病位
病質
熱証・寒証」「実証・虚証
陰虚
病名一覧
漢方医学
日本漢方
古方の漢方処方
漢方書籍






応用
アレルギー性鼻炎
蓄膿症
鼻炎



解説
蓄膿症のことを漢方では鼻淵といい、鼻腔の空洞に膿がたまる病気です。
患部に熱を持った蓄膿症や鼻づまりを改善します。
蒼耳子・・去風散湿・通鼻竅
辛夷・・・・散風通竅
蒼耳子・辛夷・・・肺気不宣による鼻塞を緩和。
菊花・・・・疏散風熱・精熱解毒
茜草・・・・涼血止血・活血
菊花・茜草・・・・肺経の熱を取り去る
中医学でいう「肺」は呼吸機能だけでなく、水分代謝・血液循環・体温調節などの機能も含まれています。



【構成生薬】
蒼耳子・辛夷・茜草・金銀花・菊花



鑑別
びえんがん
鼻淵丸
・鼻づまりで鼻汁が黄色or青緑色
アレルギー性鼻炎で、虚弱な者、疲労時や気温の変化で容易に発生する者で鼻閉が顕著に見られる。
辛夷清肺湯 鼻淵丸より熱症状が激しいもの




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬