情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



システイン






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







必須アミノ酸
分岐鎖アミノ酸(BCAA)
細胞
ダイエット
肝硬変
血糖値がたかい




システイン cysteine
  • =HSCH2CH(NH2)COOH
    =β-メルカプトアラニン
  • 還元性のある含硫アミノ酸の1つ。

  • 空気で容易に酸化されてシスチンになる

高速合成
  • 2003年、産業技術総合研究所関西センター(池田市)は5/27、医薬品などの原料となるアミノ酸『システイン』を素早く合成する技術を開発した。高温で安定的に働く酵素を微生物から分離、システインの合成に成功した。低コストの生産技術として広く普及する可能性がある。
    研究チームは95℃の高温環境で生息するアエロパイラム・ペルニックスという超好熱性古細菌のゲノムを分析。システイン合成に関係する酵素を突き止めた。この酵素をホスホセリンという物質と反応させると、システインを合成できる


糖尿病を招く恐れがある
  • 2015年、村田昌之・東京大学教授らは、サプリメントや医薬品に使われるアミノ酸の一種「システイン」がすい臓の機能を下げて、糖尿病を引き起こす恐れがあることを明らかにした。
    マウスのすい臓の一部にシステインを長期間当てると、インスリンが分泌しにくくなった。
    成果は2/24米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載。
    システインは抗酸化作用があり、顔のシミや二日酔いあんどに効果があるとされ、サプリメントとして販売されている。
    研究チームは、一部の糖尿病肥満の患者で血中のシステインの量が多いことに着目。システインを多くした状態でマウスのすい臓の一部を培養したところ、24時間後にインスリンを分泌しにくくなった。
    人がシステインを食べたときに糖尿病が悪化するかどうかは不明







シスチン   cystine
  • =2つのシステイン分子のスルフヒドル基(-SH)が酸化反応により、ジスルフィド基(-S-S)により結合した分子。

  • ポリペプチド中の隣接したシスチン残基間によく起こる。

    ジスルフィド結合はタンパク分子の構造を安定に保つのに需要
  • シスチンはストレスを軽減させる働きをもっています

L-シスチン
  • シスチン
    動物性タンパク質(特に動物毛、羽毛)を、加水分解し、分離して得られたものである。
  • 成分はL-シスチンである。 調味料、強化剤 L-Cystine



チェック
関連情報
必須アミノ酸」「分岐鎖アミノ酸(BCAA) 」「細胞」「ダイエット」「肝硬変」「血糖値がたかい」「劇症肝炎」「トナカイ」「大豆」「スズメバチ」「スポ−ツ障害」「尿素窒素」「胎盤エキス」「L-カルニチン」「クレアチニン









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査