情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ダヴィンチ






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







専門病院

ロボット

PET

CT






ダヴィンチ
米国製手術支援ロボット


米社(イントゥイティブ・サージカル)が2000年に開発した手術ロボット
  • 世界中で10000台が稼働中(2009年まで)。
    臓器が立体視された画像(3D画像)を医師が見ながら操作する。
    前立腺ガン子宮ガンの治療に使われている。
    ダヴィンチは米ナスダック上場の米イントゥイティブ・サージカルが製造している。腹に開けた穴からメスやカメラのついた3本のロボットアームの先に内視鏡や電気メスなどを取り付けて使う。
    1990年代、戦場で傷ついた兵士を米国本土や空母から医師が遠隔操作で手術するという発想から開発を進めた。





2000年に米国で承認。米国では前立腺ガンの手術の7〜8割がダビンチで実施されている。
  • ダヴィンチは患者の元に置くロボット部と患者から数b離れたところに置く操作部からなる。ロボット部は電気メスや内視鏡カメラを先端に備えた複数のアームがついており、医師は操作部に座って、内視鏡を通じて映し出される3次元画像を見ながらアームを操作する。実際に機器を操作する医師以外に、手術針や糸を体内に送ったり、出血を吸い取ったりといった補助をする医師2人が必要。


手術ではロボットを動かす執刀医のほかに2人の医師が立ち会う。
  • 2009年11月国の承認を得て、2010年にJ&Jが発売する。欧米に遅れているのが日本の医療機器。 ダビンチ手術では執刀医は患者から2〜3b離れた操作台に座り、内視鏡が映し出した3D画像を見ながら手元のコントローラーを手で操作し、足のペダルでメスに電気を流す。
    前立腺は狭い骨盤内の奥深いところにあり、腹腔鏡手術の長い鉗子で扱うのは難しい。前立腺を覆う膜には神経が網目状に走っていて、手術で傷つけやすく、勃起障害や失禁などの合併症のリスクも高い。ダビンチでは合併症を防ぎながら精密な手術が容易にできる。
    通常の手術はルーペを使って患部を拡大するが、倍率は2〜3倍が限度。ロボットアームはぶれがないため倍率を10倍まで上げられる。そのため患部の見やすさが良くなる。さらにダビンチのアームの可動域を広げるために、臓器と臓器の間にガスを注入するので血管が傷ついてもすぐに止血できる、







衛星中継
  • 2012年、情報通信研究機構などは、ダビンチを使う医師が見ている患部の立体映像を、衛星を使って生中継する実験に成功した。
    藤田保健衛生大学で膵臓の手術を実施した。執刀医が見ているのと同じ手術患部の立体ハイビジョン映像を、超高速インターネット衛星「きずな」を利用して徳島大学に送った。徳島大には大型の裸眼立体映像用のディスプレーを置き、この映像を映し出した。
    情報機構などはこれまで執刀医しか見られなかった立体映像を、それぞれ右眼用、左眼用の映像として取り出す技術を開発した。さらに画像加工技術で目への負担が少ない裸眼立体映像を送信した。
    高度な手術の様子を理解するための医学教育や、遠隔手術などに応用できる。







鳥取大学医学部付属病院
  • 2012年7月までに、ダヴィンチを使ったロボット手術の累計件数が約160と日本国内でも有数の実績を誇る。
  • 同病院の特徴は、診療科を横断する「低侵襲外科センター」で取り組んでいること。
  • 外科系診療科、麻酔科、手術部看護師、臨床工学技士、病院事務などがチームとして働く。
  • 現在、泌尿器科、呼吸器外科、婦人科、消化器外科で使用している。




保険治療
  • 前立腺ガン・・・2012年に前立腺ガン全摘手術に保険適用。
  • 腎臓ガン・・・2016年4月から

▽日本には228台(2015年12月)
  • 手術の総数は約3万件。
  • ダヴィンチで手術ができる資格を持つ医師は、2016年9月現在、1628人。
  • 先進医療で自己負担は200万〜300万。






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬