ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




カロチン




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告




カロチン   carotene
カロテノイド色素の1つ。
  • 「カロテノイドは、植物や動物など、天然界に幅広く存在する黄色〜赤色の天然色素群です。
    • 動物では甲殻類、魚、鳥、卵黄など、
    • 植物では高等植物の根、葉、花弁、種子、果実、花粉のような大部分の部位、また藻類、キノコなどで見られる赤、黄、橙色の大部分の色が、カロテノイドにより色調を得ています。
    カロテノイドという名前は、にんじん(Carrot)の黄色色素に由来しています。
    今日まで、約600種の脂溶性色素が天然源から単離されており、天然界における年間総カロテノイド生産量は、約100,000,000トンであるとされています。

  • カロテノイドは、カロチンキサントフィルに分類されます。
    カロテンとしても知られるように、炭素と水素から構成され、酸素を含有しているものに限りキサントフィルと呼ばれています。
    動物においては、これらの重要な物質を体内で生産することができないため、食物から摂取しなければなりません。

カロチンの作用
  1. 酸化防止作用
    • →活性酸素の働きを抑えて老化や発ガンを予防します
  2. 免疫機能を強化する働きがあります。
  3. 視覚機能を正常に保つ働きをもっています。
  4. 生殖機能を維持する作用があります。
  5. 形成異常(器官・組織・細胞の成長異常)を正常にします。

尿を使い色素成分測定
  • 2001年、独立行政法人食品総合研究所とカゴメ総合研究所は、緑黄色野菜などから摂取した色素成分を尿で簡単に測定する技術を開発した。従来は血液を採取して濃度を測る必要があった。新技術は負担が少なく、個人の野菜摂取量が適当かどうか容易に調べられる。
    開発したのは、カロチノイドの測定技術。カロチノイドは、体内で強い毒性を示す活性酸素を取り除く働きを持つ。新技術は尿を採取し有機溶媒を混ぜて液体クロマトグラフィーを用いて濃度を調べる。
    健康な男性15人から尿を採取して試したところ、全員からそれぞれ濃度の異なる6種類のカロチノイドが検出できた。この結果を血液中のカロチノイドの濃度と比較したところ、6種類すべてで相関性があることが分かった。特にトマトに含まれるリコピンとニンジンのβカロチンが高い相関性を示した。
    尿中のカロチノイドの濃度は血液中に比べいずれの1/1000だった。
    カロチノイドは水に溶けないため、分子量の低いタンパク質と結合して尿中に排出されると考えられている。ただ、タンパク質は特定されていない。







α-カロチン ニンジン(carrot)
β-カロチン ニンジン(carrot)、
緑葉、

サツマ芋
γ-カロチン ニンジン(carrot)、
アンズ
リコピン トマト、
スイカ、柿







ルテイン 緑葉、
卵黄
ツェアキサンチン 黄色トウモロコシ
クリプトキサンチン 黄色トウモロコシ、
パパイヤ、

カボチャ、柑橘類
カプサンチン トウガラシ
フコキサンチン コンブ、ワカメ
エキネノン ウニ
アスタキサンチン カニ、エビ、
サケ
プロビタミンA








肝臓ガン予防
「京都府立医科大学などの研究グループが2002年9/28日までに、野菜や果物に含まれるカロチンやビタミンEを組み合わせて服用すると肝臓ガンを予防できる可能性があることを確認した。
肝硬変患者に投与した結果、肝臓ガンを発症する比率が1/3以下に下がったという。
同医大の西野輔翼教授らが、C型肝炎などによるウイルス性肝硬変の患者の協力を得て実験した。
カロチン類19mg・ビタミンE50mgを最長で5年弱、毎日服用した46人は肝臓ガンの発症率が15%だったのに対し、服用しなかった45人は45%が発症した。
ファイトケミカル





で半減
2009年、農業・食品産業技術同号研究機構果樹研究所は静岡県浜松市の住民調査から、飲酒と喫煙の習慣が共にある人と比べて血液に含まれる色素成分カロテノイドが半分しかないことが分かった。
  • カロテノイドはビタミンAのもととなり、活性酸素を消す抗酸化作用を示す。
  • 飲酒や喫煙では共に活性酸素がつくられる。

30〜60代の男女1073人を対象に、
  • 毎日飲酒し喫煙するグループ(63人)のカロテノイドの血中濃度は飲酒も喫煙習慣もないグループ(579人)と比べると
    • βクリプトキサンチン・・・53%
    • βカロテン・・・・・・・・・・52%に減少していた。


関連情報 β-カロチン

リコピン

ルテイン

アスタキサンチン

肝ガン







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬