ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



分子シャペロン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





タンパク質 広告




CCT(分子シャペロン)
  • 科学技術振興機構と京都大学などのチームは、細胞内のタンパク質が正常に働くのに欠かせない『分子シャペロン』と呼ぶ物質が、神経細胞で異常なタンパク質が凝集するのを妨げていることを突き止めた。
    異常タンパク質が溜まると、神経細胞が死んでアルツハイマー病などの深刻な病気が発症する。神経変性疾患の新しい治療法や予防法の開発につながる成果。2006年917のネイチャー・セル・バイオテクノロジーに掲載。
    細胞内では、分子シャペロンの力を借りることで、新たに合成されたタンパク質はきちんと機能できるようになる。
    研究チームは、代表的な分子シャペロン『CCT』が、ポリグルタミンタンパク質の凝集を妨げ、細胞死を防ぐことを突き止めた。凝集体のタネが出来る段階を、CCTがジャマしていた。
    ポリグルタミンタンパク質の凝集は、神経変性疾患の1つであるポリグルタミン病を引き起こすことで知られる。



シャペロン
  • =フランス語で若い女性が社交界にデビューするとき、世話を焼く女性を指す。

(シャペロン)
  • =他のタンパク質分子が正しい折りたたみをして機能を獲得するのを助けるタンパク質の総称である。
  • かえ添え役。









『分子シャペロン』と呼ぶ樽型のタンパク質
(分子シャペロン)
  • 東京大学の相田卓三教授と金原数講師らは、タンパク質の内部にナノメートル(ナノ=1/10億)レベルに加工した超微粒子を入れたり出したりすることに成功した。

    『分子シャペロン』と呼ぶ樽型のタンパク質で確認した。
    たるの真ん中に直径4.5ナノメートルの空間がある。
  • 実験で黄緑色の傾向を出す直径3ナノメートルの硫化カドミウムを取り込ませた。
    樽型タンパク質は本来、異常なタンパク質を包み込み、筋肉を動かすエネルギーとなるアデノシン三リン酸(ATP)を使って正しい構造に戻す機能がある。
    実験でATPを加えると、樽の構造が変わり、微粒子を放出した。


凝集して直径が50ナノbの粒子になるタンパク質
  • 2010年、東京工業大学の木畠英理准教授は、凝集して直径が50ナノbの粒子になるタンパク質を作ることに成功した。

    皮膚や大動脈などを構成するタンパク質エラスチンに着目。
    エラスチン の一部であるペンタペプチドというタンパク質断片が、温度によって凝集する性質を利用した。

    さらにアミノ酸の一種で水になじみやすい(親水性の)アスパラギン酸を組み込み、50ナノbサイズにできた。
    DDSのカプセルは新生血管の血管壁のすき間をすり抜けてガン細胞に到達する必要がある。


関連情報 タンパク質 DDS








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬