザトールSRベザフィブラート
副作用(五十音順)
1.筋肉痛
2.クレアチニン上昇
3.下痢
4.口内炎
5.CPK上昇
6.食欲不振
7.心窩部痛
8.脱力感
9.尿酸値が上昇。
10.吐き気
11.貧血
12.BUN上昇
13.腹部膨満感
14.発疹
15.ミオグロビン(口中・尿中)上昇を特徴とする横紋筋融解症。
厚生労働省
  1. 血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
  2. 高比重リポ蛋白減少2
  3. 感覚鈍麻1
  4. 肝障害2
  5. 急性腎不全1
  6. 横紋筋融解5
  7. 筋骨格硬直




ベザフィブラートと抗PD-1抗体を併用
  • 2016年、日本癌学会で茶本健司・京都大学講師が発表。
  • 脂質を下げるベザフィブラート(ベザトールSR )は、ガンを攻撃する免疫細胞のT細胞の内部にあるミトコンドリアを活性化する。
    • 抗PD-1抗体とベザフィブラートを同時に
    • 投与すると、T細胞が増えてガンを攻撃する。
  • ガン細胞が持つPD-1分子と免疫細胞の「PD-L1」分子の結合を切るとともに、ベザフィブラートでT細胞の攻撃力を高める手法。
  • (マウスで実験)
  • 抗体だけ・・・60日後にすべて死亡。。
  • 併用する・・・半数が120日後も生き残った。










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬