ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ブロバリン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




催眠鎮静薬
一般名 ブロムワレリル尿素


:「ブロバリン」



★中枢に働いて、催眠鎮静作用や抗不安作用を示す。
★体内で遊離したBr-が脳や脳脊髄に移行し、Cl-の大部分をBr-で置換することにより大脳の興奮性を抑制する。

☆作用の発現が速く、持続時間の短い催眠作用を示す。
☆鎮静作用・抗痙攣作用・麻酔増強作用がある。





不眠症・・・1日1回0.5〜0.8g
不安・緊張状態の緩和・・・1日0.6〜1.0g 分3 





本剤過敏歴ある者





必要
肝障害ある者
虚弱者。
高齢者
呼吸器機能が低下している者。
腎障害がある者。
小児。



飲酒で作用が増強する。
中枢神経抑制薬との併用で作用が増強する。




過量投与による中毒
(症状)
  • 以下の中枢神経症状
      四肢の不全マヒ
      深部反射消失
      呼吸抑制
  • 覚醒後に・・・幻視・全身ケイレン作用・神経炎・神経痛などが発現
(処置)
  • 未吸収物を除去:
      催吐・胃内容物の吸引・胃洗浄・活性炭投与
  • 排泄促進:
      留置カテーテルによる導尿
      フロセミド(40〜80mg)静注
  • 呼吸管理:
      気道確保。必要に応じて気管内挿入、人工呼吸、酸素吸入
  • 対症療法:
    1. 昇圧剤
    2. 強心剤
    3. 呼吸興奮剤の投与
    4. 重症の場合・・・血液透析、血液灌流



妊婦への影響 投与しない



ブロバリン(ブロムワレリル尿素)
の副作用
(五十音順)
  1. 依存性を生じる・・・ 連用により薬物依存が生じる。
  2. 運動失調
  3. 嘔吐
  4. カユミ
  5. 禁断症状(大量・急な減量・休止で)
  6. 下痢
  7. 構音障害
  8. 紅斑
  9. 興奮
  10. 頭痛
  11. 知覚異常
  12. 難聴
  13. 吐き気
  14. 発熱
  15. ふらつき
  16. 発疹
  17. めまい
  18. 抑うつ




関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査