ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



ビリルビン






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











ビリルビン代謝異常

ヘモグロビン

血液検査




ビリルビン
  • ビリルビンは肝機能低下や赤血球が壊れる病気の指標として健康診断の血液検査項目に含まれている。

  • ビリルビンは血色素(ヘモグロビン)の分解産物で、血中のタンパクと結合した形(間接ビリルビン)で肝に運ばれる。そこで、グルクロン酸縫合を受け水溶性の直接ビリルビンになり、肝より胆汁中に排泄される。

  • ヘモグロビン→(酸化)
    • →コレグロビン
    • →ビリベルジン
    • →ビリルビン


ヘモグロビンの代謝産物
  • 血中のビリルビンは老化した赤血球が破壊され、その中に含まれるヘモグロビンが代謝して作られます。このビリルビンはアルブミンを結合し、間接ビリルビンと呼ばれ、溶血疾患で増加します。
  • 間接ビリルビンは肝細胞膜でアルブミンと離れ、肝細胞に取り込まれUDP-glucuronyltransferaseの作用によりグルグロン酸などと結合(グルクロン酸抱合)し、水溶性の直接ビリルビン(抱合型ビリルビン)になり、胆汁と共に胆管を経て腸へ排泄されます。
  • 腸管内の直接ビリルビンは腸内の細菌によって還元され、ウロビリノーゲンとなり、大部分は変化してステルコビリンとして糞便中に排泄される。しか し、一部は腸管から再吸収され門脈を経て再び肝細胞に取り込まれます(腸肝循環)。
  • しかし、肝細胞の変性・壊死など障害の程度が大きいと肝細胞に入らず、大循環系で腎臓から尿中に大量に排泄されます。従って、尿中ウロビリノーゲ ン陽性は、肝硬変など肝細胞に何らかの障害があることを表します
  • 胆管の閉塞は直接ビリルビンが血中へ逆流し高濃度となり、閉塞の原因は胆石や悪性腫瘍などが多いようです
  • 抱合型ビリルビンが血中に増加した場合、容易に尿中に排泄されるが、遊離型の場合は血中増加は認められても、尿中に排泄されない。





ビリルビン
総ビリルビン(T-Bil)total bilirubin
  • 検査目的・・・黄疸の有無の判定。
  • 基準値
    • ・0,2〜1mg/dL

直接ビリルビンdirect bilirubin
  • 検査目的
    1. 肝細胞障害
    2. 胆汁排泄障害の診断
  • 基準値
    • ・0〜0.3mg/dL

間接ビリルビンindirect bilirubin
  • 検査目的・・・ビリルビン産生の把握




(総ビリルビン)
  • 総ビリルビンは直接ビリルビンと間接ビリルビンの和です。
  • ビリルビンの上昇が直接型か間接型かによって病因が異なる。
 直接ビリルビン(抱合型)
  • =ジアゾ反応でただちに反応する
 間接ビリルビン(遊離型)
  • =反応促進剤を加えて初めて反応


総ビリルビンと間接型、直接型ビリルビンを測定することで、
  1. ビリルビンの生成亢進(肝前性黄疸
  2. 肝細胞におけるビリルビンの処理能低下(肝細胞性黄疸
  3. 胆道系におけるビリルビンの通過障害(肝後性黄疸
のいずれかを鑑別できる





直接ビリルビンが増加する疾患
<1>急性肝炎肝硬変劇症肝炎・肝ガン・脂肪肝

<2>Dnbin-Johnson症候群


<3>細胆管性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、重症感染症による黄疸

<4>閉塞性黄疸(胆石症、悪性腫瘍による胆道閉塞・・・)

<5>レプトスピラ病、伝染性単核症

<6>膵頭部ガン

・0.4〜5mg/dL
  • 「急性肝炎」「慢性肝炎」「肝硬変」「肝がん」「劇症肝炎」「アルコール性肝炎」「自己免疫性肝炎」「薬剤性肝障害」「急性脂肪肝」「肝内胆汁鬱滞」「原発性胆汁性肝硬変」「原発性硬化性胆管炎」「閉塞性黄疸」「肝膿瘍」「ウイルソン病」「ヘモクロマトーシス」「レプトスピラ症候群」「Dubin-Johnson 症候群」「Rotor症候群」
・5〜20mg/dL
  • 「急性肝炎」「非代償性肝硬変」「肝がん」「劇症肝炎」「アルコール性肝炎」「自己免疫性肝炎」「急性脂肪肝」「薬剤性肝障害」「肝内胆汁うっ滞」「原発性胆汁性肝硬変」「原発性硬化性胆管炎」「閉塞性黄疸」「レプトスピラ症」
・20mg/dL以上
  • 「急性肝炎」「非代償性肝硬変」「肝がん」「劇症肝炎」「急性脂肪肝」「原発性胆汁性肝硬変」「原発性硬化性胆管炎」「閉塞性黄疸」






間接ビリルビンが増加する疾患
先天性溶血性疾患、
後天性溶血性疾患、
悪性貧血、
慢性骨髄性白血病
ポルフィリア。
薬剤による競合・中毒、
新生児黄疸、
Crigier-Najjar症候群
Gilbert症候群。






δビリルビン(デルタビリルビン)
  • 「ビリルビンは従来から間接及び直接ビリルビンに分類されてきたが、最近dry chemistryの普及とともに新しいタイプのビリルビンの存在が知られてきた。
    すなわち、dry chemistryでは総・抱合・非抱合型ビリルビンをそれぞれ分別測定出来るが、総ビリルビン値と抱合型と非抱合型ビリルビンの和が一致しないところから、δビリルビンが判明。

  • これはアルブミンと共有結合したもので、ジアゾ反応には直接ビリルビンとして反応し、直接ビリルビン=抱合型ビリルビン+δビリルリンの関係にある」






尿ビリルビン urinary bilirubin
正常値:陰性(ー)
  • ビリルビンは赤血球の崩壊によって生じるヘムから、肝・脾・骨髄などで作られるが、このビリルビンは血中のタンパク質と結合した形で肝へ運ばれる[間接ビリルビン]と、肝に取り込まれたビリルビンはグルクロン酸抱合をうけて抱合型ビリルビンとして胆汁中に排泄され、腸内でウロビリノーゲンに還元される。(→尿ウロビリノーゲン)
  • 血清ビリルビンの中で、水溶性の直接ビリルビンは尿中に排泄されるが、タンパクと結合した間接ビリルビンは糸球体を通過できず尿中に排泄されない。
  • 尿ビリルビンが高値(1+〜3+)になる場合
    1. 高頻度で起きる
      1. 急性肝炎
      2. 劇症肝炎
      3. 肝硬変
      4. 薬物性肝障害
      5. アルコール性肝障害
      6. 肝内胆汁うっ滞
      7. 閉塞性黄疸
      8. Dubin-Johnson症候群
      9. Rotor症候群
    2. 可能性がある疾患
      1. 慢性肝炎
      2. 肝ガン






ウナギからビリルビンと結合する
「光る」タンパク質を見つけた
  • 2013年、理化学研究所の宮脇敦史シニアチームリーダーらは、肝機能障害の目印である血液中の色素「ビリルビン」と結合するタンパク質を見つけた。
  • ニホンウナギの筋肉にあるタンパク質で、色素と反応して光る。
  • この仕組みを使えば、色素の濃度を高感度に検出し、体の異変をすばやく調べることが可能になる。
  • 成果は米科学誌セル(電子版)に掲載。
  • 研究チームはニホンウナギの稚魚から光るタンパク質を作る遺伝子を取り出し「UnaG」(ウナジー)と名付けた。
  • この遺伝子が作るタンパク質は単独では光らず、ビリルビンを包み込んだ状態で青い光を受けると緑色に光る性質を持つ。このタンパク質は血液中でもビリルビンとくっつきやすい。
  • 検査キットを作り、慶應義塾大学病院で臨床研究を始めた。
  • 検査に使う血液量は、酵素などを利用して調べる従来法の約1/1000ですみ、約10分で判定できる。
  • UnaGに少量の血液を加えたうえで青色の光を当て、緑色の強さからビリルビンの量を判定する。







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬