ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



大脳基底核



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





神経細胞
中枢神経
グルコース

脳細胞
アテトーゼ
血液脳関門
脳血管障害
脳出血
脳動脈瘤
一過性脳虚血性発作
脳軟化
パターニング
広告





大脳基底核 basal ganglia
大脳基底核は大脳半球の深部に存在する核群で、
  • 「線条体」
  • 「淡蒼球」
  • 「黒質」
  • 「視床下核」
  • などからなる。

(核)
  • ・・・ニューロンの細胞体が集まり、情報伝達の中継や分岐をおこなう灰白質部位のこと。

(大脳基底核)
  • ・・・大脳半球の奥深くに存在する核。


  1. 大脳半球の髄質の中には、数個の灰白質塊がある。
    • これが大脳基底核で、尾状核・レンズ核(淡蒼球)・前障・扁桃体の4つからなる。
  2. 大脳半球の基底部の髄質にある神経核の集合体。
  3. 錐体外路系の中継核。
  4. 運動機能に関係する。








錐体外路系の中核。
線条体の入力部[尾状核][被殻]
線条体の出力部[黒質][視床下核]

以下の入力がある
  大脳皮質・・・・・・・・・・・・・・・・興奮性入力
  視床の正中中心核の線維・・・興奮性入力
  黒質からのドーパミン線維・・・興奮性入力
  縫線核のセロトニン線維・・・・抑制性入力
尾状核 視床を取り囲む細長い形をした神経核。
側脳室の前角〜下角にそって存在する。
大脳核の入力部にあたる。
尾状核が障害されると、運動亢進を特徴とするハンチントン舞踏病が起きる。
被殻 レンズ核の一部で、外側に位置している。
終脳に由来する。
ヒトの欲求と快楽を制御するのに関わる部位。



淡蒼球 レンズ核の一部で、内側に位置している。
間脳に由来する。
被殻(ひかく)と淡蒼球の総称。

レンズのような構造。

黒質の神経伝達物質はドーパミン で、線条体に出力をし、線条体からの入力があるので、ループを形成する。

円滑は随意運動に重要な役割を果たす。

パーキンソン病では黒質のニューロンが変性する。



比較的小さな核。

視床下核(ししょうかかく)から淡蒼球への線維が送られる。






大脳
  • 大脳の定義・・・・
    大脳皮質と大脳基底核を指す説。
    さらに間脳を含む説。
    終脳ともいう。

大脳基底核
=大脳半球の基底部の髄質にある神経核の集合体。
  • 大脳半球の表面を覆っている大脳皮質の下に白質があり、これを深く入っていくと、神経細胞の集団である灰白質がある。これを大脳基底核という。

定義は研究者でまちまち。
  • ・線条体と淡蒼球(globus pallidus)だけを基底核とする説。
    ・扁桃体と前障(claustrum)を含める説。
    ・黒質(substantia nigra)や視床下核(subthalamic nucleus)も含める説

  • 脳の画像

大脳基底核の機能
  • 大脳基底核→視床→大脳皮質へと神経情報を送り、再び大脳皮質に影響を与え、
    • 筋の緊張を保ったり
    • 不随運動をコントロールする役割を果たす。

また、小脳と共同して円滑な運動を実現する。 




大脳基底核の障害
  • 舞踏病
  • アテトーゼ
  • ジストニア
  • チック
  • パーキンソン病
  • ヘミバリスム





大脳基底核と大脳皮質
  • ループ回路を形成する




関連情報 神経細胞」「中枢神経」「グルコース」「」「脳細胞」「アテトーゼ」「血液脳関門」「脳血管障害」「脳出血」「脳動脈瘤」「一過性脳虚血性発作」「脳軟化」「パターニング






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査