なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
チクングニヤ
chikungunya

チェック
デング熱」「虫さされ



チクングニア
  • チクングニアとは?
    1. ネッタイシマカによって媒介される、チクングニアウイルスの感染で発症する。
      • チクングニアとは、タンザニアのマコンデ高原の人々の言葉で「反り返るもの」という意味
    2. 1953年、タンガニーカで流行したウイルス性熱病
    3. デング熱に似ているが頭痛を伴わない。
    4. デング熱や黄熱と同様に、ネッタイシマカによって運ばれる
    5. オニョンニョンウイルスとともにアルボウイルスに属し,治療法はない
    6. 重症化すると死に至る。
      感染予防のワクチンは・・・無い
  • 感染症
    • 2010年チクングニア熱を「第4類感染症」に指定することが決まった
  • チクングニアの症状
    • 発熱や関節痛、発疹などの症状が出る。
      症状が治まった後にも、関節痛が長く続くことがある。そのため、熱帯地方では農作業ができなくなるなどの問題が起きている。


  • 帰国した日本人で発症
    • 2009年、インドネシアやマレーシアから帰国した日本人で発症。
      チクングニアはアフリカや南アジアなど熱帯地域を中心に流行する。従来、ウイルスを媒介するのは熱帯地域などに住む「ネッタイシマカ」という蚊だった。このため、日本など温帯地帯の先進国では海外からの帰国者から見つかることがあっても、国内で流行することは無いと考えられてきた。
      ところが、2006年以降、温帯地方にも生息する「ヒトスジシマカ」がネッタイシマカに代わり主要な媒介蚊として浮上してきた。
      ウイルスの遺伝子が変異したと見られている。
      2007年、伊太利亜北部の村で約3000人が感染し1人が死亡。
      2009年、タイでは3万人以上が感染。マレーシアやシンガポールでも数百人〜数千人単位で患者が確認された。
      ヒトスジシマカは日本でも東北地方以南に生息する。
  • 4人
    • 2012年、関節が変形する後遺症がでる恐れがある「チクングニヤ熱」の患者が6〜7月、国内で4人見つかった。
      感染研によると、チクングニヤ熱は主にアジアやアフリカに分布し、2〜12日の潜伏期を経て発熱や関節炎などの症状が出る。
      死亡率は低いものの、数ヶ月にわたって関節に痛みが続き、曲がったまま戻らなくなる可能性もある。ウイルスを含む感染者の血液を吸った蚊で被害が広がる。
      国内では6〜7月、パプアニューギニアやカンボジアなどへの渡航歴がある計4人からウイルスを検出。
フランスで感染
  • 2014年、フランス南部で感染が確認された。フランス南部のモンペリエで9/20〜10/12にかけ、同じ加須高の4mニンに症状が現れ、12/20の検査で感染が確認された。
  • 4人は過去15日以内に海外への渡航歴は無かった。
  • チクングニア熱は主にアジアやアフリカに分布。死亡のリスクは少ないが、発熱や頭痛、筋肉の痛みを伴うデング熱とよく似た症状がでる。




健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬