ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ボウショウ(芒硝)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





生薬の薬性と薬向
臓腑の主治薬
臓腑の引経薬
広告




芒硝   NATRIUM SULFURICUM


[芒硝][朴硝][元明粉][玄明粉][馬牙硝]

<1>天然の含水硫酸ナトリウムNa2SO4・10H2O=「朴硝」

<2>風化して結晶水を失った風化消:Na2SO4・2H2O
=「玄明粉」「元明粉」(別名「灰様芒硝」)

<3>古来の芒硝:結晶硫酸マグネシウムMgSO4・7H2O
=「馬牙硝」(別名「瀉利塩」)、正倉院に保存


味は鹹苦、性は寒。 Q寒瀉潤降散R

胃・大腸・三焦経。

攻下薬。


“芒硝苦寒除実熱 積聚燥痰及便窒”
芒硝、苦寒。実熱、積聚に。痰を{(のぞ)き、燥を潤し、便閉を疏通す。即ち朴硝なり。因って再び煎煉し、傾けて盆の内に入れ、芒硝を結成す。《万病回春》










(塩類下剤)
◎熱を瀉し、燥を潤し、堅を軟にする。
 <1>実熱積滞
 <2>大便燥結
 <3>停痰痞満
◎月経の不通と血閉とを治す。「末にし1銭を淡水湯と空腹時に調服する。」
◎一切の疹を治す。「水で煮て塗る。」
◎積聚を溶かし、大小便を利する。「温湯で1〜2銭を調服。丸・散服。」



<1>瀉下作用
<2>鎮痙作用
<3>抗ケイレン作用







芒硝




「朴硝」「消石」で収載。
「消石」=「火消」=
    イ)(硝酸カリウム KNO3)又は
    ロ)チリ消石(硫酸ナトリウム NaNO3)





“芒硝は、李時珍は、諸消は晋唐より以来諸家皆名を執って猜(うた)って、総て定見なしと曰う。惟だ馬志に開宝本草に、消石を以て、地霜錬成して芒硝、馬牙硝と為す。是れ朴硝は錬出する者とは、一言に定り、諸家の惑を破る諸家は蓋し硝石は一名芒硝、朴硝は一名消石なりに因って、朴の名相混じ遂に弁を費し決せざるに致る。而して、消に水火の二種あるを知らず、形質同じと雖も性気迥に別なり。惟だ《神農本草経》の朴硝、消石の二条は正と為す。これ別録の芒硝嘉祐の馬牙硝、開宝の生消は倶に多出に係りMび帰しMび之く、神農に列する所の朴硝は即ち水消なり、二種ありて煎錬するに細芒を結出する者を芒硝と為し、馬牙を結出する者を牙硝と為し、其の底に凝って塊と為る者は、通じて朴硝と為す。其の気味皆[にして寒なり。神農に列する所の消石は火消なり。亦二種あり、煎錬するに細芒を結出する者を芒硝と名け、馬牙を結出する者も亦牙硝と名づけ亦生消と名づく、其の底に凝って塊と成る者を通じて消石と為す。其の気味皆辛苦にして大温なり。二消、皆、芒硝、牙硝の称あり、故に古方に相代るの説あり。唐宋より以下用うる所の芒硝、牙硝は、皆是れ水消なり、是に因って之を観れば、長沙の方中硝石は則ち《神農本草経》の所謂火消にして芒硝なり。当に火消の芒硝を用うべし。今薬舗に呼んで火消細芒とする者は、棹様焔硝と称するもの是なり。T堅の功最も勝る。又按ずるに朴硝は水消にして未だ煎錬を経ざる者、是なり。時珍の謂う底に凝りて塊を為す者を通じて朴硝と為すは誤なり。夫れ仲景氏の方は、晋唐以来能く之を講明する者なし。亦能く之を使用する者なし。”




薬能&出典
《神農本草経》
  • 消石:五臓の積熱、胃の張閉を主り、飲食の蓄結するを滌去し、陳きを推し新しきを至らし、邪気を除く”
    “朴硝:寒熱邪気を除き、六府の積聚を逐い、結固留癖を治す

《名医別録》
  • 芒硝:五臓の積聚、久熱胃閉を主り、邪気を除き留血、腹中に痰実し結搏するを破り、経脈を通じ大小便及び日水を利し、五淋を破り陳きを推し新しきに致す”
    “朴硝:胃中に食飲熱結するを主り、留血、閉絶、停痰痞満を破り陳きを推し新しき至す

《古方薬品考》
  • 芒硝:専ら熱結を消す”
    “朴硝:宿食、煩熱を降泄する”

《重校薬徴》
  • “芒硝:堅をやわらかにするを主る”
    “故に結胸、心下痞硬、ハ満、燥屎、大便難、宿食、少腹急結、堅痛、腫痞等の諸般の解し難きの毒を治し、潮熱、譫語、血、黄疸、小便不利を兼治する”
    “芒硝はT堅を主るや明らかなり。朴硝は之を芒硝、消石に比すれば、其の力較(やや)劣る”

《古方薬議》
  • 芒硝:能く堅を軟らげ実を去る

《勿誤薬室方函口訣》
  • 芒硝一味、大黄に伍せずして用いるは、解凝利水の用とする”
    “胃中の凝滞の実熱を去るために、大柴胡湯に伍して用いる

《中薬大辞典》
  • “芒硝:熱を瀉し、燥を潤し、堅さを軟らぐ”
    “実熱積滞、腹脹便秘、停痰積聚、目赤腫痛、喉痺、癰腫を治す





『芒硝+大黄』
『芒硝+硼砂』




薬物 配合処方
朴硝 橘皮大黄朴硝湯《金匱要略》
大黄牡丹皮湯
芒硝 大承気湯
桃核承気湯
消石 大黄消石湯《金匱要略》
消礬散
《金匱要略》
調胃承気湯




(注意)
  • 芒硝は硫酸ナトリウム。そのためナトリウムの摂取制限を受けている者は注意が必要。
  • 芒硝を含む処方には
    • 「大黄牡丹皮湯」
    • 「大承気湯」
    • 「腸胃承気湯」
    • 「通導散」
    • 「桃核承気湯」
    • 「防風通聖散」
    • がある



チェック
関連情報
生薬の薬性と薬向」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬