ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




打撲(だぼく)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)


出血 広告




打撲の漢方薬
雲南白薬


黄蓍建中湯


黄連解毒湯


葛根湯


きゅうききょうあぎとう
  1. 打撲で、すさまじく出血する者に効がある《百レ一貫》
  2. 外傷後の内出血
  3. 冷え症で出血過多のもの


桂枝加朮附湯
  1. (年月を経るもの)《勿誤薬室方函口訣》
  2. 年月を経たる者:「L梅肉散」《雑病翼方》



桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蠣湯


桂枝茯苓丸
  1. 打撲
  2. 古血に起因する痛み
  3. 外傷後の内出血



鶏鳴散


五積散


柴胡桂枝乾姜湯
  1. 本郷元町2丁目の消防夫、年62。かって屋上から墜ち、強く左の胸肋を打撲し、ひどく痛むので、私を迎えた。そこで卵白をつけたところ、数日で疼痛が軽くなったが、起臥するたびに、ひきつれ痛み、息を吸うたびに攣痛する。しかもしきりに咳をするので、左脇下が膨満して苦しい。そこで、再診するに、脈が沈遅で緊を示し、舌上には苔がなく、食欲は平生と変わらない。左脇下は痞硬して動悸があり、気分がふさいで外出するのを嫌がり、毎夜盗汗が出る。
    大小便は平生と変わらないが、尿の色が少し赤い。よって柴胡桂枝乾姜湯+芍薬を与えたところ、3日で大効があり、遂に全治した。「山田業精・和漢医林新誌第176号」
  2. 丸山田町の鋸の目立て職の妻、年30が、かって夫に打擲され腰から背・脇まで疼痛して、堪え難く、咳が出て、呼吸が促迫し、悪寒発熱し、盗汗、不食、二便不利があり、その上、奔豚気のように時々下腹部から心下に突き上げてくると云う。診察してみると、脈が沈緊で、舌上に白苔があり、心下が石のように硬い、そこで柴胡桂枝乾姜湯+茯苓杏仁甘草湯を与え、卵白を痛むところに塗ったところ、5、6日で全治した。(山田業精・和漢医林新誌第176号)


三黄瀉心湯
  1. 瀉心湯は打撲、損傷などで、目がくらんで意識を失って醒めないもの及び血が出て止まないものを治す。《証治摘要》
  2. 打撲、或いは爾余の外傷に因する眩暈、或いは失神等にして、顔面紅潮する証《奥田謙蔵》
  3. この方は実に打ち身、出血の一大妙方である。打撲すると、みな気が逆上して昏眩するものである。その時此方を用いて心下をくつろげると良い。血が出ない者にもよい。血が出るものには、尚更よい。《有持桂里》
  4. 打撲、損傷の直後に用いる。この際には、熱湯を入れて2、3分間煮沸してすぐ滓を濾して、頓服として用いる。およそ打撲などの外傷を受けた後は、気が転倒しているので、三黄瀉心湯を用いて、気分を鎮めることが必要である。《大塚敬節》
  5. 高いところから転落したり、突発的に打撲を受けたり、或いは交通事故による追突などでショックを受けた直後に、精神感動がはなはだしく、不安、恐怖、のぼせ、興奮などあって、顔面紅潮して気分の落ち着かないときや昏迷を起こしているようなときに、本方は、興奮を鎮め、出血を止め、吸収を早くする効がある。実熱の証すなわち体力があって、貧血のないものに用いる(漢方診療医典)


紫雲膏


四順清涼飲


七里散


走馬湯


疎経活血湯


大黄附子湯


治打撲一方


通導散
  1. これは昔、体罰によって杖を以て打撲を加えられ、皮下の出血が広範囲に及び、興奮により心下部に衝き上げるというようなとき用いられた。心下部より腹筋の緊張が起こり、胸苦しく圧痛のあるものによい。墜落、追突のときに、本方の服用により黒便を下し、出血は早く吸収される(漢方診療医典)


桃核承気湯
  1. 本朝経験、墜打損傷し、大腫痛する者を治す。按んずるに、大いに腰背を打って血凝滞し、痛み屈伸し得ざる者、急に桃核承気湯を用い、芫菁膏を綿方34寸にゆるめ、以て患処に貼れば則ち痛み失する如し。《雑病翼方》
  2. 打撲のため皮下溢血を生じて、腫れ痛む者に用いる。《大塚敬節》
  3. 1男子がたまたま魚夫のケンカを止めようとしたところ、その1人がもっている石で、その人の眼を打ったので、眼が腫れあがり、その痛みは耐え難く、眼瞼の周りは紫黒色となり、結膜は朱を注いだようになった。先生はこれを診察して、これを一度誤治すれば必ず黒内障になるであろうと、余に命じて先ず刺絡を施し、桃核承気湯を与え、点眼をしたところ、10日もたたないのに全治した。
    打撲眼は痛まない。そのままに捨て置き、あとで黒内障になって治らなくなることがある。それ故、打撲を受けたらすぐ、血を去ることが大切である。早く血を去っておけば後患がない。《眼科一家言》



当帰四逆加呉茱萸生姜湯


当帰芍薬散


伯州散


復元活血湯


茯苓杏仁甘草湯


楊柏散


抑肝散
  1. 「1男児、5、6歳。豚児と遊戯をしていたところ、外から1人の児が来て、竹杖でその児の頭部をなぐったので、すぐに倒れて気絶しそうになった。そこで冷水をそそぎかけたところ蘇生した。ところが、次に耳と鼻からも出血した。
     私はこれに抑肝散+菊花を与えて全治せしめた。」(山田業精・和漢医林新誌第176号)




打撲 (だぼく)
打撲=打ち身
  1. 初期には出血を止めることに専念し、止血後に活血行血させる
  2. 米俵など踏み外し打撲して、小便涓滴も通せず、ただ血のみ少し出る症、先ず桃核承気湯など用いて佳し。
  3. それにても効なき症は大黄附子湯を用いるべし。この附子を用いることは《真藤九志》数試みたる処なり。1貼に附子2銭ばかりもちゆれば早速通利するなり。亦八味地黄丸を用いることもあり。《勿誤薬室方函口訣》


【民間療法】
  • ○アカネ・アマドコロ・イカ・イチヤクソウ・イボタノキ・ウシ・ウマ・オトギリソウ・カキドウシ・カマキリ・キハダ・キョウチクトウ・クサノオウ・クスノキ・クチナシ・コウホネ・小便・スミレ・ダイコンソウ・タケニグサ・ツワブキ・テンダイウヤク・トチノキ・ドジョウ・ニワトコ・ネギ・ネムノキ・ハコベ・バショウ・ビワ・フキ・フナ・ベニバナ・ホウセンカ・ヤブコウジ・ヤマモモ・ヨモギ。


野菊の花
  1. 打撲跌損傷を治する秘方があり、重傷で死に瀕するようなもので、まだ脈さえあれば、これがノドを下れば蘇生するという処方をあげている。それは11月に野菊の花を、枝・葉もつけたままで採って、陰干ししておき、必要なときに野菊の花1両に、童便と無灰酒をそれぞれ1椀ずつ加え、煎じて熱いものを呑むとある。」(山田業精・和漢医林新誌第176号)
  2. 本郷3丁目の志母谷氏の母は60歳である。かって縁側から落ちて、したたか前額を打ち、その部分が腫痛していたが、2、3日で腫がとれた。ところが左の眼瞼の周囲が紫黒色になった。そこで私に治を乞うたので、紅花と菊花の2味を等分に合わせて、濃煎して温湿布したところ3日ですっかり良くなった(山田業精・和漢医林新誌第176号)




広告







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬