ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



セルシン
ジアゼパム(DZP)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



催眠鎮静剤
一般名 ジアゼパムdiazepam (DZP)
商品名 [オイホリンP][オイホリン][コンディション][ジアゼパム][ジアパックス]
[セエルカム][セルシン][セレナミン][セレンジン][ソナコン][ダイアップ]
[パールキット][ホリゾン][リリーゼン][リリバー]
作用機序 ◎おだやかな鎮静作用と、筋肉のコリをほぐす作用があるので、精神的な緊張による種々の症状を改善します。
◎中枢のGABAA受容体サブユニットに結合しGABAの親和性を増大してCl透過性を増強する。これによって神経細胞は過分極状態となり神経細胞膜の興奮性は抑制されます。
効能

用途

(五十音順)
<1>以下の疾患における不安・緊張・抑うつ及び筋緊張を軽減させる。
「アルコール中毒」
「胃・十二指腸潰瘍」
「ガン」
「眼精疲労」
「頸肩腕症候群」
「月経前緊張症」
「高血圧症」
「甲状腺機能亢進症」
「更年期障害」
「神経性嘔吐」
「神経性頻尿」
「周期性嘔吐」
「自律神経失調症」
「頭部外傷後遺症」
「動脈硬化症」
「脳炎後遺症」
「肺結核」
「不随意運動症」
「慢性リウマチ性疾患」
「腰痛症」
「幽門ケイレン症」
<2>うつ病における不安・緊張。
<3>神経症における不安・緊張・抑うつ。
<4>脳脊髄疾患に伴う筋ケイレン・疼痛に。
<5>麻酔前投薬。

用法用量 1回2〜5mg
1日2〜4回




抗不安剤のジアゼパム
(ごく少量) 極少量を飲み薬として服用すると、不安を抑える作用があり、
(増量) 量を増やすと、鎮静作用があり、睡眠剤にもなり。
(注射) 痙攣を起こした人の静脈に比較的大量に注射すると、ケイレンを止め、筋肉の緊張の和らぐ。
(大量を注射) さらに急速に大量投与すると、全身麻酔剤




使ってはダメな者
禁忌
1.急性狭隅角緑内障
2.重症筋無力症
3.ショック
4.バイタルサインの悪い急性アルコール中毒。
5.昏睡
併用禁忌 リトナビルとの併用
慎重な
投与

が必要
1.肝障害がある者
2.高齢者
3.呼吸不全の者(中等度〜重篤な者まで)
4.小児→乳幼児
5.心障害がある者
6.腎障害がある者
7.衰弱者。
8.脳に器質的障害がある者。
相互作用 飲酒で作用が増強する。
MAO阻害薬
シメチジン
中枢神経抑制薬

リトナビル・・・併用禁忌




中毒 ○治療有効濃度範囲
トラフ値・・・・0.5〜1µg/ml
○中毒症状:
[ふらつき][眠気][めまい][運動失調][昏睡]
妊婦への影響 授乳しないことが望ましい



セルシン/ジアゼパム (DZP)
副作用
(五十音順)
  1. 依存性を生じる(大量連用で)
    • 依存性 ケイレン発作
      譫妄
      振戦
      不眠
      不安
      幻覚
      妄想などの禁断症状
      →徐々に減量

  2. 黄疸・・・→中止し処置
  3. 嘔吐
  4. 悪心
  5. かすみ目
  6. 顆粒球減少
    血液系 顆粒球減少
    白血球減少
    →中止、処置必要
  7. 気道閉塞(舌根が沈下して)・・・
    • 発生率は0.1%〜5%未満

  8. 禁断症状(投与量を急減させると)
  9. 血圧低下
  10. 言語障害
  11. 倦怠感
  12. 口渇
  13. 呼吸抑制(呼吸疾患で)
  14. 錯乱(精神障害者で)・・・
    • 統合失調症などに投与で→中止・処置

  15. 刺激興奮(精神障害者で)
  16. ショック(循環性)・・・→中止し処置が必要。
  17. 食欲不振
    消化器系 悪心
    嘔吐
    食欲不振
    便秘
    口渇
  18. 徐脈
  19. 失禁
  20. 失神
  21. 振戦
  22. 頭痛
    精神神経系 眠気
    ふらつき
    眩暈
    歩行失調
    頭痛
    失禁
    言語障害
    振戦
    かすみ目(霧視)
    複視
    多幸症
  23. 多幸症
  24. 脱力感
  25. ねむけ
  26. 白血球減少
  27. 頻脈
  28. 複視
  29. 浮腫
  30. ふらつき
  31. 便秘
  32. 歩行失調
  33. 発疹(過敏症)・・・→中止
  34. めまい


厚生労働省副作用情報
  • 平成18年1/1〜3/31
    • 心停止1
      心肺停止1
      意識レベルの低下1
      肝不全2
      易刺激性1
      喉頭浮腫1
      発疹1
      ショック1
  • 平成20年4/1〜9/31
    • 死亡
      薬疹
      間質性肺疾患
      肝障害
      散瞳
      瞳孔障害
      紅斑性皮疹
      落ち着きのなさ
      認知障害
      コミュニケーション障害
  • 平成20年10/1〜平成21年2/28
    • 多形紅斑1
      低換気1
      気管軟化症1
      好酸球増加と全身症状を伴う薬疹1
      アナフィラキシーショック1
      下痢2
      呼吸停止2
      嘔吐2
  • 平成22年1月1日から平成22年3月31日
    • タバコ相互作用 1
      意識変容状態 1
      異常行動 1
      肝機能異常 1
      傾眠 2
      呼吸抑制 1
      無呼吸 1
      (注射)
      心肺停止
      (不明)
      筋緊張低下 1
      中毒性表皮壊死融解症


関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査