情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




ブロッコリー






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






キャベツ

栄養療法

有機食品


ブロッコリー


ブロッコリー
  • 英名:broccoli
  • 別名:メハナヤサイ(芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ
  • 花蕾・花茎を食べるキャベツの原型。






スルフォラファン
免疫機能の回復を促進させる
  • 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のグループは、ブロッコリーに含まれる辛み成分『スルフォラファン』が老化で失われる免疫機能の回復を促進させることを発見した。
    免疫機能が弱った年寄りマウスにスルフォラファンを投与したところ、若いマウス並みに免疫機能が回復した。
    スルフォラファンが酸化を抑制する抗酸化反応を制御するタンパク質『Nrr2』と相互作用し、免疫システムの反応を高めているという。


ガンの放射線治療の効果を高める作用がある
  • 2009年、放射線医学総合研究所は、ブロッコリーの抽出成分にガンの放射線治療の効果を高める作用があることを突き止めた。
    ブロッコリー成分を与えたガン細胞の生存率は、X線治療後には従来の数分の一まで低下していた。
    この成分はブロッコリーの新芽やキャベツに含まれる「スルフォラファン」という辛み成分。
    ガン細胞をスルフォラファンを加えた培地で増殖させ、X線を照射する実験をした。スルフォラファンを加えない場合と比べて、ガン細胞の生存率が低下した。
    マウスに腫瘍を移植した実験でも効果を確認。X線照射の前後にスルフォラファンを注射すると、1ヶ月後の腫瘍体積がX線照射だけの場合の半分ぐらいになった。
    スルフォラファンの単独投与では、X線照射だけの場合と治療効果は変わらなかった。
    研究チームは、スルフォラファンには損傷したDNAの修復を遅らせる働きがあるとみている。










予防効果
2002年、米ジョンズホプキンズ大学の研究チームが、野菜のブロッコリーに「ヘリコバクター・ピロリ菌」を殺す作用があることを発見、5/28日付の米科学アカデミーに発表した。


米ジョンズホプキンス大学の研究者らは、関節の炎症を防ぐ植物系の物質を発見した。
ブロッコリ−などのアブラナ科の植物に多く含まれている。
これまで活性酸素や発ガン物質に対する生体の解毒作用を高める働きが知られていた。





ブロッコリーの芽
スプラウト
  • =出始めた新芽の部分だけを摘み取ったもの。
    カイワレ大根やハーブなどを生産するM農園(広島市)は、健康食材として伸びているブロッコリーの芽「ブロッコリースーパースプラウト」の生産能力を5倍に高める。
    ブロッコリースーパースプラウトは現在、大井川野上(静岡県焼津市)で生産・出荷している。
    発芽後3日前後のブロッコリーの芽の部分で、ガン予防につながる物質など有用な成分を多く含むと言われ、最近、消費者の人気を集めている。
    スプラウトは米国で開発された新野菜。


新芽が急性肝障害に
  • 2008年、カゴメはブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に急性肝障害を抑える働きがあることをマウス実験で確認。成果は日本食品化学工業学会で発表。





成分 ピーマン セロリ ブロッコリ アスパラガス ミョウガ
カロリー 21kcal 13kcal 43kcal 20kcal 17kcal
タンパク質 0.9g 0.9g 5.9g 1.9g 1.2g
脂質 0.1g 0.1g 0.1g 0.1g 0.1g
カルシウム 10mg 34mg 49mg 21mg 33mg
0.6mg 0.2mg 1.9mg 0.6mg 0.6mg
ビタミンA 150I 160IU 400IU 190IU 23IU
ビタミンB1 0.04mg 0.03mg 0.12mg 0.13mg 0.07mg
ビタミンB2 0.04mg 0.03mg 0.27mg 0.16mg 0.06mg
ビタミンC 80mg 6mg 160mg 12mg 5mg
ビタミンE 0.8mg 0.2mg 1.8mg 1.4mg
ナイアシン 0.6mg 0.3mg 1.2mg 1.2mg 0.5mg
カリウム 200mg 360mg 530mg 270mg 270mg
リン 23mg 34mg 120mg 50mg 16mg
コレステロール








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬