なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
(ED)
勃起障害

チェック
インポテンス」「性的不全」「糖尿病神経障害」「レスベラトロール 」「Shy-Drager症候群」「パイロニー」「陰嚢寒疝




チェックしましょう
(性欲はあるが勃起しない)
  • 事故などで強い衝撃を受けた脳・脊椎・脊髄の神経障害
  • 性交に不安を感じたり、精神的緊張が続く神経過敏
  • 精神的ストレスや倦怠感も無い脊椎障害/アルコール依存症/ホルモン異常
  • 排尿時に痛みや残尿感がある前立腺炎
(性欲が起きず、勃起しない


勃起不全
  • 勃起障害 (ED)
    1. 勃起機能不全とは「性交のための十分な勃起を達成または持続出来ないこと。(メルクマニュアル第17版p1841)
    2. 成人男性の3人に1人が悩んでいる
  • 勃起不全の危険因子
    1. 糖尿病
      • 東京の博慈会総合病院顧問の白井将文(元東邦大学教授)さんたちが中心になってまとめた疫学調査では、日本では、少なくともおよそ450万人、最大で980万人になるという。そのほとんどが医療施設を受診していない、いわば潜在的な患者である。
        一般にはEDは加齢ストレスなどの心理的要因で生じる仕方がないものとの考えが強い。確かにそういう面もあるが、心臓病など様々な疾患が引き金になっていることが多い→糖尿病神経障害
    2. 高血圧
    3. 喫煙
    4. 過度の飲酒
    5. 自転車
      • 最近、米国の研究者が自転車に長時間乗ると性機能の低下が見られるという報告を出した
    6. 前立腺肥大
      • 2003年、長崎大学の野口医師が調査し日本排尿機能学会で発表。
        前立腺肥大症患者182名の70.9%がEDだった
  • 原因疾患
    • 1994年に40歳代〜70歳までの男性を対象にした米国での調査(マサチューセツ・メイル・エイジング・スタディ)では、
      1. 心臓病』患者の39%がEDを合併していたという。また、心臓病患者の65%前後の人がEDに悩んでいるという結果だった。
      2. 同様に『糖尿病』では28%、
      3. 高血圧症』患者では15%であった。
    • 日本ではどうか?。白井さんたちの調査によると、
      1. 糖尿病患者では・・・・・・最大約100万人、
      2. 高血圧症患者では・・・・同235万人
      がEDの原因疾患になっているという。
  • 勃起障害(ED)に悩む男性は、60代以上では過半数にのぼる
    • ことが、専門家の調査で明らかになった。
      日本全体の患者数は「軽度」の含めると、980万人を超えると推計されている。
      EDの患者数を推計する本格的な疫学調査は初めて。
      調査は泌尿器科、精神科の医師や疫学者でつくる「成人男性の健康と性に関する調査委員会」が昨年1月と2月に実施。全国の30歳〜79歳までの2000人に調査票を郵送し、1019人から回答を得た。
      調査メンバーの丸井英二・国立国際医療センター研究所部長によると、「いつも勃起できない」(完全ED)or「たまに勃起できる」(中等度ED)と答えた人は、
      1. 40代前半で20%
      2. 50代前半で36%
      3. 50代後半で47%
      4. 60代前半が57%
      5. 60代後半が70%と半数を超えている。
      この結果を白井将文・博慈会記念総合病院顧問が国内の男性人口にあてはめて計算したところ、
      • 完全EDの人は約174万人
      • 中等度EDは約800万人
      • 軽度も含めると980万人以上になった
      今年実施した若年層を対象の調査結果が加われば、推計患者数はさらに増えるとみられる。日本性機能学会のメンバーが国内の30〜79歳の既婚男女約4000人から回収したアンケートで、約3割が十分な性交渉が出来ない勃起障害(ED)の悩みを持っていることが分かり、20日、神戸市で行われた第6回アジア性科学学会で発表された。
      EDの男性で医師に相談したことがあるとした人は4.8%にすぎず、調査した日大医学部泌尿器科の滝本至得教授は「かなりの人がEDなのだが、恥ずかしいなどの理由で受診しない人が多い。きちんとした診断を受けるべきだ」としている。
      アンケートでは、「EDの自覚の有無」で、男性の29.9%、女性はパートナーについて30.1%が自覚があると回答し、男女ともほぼ一致。
      「性生活への満足度」で「とても満足」「まあ満足」としたのは、夫がEDでない女性では55.9%だったのに対し、夫がEDの女性は23.6%と半分以下にとどまり、EDはパートナーの満足度にも影響があることも分かった。
      アンケートは今年4月、全国の既婚の男性5500人、女性4800人に勇壮で実施、男性2034人、女性1820人から回答を得た
  • 多数の男性が勃起不全に対する既存の治療法に満足していない
    • 独製薬・化学大手バイエルは、欧米などの男性27000人を対象にした国際調査の結果、多数の男性が勃起不全に対する既存の治療法に満足していないことが明らかになったと発表した。
      「治療に大変満足した」との回答は
      1. 注射療法で24%、
      2. 補助具による治療法では18%
      3. 既存の経口ED治療薬でも「満足していない」との回答は35%だった。
      調査は2001年2〜4月に実施。同社によると、
      • 世界のED患者は今後20年で倍増し、3億2200万人に達する見通し。
      バイエルは自社開発のED治療薬「シルデナフィル」(一般名)を日米欧で申請している。同社が実施した臨床試験では、初回の服用時だけでなくその後投与を繰り返しても勃起機能の改善効果が見られたという
  • 20〜60代の27.4%でEDの症状がある
    • 2011年、バイエル薬品が実施したEDに関する意識調査の結果、
      20〜60代の27.4%でEDの症状があることが分かった。
      • 20代のED・・・・・・・22.4%
      • 30代のED・・・・・・・14.1%
      30代〜60代にかけては年代が上がるにつれて症状がでる比率も上がるが、20代の方がEDの比率が高かった。
      調査は症状を5段階に分けて「軽症〜中等症」「中等症」「重症」の3段階をEDと判定。その結果、
      1. 20代〜60代の全体では
        • 「軽症〜中等症」・・・・16.2%
        • 「中等症」・・・・・・・・・・6.5%
        • 「重症」・・・・・・・・・・・・4.7%
      2. 20代の「重症」・・・・・・・・・・・4.9%
      EDの症状がある状態に「満足」と答えた比率は
      1. 20代〜60代・・・・・5.7%
      2. 20代・・・・・・・・・・15.2%
  • 西洋薬
    1. バイアグラ(ファイザー)
    2. 「レビトラ」(バイエル)
    3. 「シアリス」(イーライ・リリー)
  • 失明
    • 「FDAは2005年5/27、勃起不全治療薬「バイアグラ」と「シアリス」の利用者から失明になった人がでた報告を受け、本格的な調査を始めた。
健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
盗聴







民間療法 [亜鉛][紅参][アミノ酸][コブラ][トナカイ][ノコギリヤシ][レスベラトロール]


勃起不全に用いる漢方薬
  1. 海馬補腎丸
  2. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  3. 至宝三鞭丸
  4. 八味地黄丸
  5. 八味地黄丸亜鉛トナカイ
  6. 八味地黄丸アミノ酸亜鉛紅参
  7. 八味地黄丸ノコギリヤシ紅参
  8. 六味丸



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬