ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




微熱の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






微熱があるときの漢方薬
  1. 温経湯
  2. 加味逍遥散
  3. 牛黄清心丸
  4. 柴胡桂枝湯
  5. 滋陰降火湯
  6. 滋陰至宝湯
  7. 十全大補湯
  8. 小建中湯
    1. 汗を発し、又復って之を下し、悪寒、発熱し、休止する時無き者は、小建中湯に宜し。《傷寒六書》
  9. 小柴胡湯
    1. 発汗を行いて後、発熱減退するも、未だ心身爽快ならず、時に腹痛甚だしく、口乾きて嘔する証《奥田謙蔵》
    2. 渇せず、外に微熱する:「-人参、+桂枝3.0g」《龍野》
    3. 経水たちまち断ち、瘟邪内の搏ち、血結んで散せず、邪出路なく、昼は即ち熱軽く、夜は即ち熱重く、譫語し、渇を発す。これ熱、血と結ぶなり「-半夏+花粉・桃仁・紅花・牡丹皮・生地黄・犀角」を以て破血し、邪を逐う。もし腹満して痛み、大便せざる者は、さらに「+大黄」で微に之を利すと。《傷寒翼方》
    4. +陳久散
  10. 竹茹温胆湯
  11. 知柏地黄丸
  12. 調経補血丸
  13. 補中益気湯
    1. 発熱潮熱し自汗、脈大にして無力なるを治す。甚だしければ:「+熟附子」《万病回春》
  14. 鹿茸大補








微熱・・・(漢方医学)
漢方医学でいう微熱
  1. 《傷寒論》で、微熱というのは、熱が裏にかくれて、表に現れることの微なるをいう。
    1. 「微」は幽微の意である。
    2. だから、微熱は表の熱ではなくて、、裏の熱である。
    3. 今日では体温計で37度2、3分の体温のものを微熱と呼んでいるが、漢方の微熱はこれと異なる。 《漢方診療医典》
  2. 漢方医学の病証名・・・陽明裏実証の熱型の1タイプ
  3. 五臓の熱を治するに、当に微甚を察すべし《景岳全書》



関連情報 微熱

発熱

慢性多症状病

心身症

慢性疲労症候群

高熱







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬