ドクトルアウンブリプラチン
Briplatin
トップページ栄養病気老化予防病院ランキング血液検査
トップへ戻る副作用シスプラチン
抗ガン剤 シスプラチン(一般名) 【毒】
商品名 「ブリプラチン」「ランダ(Randa)」
作用機序 ★白金醋化合物。ガン細胞のDNAに結合し細胞増殖にブレーキをかける。
★塩素イオンの低い細胞内では反応性に富み、核酸塩基と結合する
★主に、DNAの1本鎖内架橋や2本鎖間架橋を作り、DNA合成や腫瘍細胞に分裂を阻害する
殺細胞効果は濃度依存性である
効能
効果
胃ガン(E法が標準)
睾丸腫瘍(A法が標準、ときにC法)
子宮頸ガン(A法が標準、ときにE法)
食道ガン(B法が標準、ときにA法)
腎盂・尿管腫瘍(A法が標準、ときにC法)
神経芽細胞種(E法が標準)
前立腺ガン(A法が標準、ときにC法)
頭頚部ガン(D法が標準、ときにB法)
肺ガン<非小細胞>(E法が標準、ときにF法)
膀胱ガン(A法が標準、ときにC法)
卵巣ガン(B法が標準、ときにA法・C法)
使用方法 [A法]:15〜20mg/平方b(体表面積)を1日1回、5日間連続投与、2週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する。
[B法]:50〜70mg/平方b(体表面積)を1日1回、3週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する。
[C法]:25〜35mg/平方b(体表面積)を1日1回、1週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する。
[D法]:10〜20mg/平方b(体表面積)を1日1回、5日間連続投与、2週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する。
[E法]:70〜90mg/平方b(体表面積)を1日1回、、3週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する。
[F法]20mg/平方b(体表面積)を1日1回、5日間連続投与、2週間(少なくとも)休薬<1クール>。後反復する
使ってはダメな者
禁忌
・重篤な腎障害がある者。
・妊婦。
・本剤過敏歴ある者





が必要
・肝障害
・感染症合併
・高齢者
・骨髄抑制
・小児
・腎障害
・水痘
・聴覚障害
・長期間本剤使用
相互作用 ・他の抗悪性腫瘍薬との併用で骨髄抑制が増強する。
・放射線照射で骨髄抑制が増強される。
・アミノグリコシド系薬との併用で腎障害・聴覚障害が増強する。
・アンホテリシンBとの併用で腎障害が増強する。
・バンコマイシンとの併用で腎障害・聴覚障害が増強する。
・ピレタニドとの併用で聴覚障害が増強する。
・フェニトインの血中濃度が低下する。
・フロセミドとの併用で腎障害・聴覚障害が増強する



(五十音順)
アナフィラキシー様症状
意識障碍
イレウス

うっ血性心不全
うっ血性乳頭
AL-P上昇
SIADH(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)
SIADH 低ナトリウム血症
低浸透圧血症
尿中ナトリウム排泄量の増加
高張尿
ケイレン
意識障害
→中止。水分摂取量を制限
黄疸・・・・・→減量・休薬・中止・処置
悪心・・・ほとんど全例・・・・処置必要
嘔吐
横紋筋融解症
横紋筋融解症 CK上昇
血中ミオグロビン上昇
尿中ミオグロビン上昇
中止・処置

肝機能障害・・・・→減量・休薬・中止・処置
間質性肺炎
間質性肺炎 発熱
咳嗽
呼吸困難
胸部X線異常
→中止。ステロイド投与

吃逆

球後視神経炎
視覚障害 うっ血性乳頭
皮質盲
球後視神経炎
→中止

急性腎不全
急性膵炎(血清アミラーゼ・血清リパーゼ異常)→中止
胸内苦悶
狭心症
劇症肝炎・・・・・→減量・休薬・中止・処置
血圧低下
血尿
血小板減少
血圧低下
血糖値が上昇
下痢
ケイレン
眩暈
言語障害
抗利尿ホルモン分泌異常症候群
高尿酸血症
口内炎

呼吸困難
ショック
GOT上昇
GPT上昇
骨髄抑制 斑血球減少
貧血
白血球減少
好中球減少
血小板減少
→頻回に
血液検査
必要
異常がでたら
減量・休薬・中止
色素沈着
消化管出血・・・・・→減量・休薬・中止・処置
消化性潰瘍・・・・・→減量・休薬・中止・処置
消化管穿孔・・・・・→減量・休薬・中止・処置

食欲不振
心電図異常
心房細動
頭痛
全身倦怠感
全身浮腫

タンパク尿
脱毛
チアノーゼ
ショック・アナフィラキシー チアノーゼ
呼吸困難
血圧低下
胸内苦悶
中止し処置

聴力低下(高音域)
手足のシビレ
テタニー症状
電解質(Na・K・クロール・Ca・リン・Mg)異常→低ナトリウム血症
動悸
疼痛

糖尿病が悪化する・・・→中止・処置
難聴
脳梗塞・・・・→中止
発熱
白血球減少
汎血球減少
皮質盲
貧血
頻脈
腹痛
腹部膨満感
便秘

乏尿
発疹
ほてり
味覚異常

耳鳴り
無尿

溶血性尿毒性症候群
溶血性尿毒性症候群 血小板減少
溶血性貧血
腎不全
→定期的な
血液・腎機能検査
異常で中止処置
溶血性貧血(クームズ陽性)・・・→中止
レールミッテ徴候
レイノー症状
妊婦への影響 投与しない。動物で再奇形作用。胎仔致死率の増加。
参考 ・腎毒性が強いので水分補給を十分に行う。
・催吐作用が強いので催吐剤(デキサメサゾンと5-HT)を併用。