ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



CAR-T療法(免疫細胞療法)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



CAR-T療法
血液ガンに有効

2017年、米国で承認された「遺伝子改変T細胞療法」
血液ガンの一種を対象にした治験では1回の点滴で7~9割の患者で体内からガン細胞が無くなった。
効果が高いのはヒトが本来持っている免疫の仕組みを利用するため。

T細胞は免疫細胞の一種で、ウイルスに感染した細胞などを異物として認識、異物が無くなるまで徹底的に攻撃し続ける。
しかし、ガン細胞はウイルスと違って、自分の細胞がガン化してできるため、異物として認識しにくかった。


米セント・ジュード小児研究所のダリオ・カンバーナさんと今井千速さんらは、遺伝子改変技術を使ってガン細胞を異物として認識するCAR-T細胞を開発した。


T細胞の表面にガン細胞にくっつく抗体というタンパク質をくっつけ、抗体の裏側に異物を知らせるタンパク質と攻撃を仕掛ける命令を送るタンパク質をつないだ。

この細胞を臨床応用したのが、C・H・ジューン米ペンシルベニア大学教授。


点滴で患者の血管に入れると血液の中を駆け巡り、ガン細胞を発見すると体内からガンが無くなるまで、攻撃し続ける。
ただ、
今回承認されたCAR-T細胞は、ガン細胞とB細胞の両方を攻撃してしまう。
そのため、患者はB細胞を分泌する物質を点滴で補充する必要がある。CAR-T細胞が体内にある限りB細胞の補充は数年続く。

CAR-T細胞はT細胞に3種類の遺伝子を導入し、特殊な培養技術を用いる。




キメラ抗原受容体T細胞
=人為的に患者のT細胞を遺伝子操作し、強力な殺ガン細胞活性を
与えた遺伝子組み換え細胞。

世界初の組み換え細胞医薬です。

2017年8/30、ノバルティスがFDAから製造販売認可を取得した「CTL019」。
適応は、B細胞性急性リンパ芽球性白血病(小児と成人)。

CTL019はT細胞の細胞表面にB細胞性白血病細胞の表面に多数存在する「CD19」というタンパク質と結合する抗体を発現している。

この抗体がキメラ抗原受容体(CAR)です。

CARが白血病細胞と結合すると、CTL019が強力に活性化され、活性酸素や細胞傷害性のタンパク質を放出し、白血病細胞を死滅させる。

患者自身のT細胞にも抗原と結合するT細胞受容体があるが、CARに比べて結合力が弱く、


「従来のT細胞免疫療法」

患者のガン組織に浸潤したT細胞を体外で増殖し、移植する、従来の(T細胞免疫療法)と比べて、CAR-T細胞ははるかに強力。

重大な副作用が起きる恐れ
  • ガン細胞を殺す能力が高いため、死んだガン細胞が患者の体内でサイトカインを大量に放出させ、炎症やショック症状を引き起こすサイトカインシンドロームが起きる。


がんのくすりの種類
殺細胞薬 人工的に作った化合物でがん細胞を直接殺す
分子標的薬 化合物で、
がん特有の増殖因子などを阻害する
抗体医薬 異物を排除するタンパク質「抗体」で、
がん特有の増殖因子などを阻害する
がん免疫薬 抗体で、がんを攻撃するT細胞の攻撃力を高める
ex(オプジーボ)
CAR-T薬 T細胞の遺伝子を改良して
がんの発見力・攻撃力を高める
CAR-Tとは、異物を排除するT細胞を人工的に改良した細胞。
CARとは、がん細胞の表面にくっつくミサイルのような分子。


ガンのくすり
開発順 名称 治療薬
1970
年代
第1世代 BRM療法 丸山ワクチン
BCG
1990
年代
第2世代 サイトカイン療法 IL-2
IFN-α
第3世代 養子免疫療法 LAK
NK
1980
年代
第4世代 がん・ワクチン療法
抗体療法
ペプチドワクチン
2000
年代
第4,5世代 免疫チェックポイント阻害療法 抗CTLA-4抗体
 
(ヤーボイ)
抗PD-1抗体
遺伝子改変T細胞移入療法 CAR-T細胞





CAR-T(カーティ)
対象疾患
開発者 開発段階
B細胞性急性白血病 ノバルティス(スイス) 販売認可
急性リンパ性白血病 タカラバイオ フェーズ1・2
中国人民解放軍総合病院 フェーズ1・2
マントル細胞リンパ腫 カイトファーマ(米) フェーズ2・3
第一三共
非ホジキンリンパ腫 ジュノ・セラピューティクス フェーズ1
2017年現在



CAR-Tの開発
ノバルティス(スイス) 2017/8、世界初の薬「キムリア」米で承認取得
ギリアド・サイエンシズ(米) 米カイト・ファーマを2017/8、買収
セルジーン(米) 米ジュノ・セラピューティクスと2015から研究
ファイザー(米) 仏セレクティスの薬を使い、米で開発中。
武田薬品工業 2017/9、ノイルイミューンと提携。
iPS細胞研究所と共同研究。
第一三共 米カイト・ファーマの薬を使い、日本で開発中
タカラバイオ 2017/3、自社開発薬の臨床試験をはじめる。


「イエスカルタ」
CAR-T(カーティ)

2017年、ギリアド・サイエンシズは「血液ガン」への使用でFDAから承認を取得した。
米国での薬価は治療1回あたり37万3000㌦。
イエスカルタは9月にギリアドが119億㌦で買収した米カイト・ファーマが開発した。

イエスカルタは「CAR-T(カーティ)」と呼ばれる治療薬。
今回承認を受けたのは、治療歴のある大細胞型B細胞リンパ腫の成人患者向けの使用。



多発性骨髄腫
CAR-T細胞療法

2017年、保仙直毅・大阪大学准教授のチームが、血液のガンの一種「多発性骨髄腫」の細胞だけを攻撃し、大半を死滅させることにマウス実験で成功した。
11/6のネイチャーメディシン(電子版)に報告。

骨髄腫細胞の表面で異常に増加しているタンパク質を標的に攻撃する免疫細胞を、遺伝子操作して体外で作製し、増やしてから体内に戻す免疫療法「CAR-T細胞療法」として実用化する計画。

2019年に医師主導の治験を目指す。
研究チームは、血液細胞の一種がガン化した骨髄腫の細胞表面で、細胞同士の接着に必要なインテグリンベータ7というタンパク質が異常に増えていることに着目。

インテグリンベータ7は正常な血液細胞の表面にもあるあるため、骨髄細胞にだけ結合する抗体が必要だたが、チームはMMG49という抗体を発見した。



関連情報 T細胞  
NKT細胞
樹状細胞療法
  
腸管免疫  
免疫  
ウイルス療法 
ガン治療

細胞傷害性T細胞 
免疫チェックポイント阻害療法

制御性T細胞
免疫を高める食品











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査