ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



檳榔(ビンロウ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






檳榔  ARECAE SEMEN
処方名 [檳榔][大腹子][尖檳][檳榔子][鶏心檳榔][花檳榔]
基原 熱帯に自生し、または栽培される常緑高木。
ヤシ(Palmae)ビンロウジュAreca catechu L.の成熟種子の果皮を除いて乾燥。
同属のダイフクビンロウの果皮=「大腹皮」
性味
味は辛苦、性は温、無毒。Q温瀉燥降散R
帰経 胃・大腸経
分類 駆虫薬
薬性歌 “檳榔辛温痰水壅 破気殺虫除後重”




効能効果
(瀉下・健胃・駆虫・利水・消腫)
   
  • <1>一切の風を除去する。
    <2>気を下す。
    <3>関節を良くする。
    <4>九竅を通す。
    <5>消化を良くする。
    <6>水腫を下す。
    <7>結を散らす。
    <8>五臓六腑を丈夫にする。

       
◎虫を殺し、積を消し、気を下し水を去る。
  • <1>虫積疳疾
    <2>食積積滞
    <3>下痢後重
    <4>痰癖水腫

◎一切の気を降下させる。粉末にして飲む。

◎三虫・伏尸・寸白虫を殺す。
  • 「赤色で味の苦いのを選んで作末し、毎回2銭を空腹時に葱蜜湯で調服する。」

◎大小便を通し、又、大便不通を治す。
  • 「細末2銭を空腹時に蜜水で調服。」


◎口吻に瘡が出来て白くただれたとき・
  • 「焼いた灰を塗る。」


◎脚気が心をつき、気の急する症を治す。
  • 「心・檳榔末2銭を童便・姜汁・温酒各半杯で調服する。」


◎臓腑滞気を宣利する。
  • 「細かく切って蜜水で調下する。」


薬理作用
<1>副交感刺激作用:アレコリンなどの副交感神経作動薬
<2>駆虫作用
<3>抗真菌作用
<4>健胃作用


薬能

《名医別録》
   “消穀し、逐水し、痰癖を除き、三虫を殺し、寸白を療する”

《薬性提要》
   “胸中の滞気を瀉し、水を行らし、腹脹を泄し、堅を攻め、三虫を殺す”

《古方薬品考》
   “脾を健し、滞を破り、気を開く”

《中薬大辞典》
   “止瀉、利水の作用があり、虫を殺し積を破き、気を下し、水を行らす”
   “虫積、食滞、胃腹脹痛、瀉痢後重、瘧疾、水腫、脚気、痰癖、結を治す”

『檳榔子+紫蘇葉』=利水作用。脚気などによる浮腫、疼痛を治す。九味檳榔湯。

『檳榔子+陳皮』=理気瀉下作用。食べ過ぎや、気の滞りによる腹脹、便秘、瘧             痢などを治す。木香檳榔丸

『檳榔子+木香』=殺虫作用。腸内の寄生虫に殺虫効果がある。しかも駆虫した            虫体を体外へ排泄する作用がある。聖功散《証治準縄》








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査