情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





白朮






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






蒼朮

生薬名・異名:基原





山野に自生する多年草キク科オケラの根
キク科Compositae 白朮Atractylodes macrocephala Koidz.(A. ovata A.P.D.C.)(オオバナオケラ)の根茎。
中国産は、浙江省に分布するオオバナオケラ。
  • 朮、蒼白を別つは古にあらざるなり。《薬徴》

「山薊」《爾雅》
「朮」《神農本草経》
「山芥」「天薊」《呉普本草》
「山姜」「乞力伽」《南方草木状》
「玉精」《神薬経》


オオバナオケラ
  • 根茎は太くて大きく、わずかに蔓状


朮に2種類あり。
白朮は葉が大きく毛があり、枝分かれし、根は甘く油分少なく、丸・散剤をつくるのに用いることができる。
赤朮は葉細く枝分かれなく、根は小さく、苦く、油分多く、煎剤用にすることができる。

味は甘微苦、性は温、微香あり。温補燥平収

脾・胃経。


“白朮甘温健脾胃 止瀉除湿兼痰痞”《万病回春》

◎油を去る《万病回春》











健胃・強壮・止瀉・利尿

脾をすこやかにし、湿を乾かす
  <1>脾虚泄瀉
  <2>水腫
  <3>脹満


汗を止め、盗汗を治す
  • 「切ってかため、浮麦1升、水1斗で煮詰めて乾かした麦は捨て、細末にして毎回2銭を浮麦に煮た湯で服用。」

補脾剤
  • 「一晩水に漬けて切って乾かし煎服。又は粉末にし服用。」

補胃
  • 「煎じ・丸・末服ともによい。」

一切の下痢を治す
  • 「煎・末・丸服。or白芍薬・白茯苓と合わせ煎服。」

一切の風と中風の口噤不省を治す
  • 「白朮4両・酒3升を煮詰めて服用。」

五労・七傷を治す。脾胃を壮健にし、寿命を延ばす。
  • 「作末して酒に混ぜて食べ、又は蜜丸。」

四肢の腫満を治す
  • 「3両を切って大棗3を入れ1日3~4回煎服。」





<1>利尿作用
  • “各種の動物(ラット・ウサギ・イヌ)に対して明らかな持続性の利尿作用がある。”
  • “無麻酔のイヌに煎剤を静注したところ、尿量が9倍以上に増加した。”
  • “白朮は水の排出を増加させるだけでなく、電解質(特にナトリウム)の排出を促す”
<2>強壮作用
<3>血糖降下作用
  • “ウサギの胃に煎剤(or浸剤)を注入したところ、血糖が少し低下した”
<4>抗凝血作用
  • “ラットに煎剤を注入内服させたところプロトロンビン時間が著しく延びた、”
<5>抗菌作用





白朮の薬能
《神農本草経》
  • 朮:風寒湿による痺、死肌、、疽を主り、汗を止め、熱を除き、食を消す”

《神農本草経疏》
  • “朮は、その気が芳烈、その味は甘濃、その性は純陽で、風痺を除く上等の薬であり、脾胃を安定させる神効ある品である。”
  • “神農本草経に風寒湿痺、死肌、痙、疽を主るとあるのは、まさに風寒湿の3者が合して痺を形成するものだからであり、痺は 拘攣して痛むものである。”
  • “朮は風寒湿の三邪を除く効能があるため、よくそれが原因となっている疾病を除去するのである”
  • “朮は《神農本草経》には分別無く、陶弘景が赤・白の2種に分け、近世になって蒼・白の区別ができた。基本的の両方とも陽の薬草であるから、邪をさらせる薬効が強く、陰を益する効力はなく、薬性がかたよっていて、種々の効能を兼ね備えてはいない。”

《千金方》
  • “汗が止まらないものに、作末し方寸匕、1日2回”

《本草彙言》
  • “白朮は脾胃を助け、湿を散らし痺を除き、食滞を消し痞を除く主要な薬である。脾が虚し、健康でないものものえお、朮は補い、胃が虚して食物が収まらないのに対し、朮は援助することができる。”
  • “この薬物は、脾を健やかにし胃を和し、気を運び、血を利する働きがある。”
  • “人参・黄蓍といっしょになって肺を補い、枸杞・地黄と一緒で腎を補い。当帰・芍薬と一緒で肝を補い、竜眼・酸棗仁と一緒で心を補い、・黄連と一緒で胃火を瀉し、橘皮・半夏といっしょで脾土の働きを醒まし、蒼朮・厚朴と一緒で湿を燥かし脾を和し、天門冬・麦門冬と一緒で肺を養う”

《本草祟原》
  • “およそ脾を補おうと思ったら白朮を使い、脾の運化を願うときは蒼朮を使い、補と運化を双方とも欲したら、両方一緒に用いる”
  • “薬物に2種類があるけれど、実質的には1つである。《神農本草経》では蒼白を分けていない。”
  • “《傷寒論》の処方中は、みな白朮をもちいており、《金匱要略》の処方では、このほか赤朮を用いている。”
  • “赤朮は、つまり蒼朮で、オノ好洋は白朮とほぼ同じである。白朮は汗を止め、蒼朮は発汗させる”

《婦人良方》
  • “産後に嘔吐し、食せないものに、白朮5銭、姜6銭煎じ温服、”

《湯液本草》
  • “本草書の朮の条に蒼・白の名称はない”

《薬性提要》
  • 湿を燥し、脾を補い、小便を利し、泄瀉を止む

《古方薬品考》
  • 朮:湿水を除いて、尿道を調利せしむ

《薬徴》
  1. 「朮」水を利するを主る。故に能く小便の自利・不利を治す。旁ら身煩疼・痰飲・失精・眩冒・下利・喜唾を治す
  2. 「身煩疼」=からだのわずらわしい痛み。
  3. 「痰飲」=痰も飲も水のことで、体内にたまって病気の原因となる水を痰飲といい、これに(広義)のものと(狭義)のものがある。
    《金匱要略》の「痰飲病脈証并治」の篇に、「問曰、夫飮有四、何謂也。師曰有痰飲、有懸飮、有溢飮、有支飮。問曰、四飮何為異。師曰、其人素盛今痩水走腸間、瀝々有声。謂之痰飲云々」とあり、この痰飲は狭義のものである。
  4. 「失精」=精液が病的にもれること。
  5. 「眩冒」=頭に何か重いものをかぶっているようで、めまいすること。

《重校薬徴》
  • “朮:利水を主る”
    “故に小便不利、自利、浮腫、支飲冒眩、失精下痢を治し”
    “沈重疼痛、骨節疼痛、嘔渇、喜唾を兼治す”

《古方薬議》
  • 朮:湿を除き、水を利す

《中薬大辞典》
  • “脾を補い、胃を益し、湿を燥し、中を和す”
    “脾胃の気弱、飲食思わざるもの、倦怠少気、虚脹、泄瀉、痰飲、水腫、黄疸、湿痺、小便不利、頭暈、自汗、胎気不安を治す”







『白朮+黄蓍』
『白朮+
『白朮+
『白朮+葛根』
『白朮+乾姜』
『白朮+枳実』
『白朮+橘皮』
『白朮+桂枝』
『白朮+香』
『白朮+車前子』
『白朮+神麹』
『白朮+蒼朮』
『白朮+当帰』
『白朮+党参』
『白朮+人参』
『白朮+茯苓』
『白朮+附子』
『白朮+麻黄』
『白朮+木香』

温白丸《小児衛生総微論方》
寛中丸《全生指迷方》
枳朮丸《蘭室秘蔵》
香朮丸《普済方》
枳実湯《金匱要略》
朮附湯《近効方》
白朮丸《丹渓心法》
白朮酒《三因方》
白朮附子湯《金匱要略》



チェック
蒼朮」「生薬の薬性と薬向」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬