ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方の病質



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





木・火・土・金・水の五行があらわす象意
  1. 神経・精神・内分泌
  2. 肝木の症状とは、肝臓と胆腑の症状
  3. 木性薬に鋭敏に反応する症状
小腸
  1. 思考・循環・血液
  2. 心火の症状とは心臓と小腸腑の症状
  3. 火性薬に鋭敏に反応する症状
  1. 消化・吸収・栄養
  2. 脾土の症状とは、脾臓と胃腑の症状
  3. 土性薬に鋭敏に反応する症状
大腸
  1. 呼吸・排泄・皮膚
  2. 肺金の症状とは、肺臓と大腸腑の症状
  3. 金性薬に鋭敏に反応する症状
膀胱
  1. 泌尿・生殖・生命力
  2. 腎水の症状とは、腎臓と膀胱腑の症状
  3. 水性薬に鋭敏に反応する症状






五行色体表




臓腑の生理、病理を弁証するのが臓腑弁証
薬味と薬効の関係を主体に組み立てられた症候群で、西洋医学でいう解剖学的臓器ではない。
  • 木は・・・肝臓と胆腑
  • 火は・・・心臓と小腸腑
  • 土は・・・脾臓と胃腑
  • 金は・・・肺臓と大腸腑
  • 水は・・・腎臓と膀胱腑


酸味薬の最大公約数的薬効を持つ薬物・・・木性薬
  • この薬効を持つ薬物は、

いろいろな症状が、「五行」によって、まずどの臓腑に該当するかを考え、
  • 次に、それらの症状が
    「気」であるのか「血」であるのか、
    「陽」であるのか、「陰」であるのか、
    「虚」であるのか、「実」であるか

・・・から弁証する 





「肝陰虚」
  • 神経機能、解毒機能、視覚異常、運動症状、涙量の異常、風邪などの症状の領域において、陰が虚している。すなわち、血虚と熱証を呈している状態
  • (肝虚)
    • 肝経の虚によって生ずる症状
    • “肝虚するときは、目・々として見る所なく、耳聞くところなく、善く恐れて人のまさに之を捕らえんとするが如し”《素問》


「心火旺」
  • 精神症状、循環機能、舌症状、味覚機能、血管症状、血液の異常、火邪といわれる領域において、火旺=陽盛のことで、熱証と実証を呈している状態。


「胃虚寒」
  • 栄養調節、消化機能、口唇の症状、口腔の異常、筋肉症状、唾涎の異常、湿邪といわれる症状の領域において、器質的障害をのぞいた腑の分野で虚寒すなわち虚証で寒証を呈している状態。

「肺陰虚」
  • 呼吸機能、排泄機能、鼻症状、嗅覚異常、皮膚症状、発汗の異常、燥邪といわれる症状の領域において陰が虚している、すなわち血虚と熱証を呈している状態。

「腎陽虚」
  • 生命機能、防衛機能、聴覚異常、骨格の症状、排尿異常、寒邪と言われる症状などの領域において陽が虚している。すなわち気虚と寒証を呈している状態。





腎虚
(老化)
腎陽虚 腎陰虚
顔色 青白いが、
軽度の場合は、変化しない。
普通か、やや赤みがかっている
口中 唾液が多く、全身・足がむくむ 口の中、唇が乾き、水分をとりたがる
排尿 量、回数ともに多くなり 尿量は少なめ
尿色 無色〜薄黄色 濃くなる傾向がある
大便 軟らかいことが多い 便秘になりやすい
参考 老人の失禁
膀胱括約筋の収縮力が低下
小児の身長の伸びが悪く、夜尿症傾向が強い。
漢方薬 海馬補腎丸
至宝三鞭丸
牛車腎気丸
八味地黄丸
知柏地黄丸
杞菊地黄丸
六味丸




(正常)


津液
が含まれる
陽は機能的な面を表す。「気」と関係が深く「陽気」と表現される
陰は物質的な面を表す。「血・津液・精」と関係が深く「陰液」と表現される
陽気と陰液のバランスがとれていれば無病と考える。
くずれ方を弁証してゆく




関連情報 」「熱証・寒証」「実証・虚証」「病位」「日本漢方陰虚」「古方の漢方処方」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」「漢方書籍五行色体表病名一覧」「脾虚」「肝鬱」「傷寒論






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査