ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



CAR-T療法(免疫療法の1つ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



関連情報 T細胞  
NKT細胞
樹状細胞療法
  
腸管免疫  
免疫  
ウイルス療法 
ガン治療

細胞傷害性T細胞 
免疫チェックポイント阻害療法

制御性T細胞
免疫を高める食品





開発順 名称 治療薬
1970
年代
第1世代 BRM療法 丸山ワクチン
BCG
1990
年代
第2世代 サイトカイン療法 IL-2
IFN-α
第3世代 養子免疫療法 LAK
NK
1980
年代
第4世代 がん・ワクチン療法
抗体療法
ペプチドワクチン
2000
年代
第4,5世代 遺伝子改変T細胞移入療法 CAR-T細胞
免疫チェックポイント阻害療法
抗CTLA-4抗体
 
(ヤーボイ)
抗PD-1抗体




CAR-T療法
キメラ抗原受容体T細胞
=人為的に患者のT細胞を遺伝子操作し、強力な殺ガン細胞活性を与えた遺伝子組み換え細胞。
世界初の組み換え細胞医薬です。

2017年8/30、ノバルティスがFDAから製造販売認可を取得した「CTL019」。
適応は、B細胞性急性白血病(小児と成人)。

CTL019はT細胞の細胞表面にB細胞性白血病細胞の表面に多数存在する「CD19」というタンパク質と結合する抗体を発現している。
この抗体がキメラ抗原受容体(CAR)です。

CARが白血病細胞と結合すると、CTL019が強力に活性化され、活性酸素や細胞傷害性のタンパク質を放出し、白血病細胞を死滅させる。

患者自身のT細胞にも抗原と結合するT細胞受容体があるが、CARに比べて結合力が弱く、


「従来のT細胞免疫療法」
(患者のガン組織に浸潤したT細胞を体外で増殖し、移植するのが、従来のT細胞免疫療法)と比べて、CAR-T細胞ははるかに強力。

重大な副作用が起きる恐れ
  • ガン細胞を殺す能力が高いため、死んだガン細胞が患者の体内でサイトカインを大量に放出させ、炎症やショック症状を引き起こすサイトカインシンドロームが起きる。





対象疾患 開発者 開発段階
B細胞性急性白血病 ノバルティス(スイス) 販売認可
急性リンパ性白血病 タカラバイオ フェーズ1・2
中国人民解放軍総合病院 フェーズ1・2
マントル細胞リンパ腫 カイトファーマ(米) フェーズ2・3
第一三共
非ホジキンリンパ腫 ジュノ・セラピューティクス フェーズ1
2017年現在













関連情報 樹状細胞療法

免疫チェックポイント阻害療法

腸管免疫

ウイルス療法

ガン治療


制御性T細胞

免疫を高める食品









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査