ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



カプトリル



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






ACE阻害剤
一般名 カプトリル
商品名 「アポプリール」「オンフルール」「カトナプロン」「カトプロン」「カプシール」「カプトーワ」「カプトリル」「カプトリル-R」「カプトルナ」「カプトロン」「カプトロン-R」「カポテック」「コーカプト」「コパプリル」「コロカルム」「ダウプリル」「メルカプリル」
1970年代にブラジルに生息するクサリヘビ科の「ハララカ」の毒からACE阻害剤が開発された。それを人間の胃腸でも分解されないように分子を改良して1975年カプトリルとして発売された。
バナナ園の労働者がハララカに噛まれると、血圧が急激に下がって気絶することがヒントとなった。
効能・用途
悪性高血圧
腎血管性高血圧症
本態性高血圧症




使ってはダメな者
禁忌
デキストラン硫酸セルロースを用いたLDLアフェレーシス施行中
・本剤の過敏症。
・他のACE阻害剤で血管神経性浮腫の既往歴がある者






必要
1.SLEなどの免疫異常がある者。
2.光線過敏症
3.高齢者。
4.重篤な肝障害
5.消化性潰瘍の者。
6.消化性潰瘍の既往歴
7.重篤な腎機能障害
8.腎動脈狭窄
9.造血障害
10.脳血管障害
相互作用 1.アロプリノールにより代謝が抑制される。
2.インドメタシンとの併用で降圧作用が減弱。
3.K保持性利尿薬で血清K値が上昇する。
4.リチウムの血中濃度が上昇する。




妊婦への影響 授乳を中止する。





カプトリル副作用(五十音順)
1.息切れ
2.胃部の不快感
3.嘔吐
4.咳嗽
5.かゆみ
6.肝障害
7.顔面紅潮
8.胸痛
9.胸部の不快感
10.起立性低血圧
11.筋肉痛
12.クームス試験で陽性。
13.血管神経性浮腫
14.血小板減少
15.血清カリウム値の上昇
16.下痢
17.抗核抗体が陽性になることがある。
18.口渇
19.口内炎
20.好酸球増多
21.嗄声
22.四肢のシビレ感。
23.歯痛が増強。
24.食欲不振
25.腎障害
26.頭重感
27.頭痛
28.脱力感
29.知覚異常
30.動悸
31.ねむけ
32.吐き気
33.発熱
34.白血球減少
36.汎血球減少
37.貧血
38.腹痛
39.発疹(好酸球増多を伴う)
40.味覚異常
41.無顆粒球減少

42.めまい
43.レイノー様症状





関連情報 薬効分類









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬