ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


ニンジン(人参)キャロット


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





ベーターカロチン
紅参
朝鮮人参
竹節人参
ドクニンジン

栄養療法
広告




にんじん carrot キャロット
キャロット画像
=野菜のニンジン。
  • 「セリ科ニンジン属の野菜で、アフガニスタンが原産地。細長い東洋系品種と太く短い西洋系品種があり、ともに古くは薬として利用されてきた。江戸時代に栽培されていた品種は東洋系が主流だったが、栽培の難しさから生産量が減少し、現在の主流は西洋系品種になっている。栽培には涼しい気候が適している」

  • 「ヨーロッパ・北アフリカ・中近東に分布する野生種からアフガニスタン北部で栽培型が成立しました。このアフガンニンジンが一方はペルシャ・アナトリアなどを経てヨーロッパに伝わりオランダで現在の『ヨーロッパ型』として分化し、もう一方はシルクロードを経て13世紀に中国に入り『アジア型』が分化し、西域(=胡)から来たダイコン(=羅蔔)として胡羅蔔と呼んだ。それが16世紀末に日本に渡来し『芹人参』『菜人参』などと呼ばれた。
    現在よく見かけるニンジンはヨーロッパ型、色鮮やかな金時ニンジンはアジア型で、鮮紅色はリコピンが含まれているため」
  • ◎現代の栽培種=(Daucus carota)

【英名】 carrot

【中国】 胡羅蔔




ずばぬけて多いカロチン
ビタミンAが不足すると一層風邪をひきやすい、日本人はビタミンAの多くを緑葉野菜からカロチンとしてとっている。→「β-カロチン 


カロチンの呼称がニンジンの英語名キャロットに由来するように、ニンジンのカロチン量はずば抜けて多く、中くらいの半本で、1日必要量がとれるほどである。ビタミンB群、C、カルシウム、鉄も多く、栄養的価値が高い。 


注意したいのは、ニンジンはビタミンC酸化酵素を含んでいる為に、他の野菜と合わせてジュースにすると、ビタミンCの効果を弱めてしまう。ミキサー中にあらかじめレモン汁や酢を少し加えて、酵素の働きを止めると良い。 


ニンジンはセリ科の1、2年草で、原産地のアフガニスタンあたりで東西に分かれ、オランダ・イギリスへと西方へ広がりながら改良されていったのが西洋系のニンジン、中国をへて東方へと伝わってきたのが東洋系のニンジンで、日本への伝来は十六世紀は葉も根と同様に食べていたが、明治以降は根だけを食べるようになった。 


いま普通に使うオレンジ色のニンジンは西洋系、主に日本料理に使う鮮紅色のニンジンが東洋系で、京ニンジン、金時ニンジンとも呼ぶ。 


カロチンは油脂に溶ける性質があるので、油脂を使って調理すると体内への吸収がよくなる







選び方 人参は芯(太いほうです)が小さいほうがベスト。
小さければ小さいほどいいのです。
そして赤色が濃いものを選びましょう。
生食 ニンジンは、生で食べるときには注意が必要。

・生のニンジンには
ビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、サラダにした他の材料のビタミンCも壊してしまう。

ところが、この酵素は
に弱い。そのため生のニンジンは酢の物にするか、酸味のきいたドレッシングをかけて食べましょう。

皮をむかずに食べましょう。甘みやカロチンは皮の部分に豊富に含まれているので、水でシッカリ洗って食べましょう。
成分 【ファルカリノール】falcarinol 

ガン組織の発達を抑制するニンジンの成分。 
英国ニューカッスル大学とデンマーク農業科学研究所の共同研究で発見。www.ncl.ac.uk




成分 ゴボウ ニンジン カブ ダイコン
カロリー 76kcal 32kcal 18kcal 18kcal
タンパク質 2.8g 1.2g 0.9g 0.8g
脂質 0.1g 0.2g 0.1g 0.1g
カルシウム 49mg 39mg 37mg 30mg
0.8mg 0.8mg 0.3mg 0.3mg
ビタミンA 4100IU
ビタミンB1 0.04mg 0.07mg 0.03mg 0.03mg
ビタミンB2 0.07mg 0.05mg 0.03mg 0.02mg
ビタミンC 4mg 6mg 17mg 15mg
ビタミンE 0.5mg 0.4mg
ナイアシン 0.6mg 0.9mg 0.6mg 0.3mg
カリウム 330mg 400mg 230mg 240mg
リン 60mg 36mg 24mg 22mg





ニンジン(キャロット)の精油
  • 精油は、葉・根・花・種子から蒸留されます。

@アレルギー抑制効果
  • 「ニンジンジュースに『花粉症』や『アトピー性皮膚炎』といった「「T型アレルギー性疾患」の抑制効果があることを動物実験で確認した。
  • 徳島県で開かれた日本薬学会で発表した。

  • 実験では、各5匹のマウスにニンジンジュースをそれぞれ与え、その後アレルギーの原因物質のアレルゲンを2度に渡り注射した。与えたニンジンは人間換算で1日4本分に相当する。そして水・ニンジンジュースを与えてから1週間後に血液と脾臓細胞を分析した。
    血液分析では、アレルゲンに接することで生じ、T型アレルギーを起こす抗体タンパク質「IgE」を測定した。ニンジンジュースを飲んだマウスは水を与えたマウスに比べてIgEの量が半分に留まった。
    脾臓細胞分析では、IgEの生産につながるインターロイキン-4(IL-4)を測定、やはりニンジンジュースグループは水グループに比べて2/3に留まった。
    T型は花粉症アトピー性皮膚炎気管支喘息ジンマシンなどを引き起こす最も身近なアレルギーのこと。


A皮膚ガン
  • 紫外線から肌を守る。
    「南米では日光浴の前にニンジンジュースを飲んだり、ニンジンを食べる。」

Bガン・・・免疫力を高める食品 


C肝臓と胆嚢の強壮作用
D皮膚の潰瘍 

















関連情報 ベーターカロチン」「紅参」「朝鮮人参」「竹節人参」「ドクニンジン」「紫外線」「アレルギー」「潰瘍」「肝機能障害」「胆嚢炎」「ビタミンC」「栄養療法」「ワイルドキャロット」「糖尿病」「β-クリプトキサンチン」「アルツハイマー病






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査