ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



コーヒー(caffe)





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







肝臓がん
うつ病
MAO阻害剤
活性酸素
糖尿病





コーヒーの効能
<1>善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす。


<2>ねむ気を防ぐ
  • 脳は頭蓋骨の中で脳脊髄液の中に浮かんだ状態になっている。
  • 動物を眠らさないでおくと脳脊髄液中にプロスタグランジンD2が増えてくる。
    睡眠物質であるプロスタグランジンD2が増えたという情報は、アデノシン神経系を介して脳の奥に伝達される。
  • そして視床下部の眠りを引き起こす部位が働き、眠くなる。
    ところが、コーヒーの主成分であるカフェインはアデノシン神経系の働きをブロックし、脳が疲労して睡眠物質がたまってきたという情報の伝達を妨害する。そのため睡眠不足だという情報が脳に伝わりにくくなり、眠気が起きなくなる。
    ・昼寝の前に飲むと、20〜30分後にスッキリ目覚められる。



<3>脂肪分解作用がある(石川俊次・慶応義塾大学客員教授)
  1. コーヒーを飲んで1時間後(カフェインが血中に入る時間)に運動すると、カフェインが脂肪燃焼を助ける。ただし砂糖を入れないブラックコーヒーで
  2. コーヒーと脂肪燃焼の関係について、コーヒー1杯を飲んだ後に30分間ランニングをする実験を行った結果、“コーヒーを飲んで運動すると、通常よりもエネルギー消費量が高まり、その状態が5時間持続した”(鈴木政登・東京慈恵会医科大学教授)
    カフェインをラットに投与した実験でも、体重と脂肪が減少することが分かった。



<4>自律神経の働きを高めて肥満を防ぐ。



<5>糖尿病予防
  • 2004年3/10発行の米医師会誌(JAMA)は、コーヒーを飲む量が多いほど糖尿病に罹る危険が小さくなるというフィンランド国立公衆衛生研究所の調査結果を伝えた。
    フィンランドの研究所が35〜64歳の約14600人を調査した結果によると
    • コーヒーを
      飲んだ
      飲まない人
      に比べた効果
      1日3〜4杯 女性で29%、
      男性で27%糖尿病にかかる率が減少。
      1日10杯以上 女性で79%、
      男性で55%の減少となった。
  • 因果関係は不明だが、コーヒーに含まれているクロロゲン酸(抗酸化物質の1種)が血糖値調整に間接的役割を果たしている可能性がある。また、カフェインが膵臓からのインスリン分泌を促進させ、血糖を減少させることも考えられるという
  • 九州大学の調査
    毎日コーヒーを飲むと糖尿病の予防に効果があることが、九州大学の研究グループが実施した大規模調査で明らかになった。研究成果は英国の糖尿病専門誌に掲載。
    普段からコーヒーを飲む人は飲まない人に比べて、糖尿病やその一歩手前の「境界型」になるリスクが1〜4割低下する。
    1997年〜2002年、福岡県と熊本県で退官する自衛官の健診にあわせて調査に協力してもらった。糖尿病を判定する血液検査結果と、コーヒーを飲む頻度について約3200人のデーターを解析した。
    糖尿病が発症する「相対危険度」はコーヒーを飲まない人を[1]とすると、
    1. 1日に1〜2杯飲む人は[0.6]となった。
    2. 3〜4杯では[0.7]、5杯以上飲む人は[0.8]だった。

    糖尿病の境界型になる場合の危険度は
    1. コーヒー1〜2杯で[0.8]、
    2. 3杯以上は[0.6]となった



<6>ガン
  • コーヒーは膵臓がん・大腸がん・子宮体がんなど、糖尿病や肥満、運動不足がリスク要因となるがんを予防する。



<7>自殺を予防?
  • コーヒーを1日に2〜3回飲んでいる女性は全く飲まない女性と比べて自殺率が約1/3だった。と米ハーバード大医学部の河内一郎博士らが米医学誌(11日発行)に発表した。
    カフェインの精神高揚作用が関係しているとみている。
    1980年に、34〜59歳の心身共に健康な看護婦約86700人を選び、約10年間、追跡した。その結果、
    1. 飲まない人(約19400人)の自殺者は21人、
    2. 飲む人(約67300人)は35人だった。
    3. 全く飲まない人の自殺率を1とした場合、1日平均2〜3杯飲む人の自殺率は0.35と最も低かった。
    4. 同4杯以上飲む人は0.42・同1杯以下の人は0.76だった。

    飲む量が多いと自殺率はやや高くなるが、これらの人はストレスやアルコール摂取量も多く、カフェインのプラス効果を相殺してしまうとみている。
     カフェインは大脳皮質に作用して中枢神経を興奮させることが知られている



<8>乳児死亡や流産
  • コーヒーの多飲で流産などの恐れがあるという報告



<9>交感神経の働きが活発になる
  • ので、血圧・脈拍が上がりやすい。



<10>アレルギー・・・マンノオリゴ糖
  • コーヒー豆に含まれる『マンノオリゴ糖』に抗アレルギー作用がある可能性を○○が発見。
    アレルギー性細胞やアレルギー原因物質を抑制するビフィズス菌などの腸内細菌がマンノオリゴ糖を吸収すると、その効果を高めるという。
    アレルギー抗原の一種である卵白アルブミンを投与してアレルギーを起こしたラットを使った実験で確認。一方のグループのエサに2,5%のマンノオリゴ糖を混ぜて与えた。
    • テスト開始7週間後に
       [IFN-γ]=アレルギーを抑えるタンパク質、
       [IgE]=アレルギー原因物質、
       [好酸球]=アレルギー性細胞
      の量を測定。
      2グループの間では、
       [IFN-γ]・・・・変化が無かったが、
       [IgE]・・・・・約4割減少
       [好酸球]・・・約7割減少



<11>体を温める働きがあるので、
  • 低血圧や低体温の人におすすめ。



<12>心臓の拍動を刺激する
  脈拍数が少ない(60以下)の者には、有益な薬物となり、
  脈拍数が多い(90以上)の者には、有害な薬物となる。




<13>カリウムが多いので、


<14>胃酸の分泌を高める
  1. コーヒーの飲み過ぎと[胃潰瘍][胸やけ]には、因果関係が無かった。(英国のコーヒー科学情報センター)
  2. 胃酸過多のひとは、空腹時に飲まない。または、ミルクを加えると体内に吸収されるスピードが低下する。



<15>紫外線によるシミを防ぐ・・・
  • 1日にコーヒーを2杯以上飲む人は紫外線によるシミが少ない(近藤和雄・お茶の水女子大学大学院教授)



<16>アルファ波が出やすい
  • 杏林大学病院の古賀氏が、コーヒーの香りにリラックス効果があることを確認。
  • ブルーマウンテンのおだやかな香りの効果が高かった









肝臓ガン
  • 厚生労働省研究班
    厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一国立がんセンター予防研究部長)がコーヒーと肝臓ガンの関係をまとめ、2005年2/17、米医学誌で発表した。
    約9万人を対象にした大規模疫学調査。
    1日に5杯以上飲む人はほとんど飲まない人の1/4に発症率が低下するという結果。調査対象は40〜69歳の男女約9万人を約10年間追跡調査し分析した。
    • ほとんど飲まない人の発症率・・・・1.0
      毎日1〜2杯飲む人の発症率・・・・0.52
      毎日3〜4杯飲む人の発症率・・・・0.48
      毎日5杯以上飲む人の発症率・・・0.24
    になった。
  • 東北大チーム
    コーヒーを1日に1杯以上飲む人が肝臓ガンになる危険性は全く飲まない人の・・・・・6割程度。東北大の辻一郎教授(公衆衛生学)らが約61000人の追跡調査で確認。
    2005年1/22の日本疫学会で発表。
    辻教授によると、コーヒーに含まれるどんな物質が作用するかはよく分かっていないが、肝臓ガンの発症リスクを低下させる可能性があるほか、動物実験では成分のクロロゲン酸が肝臓ガンの発生を抑制したという報告もある。
    1984〜97年に、40歳以上の男女7〜9年間追跡調査。
    約61000人のうち、調査期間中に新たにガンになったのは117人だった。
    年齢や性別などの要因を考慮して解析した結果、全く飲まない人の危険度を[1]とした場合、1日平均1杯以上飲む人は[0.58]、1杯未満の人は[0.71]だった




子宮体ガン
  • コーヒーを1日3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、子宮ガンの一種「子宮体ガン」に罹るリスクが約6割低いとする大規模疫学調査の結果を2008年9/1発表した。
    厚生労働省研究班は、全国の40〜69才の女性約5万人4千人を最長15年追跡調査。コーヒー摂取のひんどによって4グループに分けて調べた。
       週に2日以下のグループに比べて
       毎日1〜2杯・・・39%低下
       毎日3杯以上・・・62%低下
    子宮体ガンの発症には女性ホルモンの『エストロゲン』や血糖値を調節する『インスリン』が関与すると考えられている。
    コーヒーを飲むと体内でこれらのホルモン濃度が低くなるため、ガン予防につながっている可能性がある。
    ただし、欧米での研究ではコーヒー摂取と子宮体ガンリスクとの関連は示されていない。
    欧米では更年期障害の治療に女性ホルモンを体外から補充する「ホルモン補充療法」が広く実施され、コーヒーによる予防効果が打ち消されている可能性がある



膀胱ガン
  • 2008年12/24、厚生労働省研究班は、タバコを吸わない男性ではコーヒーやカフェインを多く摂取している人ほど、膀胱ガンにかかるリスクが高くなると言う大規模疫学調査の結果を発表。
    コーヒーを多く飲む人は、発症リスクが最大で2.2倍になった。
    研究班は調査結果について「膀胱ガンを高めるリスクは喫煙の影響が大きい。カフェインの影響は小さく、今回の研究はコーヒーを飲まない方がいいというわけではない」という。
    国立がんセンターの倉橋典絵研究員は40〜69才の男女約10万人を、平均12.6年追跡調査した。期間中に男性164人、女性42人が膀胱ガンと診断された。
    全体で見ると、コーヒーやカフェイン摂取と発症リスクとの間に関連は見られなかった。しかし、タバコを吸わないか、過去に吸っていてもやめた男性に限って分析すると、コーヒーを1日に1杯以上飲む男性は「ほとんど飲まない」グループと比べてリスクが2.2倍になった。







コーヒー
コーヒーの木
  • コーヒーノキ(Coffea arabica)はアカネ科の常緑樹。
    原産地はエチオピアのアビシニア高原。


おいしく・・・・硬度50ぐらいまでの水を使うとまろやかになる
  • ○焙煎(煎り方)
    • 浅いと・・・酸味が強くなる
      深いと・・・苦みと香りが増す
    ○ひき方
    • 細かくひくと・・・味が濃くなり、苦み強調される
      粗くひくと・・・・・味は軽くなり、酸味が強くなる
  • ○ドリップで入れる
    1. 最適温度は・・・90℃
        熱すぎると・・・渋みが出る
        ぬるすぎると・・深みが出ない
    2. 蒸らすための湯を落とす
    3. 15分間蒸らす
    4. 湯を注ぐ


モカ
  • コーヒーの主要銘柄であるモカはエチオピアとイエメンが主な産地。
    日本の輸入の98%がこの2ヶ国。
    ところが、エチオピアの豆から2008年、基準を超える農薬が見つかった。厚労省が5月に検査を義務づけたところ、輸入を手控える動きが出ている。





コーヒー豆のかす・・・リチウムイオン電池
  • 2010年、ソニーは主要な部品を植物材料に置き換えたリチウムイオン電池を試作することに成功した。
    • 電極はトウモロコシやコーヒー豆の搾りかす。
    • 容器内部は木材、
    • 外装は生分解性プラスチックをもとに作った。
  • 将来、実用化できればレアメタルの使用量が減らせる。
  • 試作した電池は容量が8_アンペア時。これを2個つなぎ、液晶画面のない携帯音楽プレーヤーを1時間動かすことが出来た。充放電を10回程度くり返しても使えた。
  • 正極材料はレアメタルのコバルトの代わりにトウモロコシの糖分を使った「ロジゾン酸リチウム」で作った。負極はコーヒー豆の搾りかすを焼いた素材。両者を隔てるセパレーターには木材の繊維質(セルロース)の膜を用いた。


ルアックコーヒー・・・本物を見分ける
  • 福崎英一郎・大阪大学教授は、‘1杯1万円もするコーヒーが本物かどうかを見分けることが出来る’と話す。
  • インドネシア原産の「ルワク」(インドネシア語でルアック)という最高級コーヒー豆を焙煎し粉末にする。その後気化しやすくなるように処理し、長さ50bの細いガラス管の中を通す。管の内側に物質を付着させ、温度を上げたときの剥がれやすさで大まかに分離する。
  • さらに電気を帯びさせて重さごとに精密に分けて、検出器で分子の種類ごとに数をカウントする。
  • 数百種類の物質の量が判明。豆の種類や産地で異なる。




チェック
関連情報
うつ病」「MAO阻害剤」「活性酸素
糖尿病











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用