ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



コントミン(Contomin)
ウインタミン


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




強力な精神安定剤
一般名 塩酸クロルプロマジンフェノチアジン類
商品名 [ウインタミン][塩酸クロルプロマジン]
[
コントミン][ベゲタミン]
作用機序 ★中枢神経と自律神経を抑制することで鎮静作用と制吐作用を示す。
★幻視・幻覚などの異常行動や不安を取り除く作用がある。
★中枢のD2-受容体及びα1-受容体を遮断する。
★中等度の抗精神病効果・鎮静作用・錐体外路系に対する作用がある。
効能・用途
(五十音順)
★精神分裂病・躁病・神経症における不安・緊張・抑うつ。
★嘔吐・悪心吃逆。
★破傷風におけるケイレン。
★麻酔前投薬。
★人工冬眠
★催眠・鎮静・鎮痛剤の効力増強に。
用法用量 ・通常・・・・・・・・・1日30〜100mg(分服)
・精神科領域・・・1日50〜450mg(分服)




使ってはダメな者
禁忌
★エピネフリン投与中
★昏睡状態
★循環虚脱状態
★強力な中枢神経抑制薬を投与中。
★フェノチアジン類に過敏歴ある者。
★皮質下部の脳障害。
★エピネフリンとの併用はエピネフリンの作用が逆転する
慎重な
投与

が必要
栄養不良状態。
褐色細胞種
肝臓障害ある者。
ケイレン性疾患がある者・その既往歴がある者。
血液障害がある者。
高温環境にいる者。
高齢者
呼吸器感染症。
心疾患がある者。
喘息(重症)の者。
脱水状態の者。
動脈硬化症の者。
肺気腫の者。
幼小児。
相互
作用
以下の薬との併用は要注意。
中枢神経抑制薬
降圧薬
アトロピン様作用薬
★有機リン殺虫時との接触に注意。
★飲酒で相互に作用が増強する。
★リチウムとの併用で心電図に変化、重症の錐体外路症状、持続性ジスキネジアなど。
★ドンペリドン・メトクロプラミドとの併用で内分泌機能調節に異常、錐体外路症状を起こす。
★ドパミン作動薬との併用で相互に作用が減弱する。
★メチルフェニデートとの併用で血中濃度が上昇する。
接触注意 有機リン殺虫剤・・・相互に作用増強する



中毒 ○治療有効濃度範囲・・・30〜350ng/ml
○中毒症状
[錐体外路症状]
[血圧降下]
[頻脈]
[不整脈]
[悪性症候群]
[腸管麻痺]
[肝障害]




妊婦への影響 投与しないことが望ましい。
高齢者への影響 起立性低血圧、錐体外路症状、脱力感、運動失調、敗醤障害が起きやすい。
服薬指導 眠気・注意力・集中力・反射神経の低下→自動車の運転などの危険な機械操作を避ける。



コントミンの副作用(五十音順)
  1. アカシジア(静座不能)
  2. 悪性症候群(Syndrome malin)。
    悪性症候群 筋強剛
    嚥下困難
    頻脈
    血圧変動
    発汗
    →発熱→中止し、
    体冷却。水分補給
    白血球増加
    血清CK上昇

  3. 意識障害。
  4. エリテマトーデス(SLE)様症状。
  5. 嚥下困難
  6. 黄疸
  7. 嘔吐
  8. 悪心
  9. 横紋筋融解症
  10. 角膜混濁(長期投与で)。
  11. 角膜色素沈着。
  12. 過敏になる(易刺激)
  13. 顆粒球減少症
  14. 肝障害
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    γ-GTP上昇
    →中止し処置

  15. 眼内圧亢進
  16. 強度のこわばり(筋強剛)
  17. 口が不随意運動を起こす(長期投与で)。
  18. ケイレン
  19. 月経異常
  20. 血小板減少性紫斑病
  21. 血圧変動
  22. 血圧低下
  23. 下痢
  24. 眩暈
  25. 倦怠感
  26. 口渇
  27. 光線過敏症
  28. 高張尿
  29. 興奮
  30. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)・・→中止
  31. 再生不良性貧血・・・・→減量又は中止
  32. 錯乱
  33. ジスキネジア(口周部の不随意運動・四肢の不随意運動)
  34. ジストニア(眼球上転・眼瞼痙攣・舌突出・痙性斜頸・頸後屈・体幹側屈・後弓反張)
  35. 視覚障害
    眼の障害 視力低下
    夜盲
    暗順応障害
    角膜混濁
    水晶体混濁
    角膜の色素沈着

  36. 心室頻拍(トルサ・デ・ポアン)
  37. 射精不能
  38. 縮瞳
  39. 食欲不振
  40. 女性化乳房
  41. 心疾患が悪化する。
  42. 水晶体混濁(長期投与で)。
  43. 錐体外路症状
    錐体外路障害 パーキンソン症候群
    ジスキネジア
    ジストニア
    アカシジア

  44. 頭痛
  45. 舌苔
  46. 体重増加
  47. 遅発性ジスキネジア
  48. 遅発性ジストニア・・・長期投与で口周辺で不随運動
  49. 低浸透圧血症
  50. 低ナトリウム血症。
  51. 糖尿
  52. 突然死
    QT間隔延長
    T波の平低化や逆転
    二峰性T波
    U波の出現
    →突然死

  53. 乳汁分泌
  54. 尿失禁
  55. 尿中にナトリウム排泄量が増加。
  56. 尿閉
  57. パーキンソン症候群(手指振戦・筋強剛・流涎)
  58. 発汗
  59. 発熱
  60. 鼻づまり(鼻閉)
  61. 白血球減少症
  62. 皮膚の色素沈着
  63. 頻尿
  64. 不安
  65. 不整脈
  66. 不眠
  67. 浮腫
  68. 便秘
  69. 麻痺性イレウス・・・・→中止
  70. 脈拍数が多くなる(頻脈)
  71. 無顆粒球症・・・・→減量又は中止
  72. 無尿
  73. 無反応(無動緘黙)
  74. 網膜色素沈着。
  75. 溶血性貧血




厚生労働省副作用情報
  • 平成15年7/30〜10/26
    • パーキンソニズム1
      意識レベルの低下1
      肝障害3
      向精神薬悪性症候群1
      心筋炎
      深部静脈血栓症1
      胆汁うっ滞1
      肺塞栓症
  • 平成16年4/1〜7/31
    • 便秘1
      黄疸1
      肝障害3
      側反弓1
      横紋筋融解症
  • 平成16年8/1〜11/30
    • 糖尿病1
      肝機能異常1
      向精神薬悪性症候群1
      肺炎1
      持続勃起症1
      肺塞栓症1
      横紋筋融解3
      腸壁嚢状気腫症1
      深部静脈血栓症
  • 平成17年4/1〜8/31
    • 錐体外路障害1
      肝機能異常2
      向精神薬悪性症候群2
      持続勃起症




関連情報 悪性症候群






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査