ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


コンピューター断層撮影装置(CT)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



顕微鏡
PET
BNCT
リハビリ病院
ガン
セカンドオピニオン
検査
病院ランキング
超音波
広告


 (コンピューター断層撮影装置)
(被爆する)

CTスキャン1回の被爆量は5~30mSv(㍉シーベルト)。
  • CTスキャンを2~3回受けただけで、職業被爆の年間限度である50mmSvを越えてしまう。
  • 1回のCTスキャンの発がんリスクは歯のX線を1400回撮るのに等しい。

  • X線(電磁波の一種)でからだの断層画像を撮影して観察できるコンピューター断層撮影装置(CT)が進化している。
    CTはX線の照射装置と検出器が患者のまわりを回転して撮影する。
    初期のCTは1回転で1枚の撮影だったが、1990年頃から1回転で複数枚の撮影が可能になった、2002年以降は1回転で16枚が主流だったが、2004年から64枚の撮影が可能になった。そのため、従来より短時間で撮影が可能になり、しかも画像精度が向上したので、心臓血管の詰まり具合の検査にも使えるようになった。
    製造メーカーには「東芝メディカルシステムズ」「GE横河メディカルシステムズ」「シーメンス旭メディテック」がある。








動く心臓を観測
  • CTが開発されて30年。臓器の動きを捕らえる装置が出来た。CTはX線を照射する管球と検出器を患者の周りで回転させ、人体を輪切りにした断層像を映し出す。
    放射線医科学研究所が東芝メディカルシステムズと開発した新型のCTは、1回転で256枚の画像を撮影できる。さらに、検出器の視野も4倍に広がり、1回転で、身長方向に約10cm幅で撮影できる。そのため、ちょうど心臓がすっぽり収まる幅で検出できるので、1.5秒間X線を回転照射して心臓の拍動を捕らえ、専用の演算装置で立体画像を作ることが出来るようになった。
    “3次元(立体)+1次元(時間)で4次元を表現できるCTだ”と開発者は語る

小型で高性能
  • 2015年、日立メディコが中小病院向けに発売。
  • 検出器の列数に64列を確保しながら、従来の16列サイズに抑えた。
  • 16列CTで胸部を最も細かい断面で撮影したい場合、14~22秒間呼吸を止める必要がある。
  • 64列CTでは4~6秒ですみ、高齢者でも検査を受けやすくなる。

移動式
  • 2015年、京都大学付属病院が導入。患者を検査室に移動させずに患部を確認しながら手術できる。





血流も検査できる
  • 東芝メディカルシステムズズは2007年11/27、心臓や脳の形だけでなく血流なども検査できる新型のCT「アクイリオン・ワン」を開発。
    X線被爆量を大幅に低減。スキャナーが1回転する間に撮れる画像は320枚。撮影時間が1/10~1/5に短縮できる。
    これまで撮影が難しかった拍動する心臓の動画を撮れるほか、造影剤を投与すれば、血流が分かり、心臓の冠動脈のつまりぐらいも確認できる

ガーネット使用で冠動脈も
  • 2008年10月、GE横河メディカルシステムは、人工ガーネットを使ったCTを発表した。
  • 冠動脈のつまり具合を詳細に観察でき、心疾患の診断・治療に役立つ。
    ペースメーカーを埋め込んだ患者でもムラの無い画像が得られる。






検査で被爆
DIR (Dose Index Registry)
  • 米国放射線医学会が2011年に立ち上げたCTによる放射線量を収集・解析する仕組みがDIR。
  • CTは放射線量を高くすると鮮明な画質を得られる。
  • 米国民の1年間の被曝量は平均で6.2mSv。そのうち半数が医療によるもので、さらにその半数がCTのみによる被爆とみられている。


被爆線量をチェック
  • 2013年、日本原子力研究開発機構などは、CTでの被爆線量をインターネット上で簡単に確認・管理できるシステムを開発した。
  • 新システム「WAXA-ARI」は特別なソフトをダウンロードしなくても利用できる。



チェック
関連情報
顕微鏡PET」「BNCTリハビリ病院」「ガン」「セカンドオピニオン」「検査」「病院ランキング超音波








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報