ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



(COPD)
慢性閉塞性肺疾患




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



COPDの漢方薬
小柴胡湯
  1. 2次感染罹患回数を減少させ、NK細胞を活性化(比較臨床試験)




慢性閉塞性肺疾患
(CPOD) Chronic Obstructive Pulmonary Disease
慢性閉塞性肺疾患の病態
  1. 有毒な粒子・ガスの吸入により生じた肺の炎症反応に基づく進行性の気流制限を呈する。
    様々な程度の可逆性を認め、発症と経過が緩徐であり、労作時の呼吸困難を呈する。
  2. 病変の主座は、末梢気道であるが、肺胞の破壊が優位なものが、いわゆる慢性肺気腫、中枢病変の進行が優位なものが慢性気管支炎である。
  3. 臨床症状は、慢性のセキ、喀痰、労作時の呼吸困難がある。
  4. 発症の危険因子として長期間の喫煙歴、職業上の粉塵暴露歴があげられる




別名・・・・タバコ病
  • 欧米では“たばこ病”とも呼ばれる病気で、有害物質を長期間吸い込んだために気管支が炎症を起こし、呼吸機能が低下するもの

  • 肺の生活習慣病とも呼ばれています
  • 主に慢性気管支炎と肺気腫からなります。
    1. 慢性気管支炎」は気管支が炎症を起こして、セキや痰が常に出ます。
    2. 肺気腫」は肺が破壊されて穴が開き、進行するとすき間だらけになる病気です。
    3. 咳やタンは少ないのですが、呼吸機能が衰えて、息を吐き出しにくくなる病気です。肺の古い空気が吐けない状態になる。
    順天堂大学などが調査したところ、全人口の約4%、約300万人が罹っていることが分かりました。 世界の死亡原因の第4位
  • 最近、WHOがまとめた治療指針によると、
  • COPDは日常生活に支障を来すほど肺機能が低下する。
  • 世界の患者数は喘息よりも多いとされるが、患者の多くは診断を受けていない。
    ☆50歳以上で喫煙歴が長い人は特に要注意。
    この病気では患者の大半が喫煙者で、タバコの本数が多く喫煙歴が長い人ほどリスクが高まる。」
  • 重症になると歩くだけでも息苦しく、寝たきりの原因になる





女性・・COPDが重症化しやすい
  • (理由)
    1. 男性より肺が小さく、相対的に気管の容積が大きい。
    2. 女性ホルモンのエストロゲンが少なくなると、COPDを発症しやすくなる
    3. 女性の気道は外部からの刺激に過敏に反応する

60才以上・・・・ほぼ全員
  • 2009年、米系製薬会社ファイザーは、長期の喫煙が健康に及ぼす影響について10年以上の喫煙歴がある人を対象に調査結果をまとめた。
    60才以上ではほぼ全員の喫煙者にCOPDの疑いがあることが明らかになった。
    40歳代では・・20%程度だった。

診断法は?
  • 1秒間に吐き出せる息の量を肺活量で割った値を1秒率といいます。
    すなわち、鼻をつまんで息を吸い一気にはき出した時の量(努力肺活量)と、最初の1秒間にはき出した量(1秒量)を測定し、1秒量を努力肺活量で割った値が1秒率です。
    呼吸機能が低下すると、一度にたくさんの息を吐き出せないので、1秒率は低下します。その値が70%未満になったらCOPDと診断します。症状が進行するつれて、値はさらに下がります。
    ただ、診断に威力を発揮するスパイロメトリーという肺機能検査装置を持つ開業医は少ない

慢性閉塞性肺疾患の検査
  1. スパイログラム・・・診断に必須の検査
  2. 胸部X線
  3. フローボリュームj曲線
  4. 胸部CT
  5. 経皮酸素飽和度(po2
  6. 動脈血ガス

タバコ
  • 肺ガンは、タバコを吸わない人でもなります。
  • 特に女性はそうです。
  • ところがCOPDは患者の95%が喫煙者です。タバコを吸っている人のすべてが罹るわけではありませんが、喫煙者の15%~20%ぐらいがCOPDになるとされています。
    タバコの影響を受けやすい体質の人は、65歳ぐらいになると、日常生活をしていても呼吸困難に陥る人が多くなります。
    タバコを止めれば症状の悪化のペースは一般的に遅くなります。70歳まで吸っていても、禁煙すれば効果は表れます。COPDに罹りやすい体質かどうかを調べる方法は今のところ無いので、禁煙することが大切です
    いったん壊れた肺は元に戻らない、残った肺を大切に使っていかねばならない

ビタミンC不足と喫煙が原因
  • 東京都老人総合研究所と順天堂大学の研究チームは2006年9/13、高齢者に多い肺の病気『慢性閉塞性肺疾患(COPD)』が、ビタミンC不足と喫煙が原因で起きることをネズミの実験で確認した。
    COPDの初期症状は息苦しさが目立ち、進行すると呼吸困難となって死に至る。患者数は急増している。
    石神昭人東京都老人総合研究所主任研究員と瀬山邦順天堂大学医学部助教授らの成果で、米国胸部疾患学会雑誌に掲載。
    ネズミはビタミンCを体内で作ることが出来るが、遺伝子組み換えで、ビタミンCをつくることが出来ないネズミを作り、タバコの煙を吸わせた。その結果、約2ヵ月でCOPDを発症した。煙を吸わせなかったネズミは6ヵ月で発症した。
    40歳ぐらいで発症する例が増えている。日本の潜在的患者数は500万人を超えるといわれている。

アディポネクチン・・・脂肪細胞がつくるホルモン
  • 2011年、大阪大学のグループはヒトの脂肪細胞で作られる善玉ホルモンが、喫煙などで起こる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に有効なことをマウス実験で突き止めた。
    アディポネクチンと呼ばれるホルモンで、メタボリック症候群や糖尿病を防ぐ効果が知られている。
    阪大の武田吉人助教と中西香織医師らの成果。
    CORDは喫煙や大気汚染が原因で肺気腫や気管支炎になり息切れやせきやタンが続く。
    研究チームは、アディポネクチンを体内で作れないように遺伝子操作したマウスを調べた。高齢になると肺の組織が壊れ、COPDとよく似た症状が出た。
    血管を保護する働きを持つアディポネクチンが薄な割れ、肺の構造を保てなくなった。

  • 生後8週のマウスにアディポネクチンを外から補うと、肺の構造がほぼ正常に戻り、2~3割低下していた呼吸機能もほぼ正常まで回復した。

  • アディポネクチンは脂肪細胞から分泌され動脈硬化などを防ぐ



臨床分類と処方例
臨床分類
  1. 主にタバコによるCOPDの気道病変優位型としての慢性気管支炎
  2. 慢性気道感染症を伴う慢性気管支炎、DPB、気管支拡張症(慢性副鼻腔炎を合併)
  3. 急性増悪(2次感染)時

(治療の目標)
  1. 排痰促進と気道攣縮の除去
  2. 慢性下気道感染の改善
  3. 急性増悪の予防と治療

(効果判定の指標)
  1. 自覚症状の改善
  2. 痰量の減少と性状の改善
  3. 呼吸機能・胸部X線像の改善
  4. 末梢血白血球数、CRP、発熱などの炎症所見の改善

(処方例)
  1. 気道病異変優位型(COPD)
    • 禁煙
    • スピリーバ 1吸入/日
    • テオドール100~200mg 分 1~2
    • セレベントディスカス(50µg)1回1吸入 1日2回
  2. 慢性気道感染症(慢性気管支炎/DPB/気管支拡張症)       
    a エススロマイシン400~600mg 分2~3
    ムコソルバンL 45mg 分1  夕食後
    テオドール200mg 分2 
    b クラリス 200mg 分1
    ムコソルバンL45mg 分1  夕食後
    テオドール200mg 分2 
                           
  3. 急性増悪期
    1. 予防・・・補中益気湯 5.0g 分2 または7.5g 分3
    2. 治療
      • アベロックス 400mg 分1 または
      • ジェニナック 400mg 分1 または
      • クラビット 500mg 分1  又は
      • チエナム0.5g 筋注 1回/日








治す方法は確立されていませんから、禁煙が一番です
  1. 肺機能が落ちている人には抗コリン剤やベータ2刺激薬、テオフィリンという気管支拡張剤のいずれか1つを投与します。悪化するにつれて2剤、3剤と併用します。非常に悪い時にはステロイドの吸入薬な内服薬を使います」
  2. 肺気腫の場合は、肺容量減少術という手術をする場合もあります。症状改善がネライで、重症の人が受けると多くは劇的に良くなります。
    「3~4年すると元の状態に戻ることもありますが、そうなるまでの間、患者さんは日常生活を快適にすごせます。肺の上部に患部が限られている人にはおすすめできます」
  3. 呼吸しにくい状態が続くと、酸素が足りない状態が続くことになり、心不全で死亡する危険が高まります。重症になると鼻にチューブをつけて携帯用の酸素濃縮装置から酸素を送り込む在宅酸素療法をします

治療薬・・・「スピリーバ(一般名:チオトロピウム)」
  • 独製薬大手のベーリンガーインゲルハイムは米ファイザーと協力し、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬「スピリーバ(一般名:チオトロピウム)」をオランダとフィリピンで発売したと発表。
    2005年5月、アストラゼネカは気管支拡張剤ホルモテロールとステロイド剤を肺に吸入する薬剤を、すでに欧州で発売している。

オンブレス吸入用カプセル
  • 2011年、ノバルティスファーマはCOPDの治療薬「オンブレス吸入用カプセル150μg」を販売する。吸入してから5分で気管支を拡張し、1日1回の使用で24時間効果が持続する。
    世界70ヶ国で製造承認を受けている

メペンゾラート
  • (過敏性腸症候群に使う薬)
  • 2013年、慶應義塾大学の水島徹教授らや東京医科歯科大学、九州保健福祉大学などのチームは、既存薬の中ならcopdの治療薬候補を見つけた。
  • 過敏性腸症候群の治療に使うメペンゾラートをCOPDの症状を再現したマウスに投与して調べた。その結果、
    1. 体内の活性酸素を減らして炎症を抑えて肺気腫を抑制した。
    2. 炎症性の物質の量も減少した。
    3. 既存の気管支拡張薬と同等の効果があった。
  • メペンゾラートは情報伝達物質の働きを抑える作用で使われている。
  • 今回見つけた抗炎症作用は別のメカニズムが働いていると見られている。
  • COPDは一般にステロイドなどの抗炎症薬と気管支拡張薬を併用して治療する。






針灸のつぼ COPDで起きる息切れに
2012年、ハリが有効とする研究結果を明治国際医療大学(京都府南丹市)の鈴木雅雄准教授らのチームがまとめた。
“はり治療で筋肉の疲労が回復して呼吸しやすくなり、歩く距離がのびるなどの改善がみられた”(鈴木准教授)
COPD患者は通常の横隔膜呼吸ができなくなり、本来は使う必要のない筋肉も使って呼吸せざるを得なくなり、疲労もしやすいという。





関連情報 息切れ
せき
咳嗽
アディポネクチン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査