ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



白芍(びゃくしゃく)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告





[白芍][白芍薬]

ボタン科Paeoniaceae芍薬Paeonia lactiflora Pall.var.tricocarpa Streen.(=P.albiflora Pall)シャクヤクの根の外皮を除いて乾燥。
「抗芍」「抗白芍」=浙江省東陽産。
「川芍」「川白芍」=四川省中江産。

味は酸、性は微寒。
(生)Q涼補潤降収R 
(炒)Q平補潤降収R

肝経

補血薬。


“白芍酸寒腹痛痢 能収能補虚寒忌”
白芍、酸寒。能く収め、能く補う。瀉痢、腹疼、虚寒には与うること勿れ。《万病回春》




◎養血収斂、柔肝止痛。
   <1>血痺を除き
   <2>血脈を順調にし
   <3>心を和らげ
   <4>悪血洗い
   <5>癰腫を消し
   <6>腹痛を止め
   <7>血と膿を散らす
   <8>婦人の一切の病
   <9>産前産後の諸疾を治し
   <10>月経を順調に
   <11>腸風・瀉血・痔瘻・発背・瘡疥・目赤を治す。

◎養肝、鎮痛、養血、陰気を収斂する効能あり。
   <1>肝気不和による胸腹部疼痛
   <2>肝陽上亢による眩暈、月経不順

◎補血して肝の亢進を鎮める。

◎下痢と痢疾を治す。「煎・末・丸服。」

◎補肝によい。「粉末・煮て服用。」

◎血閉を治す。「煎じ・末・丸剤」

◎腹中疼痛には、これを主剤に使い、甘草で補う。「煎服。」

◎婦人のあらゆる疾病を治す。

paeoniflorin
paeonol
paeonin






<1>鎮痛作用
<2>鎮静作用
<3>抗炎症作用
<4>ストレス潰瘍予防作用
<5>血圧降下作用
<6>血管拡張作用
<7>平滑筋弛緩作用
<8>抗菌作用:
    赤痢菌、
    腸チフス菌、
    大腸菌、
    緑膿菌、
    ブドウ球菌、
    溶血性連鎖球菌、
    肺炎双球菌、
    百日咳菌

下痢には(炒)を用い、後重には(生)を用いる。《万病回春》
◎(酒炒):
  • 酒に浸し炒る。
  • 腹痛瀉痢、産後に用いるには(酒炒)にする


白芍の薬能
《神農本草経》
  • 邪気腹痛を主り、血痺を除き、堅積、寒熱疝を破り、痛みを止め、小便を利し、気を益す
《薬性提要》
  • 血脈を和し、陰気を収め、中を緩め、止痛する
《古方薬品考》
  • 否を排き、血を順らし、肌を固む
《重校薬徴》
  • 結実して拘攣するを主治す。
  • 故に腹満、腹痛、頭痛、身体疼痛、不仁を治し、下痢、煩悸、血証癰膿を兼治す
《中薬大辞典》
  • 血を養い肝を柔らぐ、中を暖め痛みを止む。陰を斂め汗を収む
  • 故に胸腹脇肋の疼痛、瀉痢腹痛、自汗盗汗、陰虚発熱、月経不調、崩漏、帯下を治す




『白芍+阿膠』
『白芍+黄U』
『白芍+甘草』
『白芍+枳実』
『白芍+亀板』
『白芍+柴胡』
『白芍+山茱萸』
『白芍+生地黄』
『白芍+熟地黄』
『白芍+石決明』
『白芍+代赭石』
『白芍+当帰』
『白芍+牡蛎』
『白芍+木香』
漢方薬 安中散



関連情報 芍薬

シャクヤク

赤芍






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査